グラフィックデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グラフィックデザイン: graphic design)は、主として平面の上に表示される文字画像配色などを使用し、情報メッセージを伝達する手段として制作されたデザインのこと。

ポスター雑誌広告新聞広告、映画コンサート演劇展覧会等のフライヤーチラシ)、商品のパッケージデザインロゴタイプ(ロゴマーク)など、多岐にわたる。近年では、コンピュータ上で表示されるインタラクティブデザイン、モーショングラフィックウェブデザインの中においても、写真や文字のデザイン、配置や配色、アイコン設計などを含むことがある。メディアの多様化により、デザインの中で特に「平面的な媒体表現」を超えた、広義なとらえ方に変化してきている。情報伝達と美術の融合として、展覧会なども行われる。

グラフィックデザインをおこなうデザイナーグラフィックデザイナーと呼び、グラフィックデザインが必要な媒体に対して、構図、色彩素材、文字、配置等を考慮し、情報を整理、伝達できるよう制作する。社会の中で様々なグラフィックデザイナーがその職を遂行し、日々社会へ様々な情報を視覚情報として様々な媒体へ落とし込む。昨今コンピュータの普及によりDTP(デスクトップパブリッシング)が一般化し、爆発的に人口が増えた職種である。

グラフィックデザインには、建築士のような国家資格は存在しない。そのため、技術や知識、センスにも様々なレベルがある。元々のアイデアを視覚的に表現するデザイナーもいれば、大量生産用の商品や印刷物のデザインを行うものまで様々である。

個人でもポスター、フライヤー(チラシ)、ロゴタイプ(ロゴマーク)、ウェブサイト等を綺麗に作成、複製することができるようになり、コンピューター普及以前に比べ専門的な知識を伴わない経験からの作成等、印刷物を中心にその行為が広がりを見せてきている。

アメリカ等では大学のテキストの多くのページがカラフルで美しくデザインされている。これもグラフィックデザインであり、高度論理デザイン図(DLD: Dynamic Logical Design)と呼はれている。

関連項目[編集]