グル・グル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グル・グル(Guru Guru)は1968年に結成されたドイツロック・バンド。

歴史[編集]

ドラマーのマニ・ノイマイヤー(Mani Neumeier)を中心に結成された。かれは1960年代からフリー・ジャズの世界で活動していたが、しだいに物足りなさを覚えるようになり、イレーネ・シュヴァイツァー・トリオ時代に知り合ったベーシスト、ウリ・トレプテとともに1968年ロック・グループ「グル・グル・グルーヴ」をスタートした。初期のライブのいくつかは「社会主義ドイツ学生連盟」が運営する政治色の強いものだった。当時の演奏スタイルは、ボーカリストが政治的アジテーションをがなりたて、ドラムとベースが轟音を鳴り響かせるというものだった。

1969年にボーカリストをギタリストに代え、グループ名をグル・グルに短縮する。1970年にギタリストとして元アジテーション・フリーアックス・ゲンリッヒ(Ax Genrich)を迎え、当時の内外の音楽誌がジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスクリームと並べて評したほどの強力なフリー・ロック・トリオになった。同年ファーストアルバム『UFO』を発表。油がまだよく回っていない重機械のような印象を与えるライブアルバムである。翌1971年、2nd『HINTEN』を発表。名ミキサーのコニー・プランクの音響デザインにより、すっきりと聴きやすいスペース・ジャズ・ロックに仕上がった。収録曲の「ボ・ディドリー」は、1950年代アメリカロックンロールの先達に対する、ドラッグ漬けの新世代によるリスペクトである。

1972年発表の3rd『Känguru カンガルー』は、ダウナーなスペース・ミュージックと、前作の延長上にあるジャズ・ロックLPのAB面に分けて収録している。バンドのシリアスな面を受け持っていたウリ・トレプテはこの作品を最後に脱退し、以降はマニ・ノイマイヤーのコミカルなキャラクターを前面に出したプロジェクトとして続いていく。

1996年に初来日。マニは、それまでグルグルが日本語で「回転」を意味する言葉とは知らなかったという(バンド名はドイツ語の蛙の鳴き声の擬音に由来する)。東京タワーの蝋人形館にはビートルズフランク・ザッパらとともにマニの人形が収められており、マニを喜ばせた。

2010年には、マニ・ノイマイヤー、アックス・ゲンリッヒの2人に、ユニヴェル・ゼロのベーシストであったガイ・セジュー(Guy Segers)を加えたトリオで、実質的にグル・グルの再結成と言えるバンドがグルマニアックス(Gurumaniax)の名前で活動を開始し、新作「Psy Valley Hill」をリリースしている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1970年 UFO
  • 1971年 Hinten
  • 1972年 Känguru
  • 1973年 Guru Guru
  • 1973年 Don't Call Us, We Call You
  • 1974年 Dance of the Flames
  • 1975年 Mani und seine Freunde
  • 1976年 Tango Fango
  • 1977年 Globetrotter
  • 1978年 Live
  • 1979年 Hey du
  • 1981年 Mani in Germany
  • 1983年 Mani Neumeiers neue Abenteuer
  • 1987年 Jungle
  • 1988年 Guru Guru 88
  • 1988年 Live 72
  • 1993年 Shake Well
  • 1995年 Wah Wah
  • 1997年 Moshi Moshi
  • 2000年 2000 Gurus
  • 2005年 In the Guru Lounge
  • 2008年 PSY
  • 2011年 Doublebind

関連項目[編集]

外部リンク[編集]