マーク・ボラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ボラン
Marc Bolan
2007年に生誕60周年を記念して建てられた祭壇とボランの胸像
2007年に生誕60周年を記念して建てられた祭壇とボランの胸像
基本情報
出生名 Mark Feld
出生 1947年9月30日
イングランドの旗 イングランド ロンドン ハックニー
死没 1977年9月16日(満29歳没)
イングランドの旗 イングランド ロンドン バーンズ
ジャンル ハード・ロック
グラム・ロック
サイケ・フォーク
サイケデリック・ロック
ポップ・ロック
担当楽器 ギター
ボーカル
ベース
シンセサイザー
パーカッション
オルガン
活動期間 1965年1977年
レーベル A&M
EMI
リプリーズ
マーキュリー
共同作業者 T・レックス
ジョンズ・チルドレン
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
ギブソン・フライングV
フェンダー・ストラトキャスター

{{{Influences}}}

マーク・ボラン(Marc Bolan、1947年9月30日 - 1977年9月16日)は、イギリスミュージシャンギタリスト作曲家ロックバンドT・レックスヴォーカリストギタリスト。本名はマーク・フェルド(Mark Feld)。

ロンドンで生まれる。1965年ソロデビュー。1967年ジョンズ・チルドレンにギタリストとして加入するも、3か月で脱退。その後、ミッキー・フィンとティラノザウルス・レックス(1970年にT・レックスに改名)を結成。1970年代において、グラム・ロックムーヴメントの一人者として活動する。

1977年9月16日ロンドン郊外のバーンズにおいて自動車事故で世を去った。 自動車愛人のグロリア・ジョーンズ(妻はジューン・チャイルド)が運転しており、ボランは助手席に乗車していた。 事故は車が大破するほど大きかったものの、通常ならば適切な処置を施せば命に別状のない程度の負傷だったが、 病院に運び込まれたボランの身体は負傷そのものよりも長年の薬物による疲弊のため、手術に耐えられる状態でなく 手の施しようがなかったという医者の証言が事故当時を報じたNME誌に掲載されている。 オカルトに凝っていた時期があり、また「僕は30歳まで生きられないだろう」と冗談めかして語っていたと言う話は有名である。結果的に彼が亡くなったのは、30歳の誕生日の2週間前であった[1]


外部リンク[編集]