ポップ・ウィル・イート・イットセルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポップ・ウィル・イート・イットセルフPop Will Eat Itself)とは、イギリスのロック・バンドである。略称はPWEI、ポッピーズ(POPIES)とも略される。

概要[編集]

1986年バーミンガムで結成。デジタルビートとパンクロック、ラップミュージックを合わせたデジロックの先駆けとして評価を得、後のEMFジーザス・ジョーンズプロディジーなどに影響を与える。

5枚のオリジナルアルバムを発表した後1996年に解散。その後ベースのリチャード・マーチはビッグ・ビートのユニット、ベントレー・リズム・エースを、グラハム・クラブ、アダム・モール、ファズはVileevilsを結成する。

2004年に期間限定で復活ライブを行ない、2011年、グラハム・クラブを中心に新メンバーで再結成する。

メンバー[編集]

  • クリント・マンセル(Clint Mansell):ボーカル
  • グラハム・クラブ(Graham Crabb):ボーカル
  • アダム・モール(Adam Mole):ギター、キーボード
  • リチャード・マーチ(Richard March):ギター、ベース
  • ファズ(Robert "Fuzz" Townshend):ドラム

エピソード[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • Box Frenzy (1987年)
  • Now for a Feast! (1988年)
  • ジス・イズ・ジス (This Is the Day...This Is The Hour...This Is This! )(1989年)
  • ネアカ療法 (Cure for Sanity) (1990年)- (日本での通称は『アロア』。アートワークを担当したデザイナーズ・リパブリックの特徴的なカタカナタイポグラフで、ジャケット上の「POP」の文字が『アロア』に見えることから。)
  • ルックス?それともライフスタイル?(The Looks or the Lifestyle) (1992年)
  • Weird's Bar And Grill (1993年 ライブ版)
  • 16 Different Flavours of Hell (1993年 ベストアルバム)
  • Dos Dedos Mis Amigos (1994年)
  • Two Fingers My Friends (1995年)
  • Wise Up Suckers (1996年 BMG時代のベストアルバム)
  • Radio 1 Sessions 1986-1987 (1997年)
  • PWEI Product 86-94:The Pop Will Eat Itself Anthology (2002年 アンソロジー)
  • New Noise Designed By A Sadist (2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]