ファミリー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファミリー
Family
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドレスター
ジャンル ブルースロック
プログレッシブ・ロック
サイケデリック・ロック
ハードロック
活動期間 1966年1973年
レーベル リバティー/リプリーズ/ラフト/ユナイテッド・アーティスト
共同作業者 ストリートウォーカーズ
ローリング・シックスティーズ
メンバー
ロジャー・チャップマン
チャーリー・ホイットニー
リック・グレッチ
ジム・キング
ロブ・タウンゼンド
ジョン・ウェットン

{{{Influences}}}

ファミリーFamily)は1960年代から70年代にかけて活動したイギリスロック・バンドブルース・ロックジャズアシッド・フォークサイケデリック・ロックプログレッシブ・ロックなど、様々な音楽を独自の感覚でクロスオーヴァーさせたそのサウンドは唯一無二のものであり、今日なお高く評価されている。またフロントマンのロジャー・チャップマンによる、独特のビブラートのかかったヴォーカルも強く印象に残るものであり、欧州圏を中心に熱心なファンを獲得した。

略歴[編集]

1962年ロンドン北東の町・レスターにて、ギタリストチャーリー・ホイットニーがファリーナスなるバンドを結成したことがファミリーの原点である。数年の活動を経て、ヴォーカルのロジャー・チャップマン、ベーシストリック・グレッチらを加え、1967年に本格的にロンドン進出を決定。この際、米国人のプロデューサー・キム・フォウリーのアドバイスに基づき、当時のヒッピームーブメントの隆盛を意識して、グループ名をファミリーと改める。リプリーズ・レコードと長期の契約を結んだ彼らは、この時点では上記の3人の他、ロブ・タウンゼンド(ds)、ジム・キング(sax)を加えた5人編成で成り立っていた。

1968年トラフィックデイヴ・メイスンのプロデュースにより、1stアルバム『Music in a Doll’s House』を発表。ヴァラエティに富んだサウンドとコンセプチャルな統一感を両立させた音作りが評判を呼ぶ。続く1969年の2ndアルバム『Family Entertainment』は商業面でも成功を収め、直後に初の米国ツアーも実施するが、その途中でグレッチがブラインド・フェイスに加入するために脱退。後任のベーシストにジョン・ワイダー(元エリック・バードン&ジ・アニマルズ)を迎え、イギリスに戻ってローリング・ストーンズハイド・パークのコンサートや、ワイト島フェスティヴァルでプレイする。この直後に、行動面で問題があるとされたキングが解雇され、マルチプレイヤーのポリ・パーマーが後任として加入。1970年には3rdアルバム『A Song for Me』、4thアルバム『Anyway』の2枚を立て続けに発表。この年は再び米国(サンフランシスコボストン)ツアーも行い、音楽面では成功を収めるが、その後今度はワイダーが脱退し、後任にモーガル・スラッシュからジョン・ウェットンが加入する。ヴォーカルも取れる彼の加入はサウンドに更に幅を持たせ、5thアルバム『Fearless』(1971年)、6thアルバム『Bandstand』(1972年)の2枚を制作。これらはユニークな変形ジャケットでも話題になった。しかしその後ウェットンはキング・クリムゾンに引き抜かれ、またパーマーもグレッチとの新グループ結成のために脱退。1973年、ジム・クリーガン(b)、トニー・アシュトン(key)の両名を迎え、自ら設立したレーベル「ラフト」から7thアルバム『It’s Only a Movie』を発表。しかし、このアルバムの発売とほぼ同時にグループの解散が発表され、その6年間の活動に終止符が打たれた。

解散後、バンドの中核であったチャップマンとホイットニーは、ストリートウォーカーズを結成して1977年まで活動。その後ソロに転向したチャップマンは、特にファミリーの支持が高いドイツに拠点を移して活動したが、2009年に音楽界からの引退を発表している。

ディスコグラフィー[編集]

  • Music in a Doll's House (1968年)
  • Family Entertainment (1969年)
  • A Song for Me (1970年)
  • Anyway (1970年)
  • Old Songs New Songs (1971年) - 過去のアルバム収録曲のリミックスと未収録曲からなるコンピレーション盤
  • Fearless (1971年)
  • Bandstand (1972年)
  • It's Only a Movie (1973年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]