DOOM (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DOOM
Doom
監督 アンジェイ・バートコウィアク
脚本 デビット・キャラハム
ウェズリー・ストリック
製作 ジョン・ウェルズ
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
製作総指揮 ジョン・D・スコフィールド
音楽 クリント・マンセル
撮影 トニー・ピアース=ロバーツ
編集 デレク・G・ブレッシン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年10月21日
日本の旗 2006年4月1日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チェコの旗 チェコ
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $55,987,321[1]
テンプレートを表示

DOOM』(Doom)は2005年アメリカ映画シューティングゲームの『Doom 3』を原作としている。主演はザ・ロックカール・アーバン

アメリカでは2005年10月21日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では2006年4月1日銀座シネパトスほかで公開された。

あらすじ[編集]

2026年、ネバダ州の砂漠を調査中の考古学者が火星の古代都市への通路を発見。それはアークと呼ばれた。しかし、発見から20年経ってもそれがなぜ作られ、そしてそれほどの技術を持つ文明が滅びたかは謎のままだった。

事件の始まりは火星にあるユニオン宇宙社オルドゥヴァイ研究所からの救護要請だった。状況把握と安全回復、そして場合によってはすべてを掃討するという任務に任命されたのは、カリフォルニア海兵隊特殊作戦本部RRTS(緊急対応戦略部隊)の精鋭メンバ−8人。リーダーはサージ、チームにはリーパーのほか、デューク、デストロイヤー、マック、ポートマン、ゴート、そして今回が初任務のキッドが選ばれた。

そして部隊はネバダ州アーク基地から分子操作装置によって火星へと転送される。火星に到着したRRTSはまず現地のアーク室を封鎖、地球へは誰も戻れない厳戒態勢を敷く。その後、部隊は施設のデータ回復役兼案内係のサマンサとともに、研究所の調査を始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サージ(軍曹) ザ・ロック 石塚運昇
ジョン・グリム(リーパー) カール・アーバン 堀内賢雄
サマンサ・グリム博士(サム) ロザムンド・パイク 佐々木優子
ディーン・ポートマン伍長 リチャード・ブレイク 牛山茂
デューク ラズ・アドティ 天田益男
デストロイヤー デオピア・オパレイ
ゴート ベン・ダニエルズ 宮内敦士
マック ヤオ・チン
キッド アル・ウィーバー 杉山大
ピンザロスキー(ピンキー) デクスター・フレッチャー 鳥海勝美
カーマック博士 ロバート・ラッセル 中博史

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

基本的にシナリオは原作の設定に忠実に作られているが、いくつか違う点がある。

  • 主人公達の敵となるモンスター達は、原作では地獄からやってきた悪魔だが、映画では遺伝子操作によって肉体構造などが変化した人間である。
  • DOOM3では敵は単体、もしくは少数でしか出現しないが、映画では初代DOOM、DOOM2と同様に多くが同時に襲い掛かってくる。
  • 研究所の名前は映画オリジナルの設定である。

備考[編集]

  • 映画後半で登場したBFGは実際に原作でも登場する、強力な武器である。ただし、原作では命中したものが溶けたりはしない。
  • 敵のモンスターの中には、ヘルナイトやピンキーデーモンなど、原作でおなじみのものも登場する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Doom (2005)”. Box Office Mojo. 2010年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]