シェイメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイメンThe Shamen)とはイギリススコットランド電子音楽バンドである。1985年に結成。1999年に解散。

メンバー[編集]

  • Colin Angus コリン・アンガス - ボーカル、ギター、キーボード (1985~1999)
  • Derek McKenzie デリク・マッケンジー - ボーカル (1985~1987)
  • Keith McKenzie キース・マッケンジー - ドラム (1985~1988)
  • Peter Stephenson ピーター・スティーヴンソン - キーボード (1985~1988)
  • Will Sinnott ウィル・シノット - ベース、ボーカル、キーボード (1987~1991)
  • Richard West リチャード・ウエスト(Mr.C) - ボーカル、キーボード (1990~1999)

歴史[編集]

80年代[編集]

1987年にファーストアルバム『Drop』をリリース。60年代のサイケデリックな作品である。

1987年の中頃になると、フロントマンのコリンはS-ExpressやM/A/R/R/Sなどのような初期ハウスミュージックの先駆者の音を見つけて、最新のスタジオ機具類などについての知識を増やしていき、1987年9月頃までにこれらの技術をシェイメン自らの音楽、ロック、テクノ、ヒップホップに採用し、ポップ・ウィル・イート・イットセルフジーザス・ジョーンズEMFなどが影響を受けていたプロトタイプロック(ダンスミュージック)を作るため、ラジオの音声をサンプリングした。

80年代の末にはアシッド・ハウスが生まれ、コリンと1987年に加入したシノットは夢中になっていた。そして、1989年にセカンドアルバム『In Gorbachev We Trust』(ジャケットはミハイル・ゴルバチョフの写真)をリリースした。

90年代[編集]

90年代に入ると、Mr.Cが加入し、サードアルバム『En-Tact』(ジャケットには「」の字がある)をリリース。「Move Any Mountain(Progen '91)」や「Hyperreal[1]、そして「Make It Mine」がシングルでヒットした。

しかし、「Move Any Mountain」のプロモーションビデオの撮影の際、シノットがスペインのラ・ゴメラの海岸で溺死した。

その後、1992年に『Boss Drum』を発表。その内、シングル化された「Ebeneezer Goode」は歌詞が薬物使用を促すような内容(「Ezer Goode」を繰り返して歌うが、同音異義語で「E's are good」(「Eはよい」(Eとはエクスタシーの隠語)と解釈できる)で、その結果、BBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップス内のTop 5 Drug Songsに選ばれてしまった。だが、全英チャート1位を4週間記録した。当時、フジテレビで深夜に放送されていた音楽番組BEAT UK』では、「Ebeneezer Goode」だけでなく、「Boss Drum」もUKシングルチャートNo.1を獲得した。

ディスコグラフィー[編集]

  • 『Drop』(1987年)
  • 『In Gorbachev We Trust』(1989年)
  • 『Phorward』(1989年)
  • 『En-Tact』(1990年)
  • 『Strange Day Dreams』(1988年、1991年に再発売)
  • 『Progeny』(1991年)
  • 『Boss Drum』(1992年)
  • 『On Air』(1993年) - BBCラジオでのライヴのセッション
  • 『Axis Mutatis/Arbor Bona Arbor Mala』(1994年) - 『Boss Drum』のリミックス集
  • 『Henpton Manor』(1996年)
  • 『UV』(1998年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hyperreal」のヴォーカルはフィーチャリングとしてプラヴカが参加している。彼女は後にジャム&スプーンの「Right in the Night」に参加している。