ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース 1965年3月8日
録音 Main Recording:
1965年1月7日 - 19日
Sporadically:
6月8日,22日,
1964年8月5日,8日, 10月9日, 12月16日
ジャンル ロック
時間 28 54
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース ブライアン・ウィルソン
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4hvof5.svg link
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
ザ・ビーチ・ボーイズ・クリスマス・アルバム
(1964年)
ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ
(1965年)
サマー・デイズ
(1965年)
テンプレートを表示

ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ(The Beach Boys Today!)は、1965年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。当時本アルバムの重要性を感じた者はほとんどいなかったが、バンドの経歴とブライアン・ウィルソンの個人的生活に於いて本作は重要な転機となった。

1964年はストレスの大きかった年で、年末までにビーチ・ボーイズは4つのアルバムを発表した。ブライアンは肉体的、精神的に疲れ果てた状態であったが、増大するビートルズの人気とその影響からたゆまず歩き続けなければならなかった。その年の12月23日、ブライアンはノイローゼから公演旅行に出ることをあきらめなければならないと自覚した。

『ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ』は1965年1月に録音されたが、ブライアンはツアーへの参加を断り、スタジオに一人留まって録音を行った。ビーチ・ボーイズはブライアンの代わりのベーシストとしてグレン・キャンベルを起用したが、彼はバンドになじめず間もなくブルース・ジョンストンが参加することとなった。

ブライアンの右耳の聴力の悪化により、本作より『ワイルド・ハニー』まで、ビーチ・ボーイズのアルバムはモノ・ミックスのみで制作されている。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、271位にランクイン[1]


曲目[編集]

特筆無い限りブライアン・ウィルソン作曲、マイク・ラヴ作詞。

  1. 踊ろよ、ベイビー - Do You Wanna Dance? (Bobby Freeman) 2:19
  2. グッド・トゥ・マイ・ベイビー - Good to My Baby 2:16
  3. 元気をお出し - Don't Hurt My Little Sister 2:07
  4. パンチで行こう - When I Grow Up (To Be a Man) 2:01
  5. ヘルプ・ミー・ロンダ - Help Me, Ronda 3:08
    • 本作収録版がオリジナル。ブライアン・ウィルソンはアレンジしたこの曲を再録し、「ロンダ」の綴りを「Rhonda」に変えて次のシングルとしてリリースした。但し、日本ではここでのヴァージョンを「Help Me, Rhonda」としてシングル発売している。
  6. ダンス・ダンス・ダンス - Dance, Dance, Dance (Brian Wilson/ Carl Wilson/Mike Love) 1:59
  7. プリーズ・レット・ミー・ワンダー - Please Let Me Wonder 2:45
  8. アイム・ソー・ヤング - I'm So Young (William H. Tyrus Jr.) 2:30
  9. キス・ミー・ベイビー - Kiss Me Baby 2:35
  10. 知ってるあの娘 - She Knows Me Too Well 2:27
  11. イン・ザ・バック・オブ・マイ・マインド - In the Back of My Mind 2:07
  12. ビッグ・ダディと一緒に - Bull Session With The "Big Daddy" (Brian Wilson/Carl Wilson/ Dennis Wilson/Mike Love/ Al Jardine) 2:10

ボーナス・トラック#

  1. ダンス・ダンス・ダンス(別テイク) - Dance, Dance, Dance
  2. アイム・ソー・ヤング(別テイク) - I'm So Young

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: The Beach Boys, 'The Beach Boys Today' | Rolling Stone

外部リンク[編集]