クリント・マンセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリント・マンセル
Clint Mansell
2009年7月20日}
2009年7月20日
基本情報
出生名 Clinton Darryl Mansell
出生 1963年1月7日(51歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド コヴェントリー
ジャンル クラシック音楽
現代音楽
電子音楽
オルタナティヴ・ロック
職業 音楽家作曲家
活動期間 1981年 - 現在
共同作業者 ポップ・ウィル・イート・イットセルフ
公式サイト clintmansell.com

{{{Influences}}}

クリント・マンセルClinton Darryl "Clint" Mansell, 1963年1月7日 - )は、イングランド出身の音楽家作曲家である。ポップ・ウィル・イート・イットセルフの元ボーカルでもある。

ポップ・ウィル・イート・イットセルフ後は映画音楽を作曲しており、特にダーレン・アロノフスキー監督作品は長編デビュー作の『π』を含めてすべてを手掛けている[1]

キャリア[編集]

PWEIとして[編集]

イギリスのバンドであるポップ・ウィル・イート・イットセルフ(PWEI)の元メンバーであり、リード・シンガーとギタリストを担当していた。PWEIがナッシング・レコードと契約していたときにマンセルはトレント・レズナーと親しくなり[2]ナイン・インチ・ネイルズの1999年のアルバム『ザ・フラジャイル』ではバックアップ・ボーカルとして参加した。

映画音楽作曲家として[編集]

ダーレン・アロノフスキー監督の『π』、『レクイエム・フォー・ドリーム』の音楽を手掛けた[1]。1996年に初めてコラボレーションして以来、マンセルはすべてのアロノフスキー映画の音楽を作曲している[3]

その他に『』のテーマ曲や『CSI:ニューヨーク』のパイロット版の音楽、アロノフスキーの『ファウンテン 永遠につづく愛』、『レスラー』、『ブラック・スワン』の音楽を作曲した。特に『ファウンテン 永遠につづく愛』では第64回ゴールデングローブ賞作曲賞にノミネートされた[4]

映画予告編[編集]

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の予告編では "Lux Æterna" の編曲版で、フルオーケストラ合唱によるものが使われた[5]。他に、 "Requiem for a Tower" の一部も予告編で流された[5]

クレジット[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]