サタニック・マジェスティーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サタニック・マジェスティーズ
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1967年12月8日
録音 1967年2月9日 - 10月23日
ジャンル サイケデリック・ロック
時間 44分6秒
レーベル Decca/ABKCO (UK)
ABKCO (US)
プロデュース ローリング・ストーンズ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4 out of 5 stars link
ローリング・ストーンズ 年表
ビトウィーン・ザ・バトンズ
1967年 UK
----
フラワーズ
1967年 US
サタニック・マジェスティーズ
1967年
ベガーズ・バンケット
1968年
テンプレートを表示

サタニック・マジェスティーズ』(Their Satanic Majesties Request)は、1967年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。

解説 [編集]

本作のレコーディングは『ビトウィーン・ザ・バトンズ』リリース直後に開始され、メンバーの逮捕、裁判が重なり長く散発的な物となった。本作には当時のメンバーのライフスタイルが反映されている。また、世界的に統一して発売された最初のアルバムであった。

1967年2月12日に、ミック・ジャガーキース・リチャーズマリファナの不法所持で逮捕された。裁判の結果ミックは3ヶ月、キースは1年の禁固刑が言い渡された。ブライアン・ジョーンズも同様に麻薬の不法所持で数度の逮捕、摘発を受けていた。そんな彼らの救援名目で、ザ・フーがストーンズの「ラスト・タイム/アンダー・マイ・サム」をレコーディングし、シングルカットしたこともあった。

アルバムのレコーディングは、バンドを囲む多くのトラブルによって妨げられた。そんな間隙に、ビル・ワイマン作詞・作曲名義の曲がつくられている。

ミックとキース、ブライアンはLSDを服用し、高揚した気分でいることがしばしばであった。それを示唆する曲も収録されている。アンドリュー・ルーグ・オールダムはシングル「ウイ・ラヴ・ユー」b/w「ダンデライオン」(これらは本作未収録)が8月にリリースされた後、バンドとの関係に終止符を打ち彼らの元を去った。

上記のような状況のため、初のセルフ・プロデュース作として本作を創り上げた。ブライアンは時折しか参加しなかったが、メロトロンフルートシタールサックスを演奏した。

多くの出来事があった1967年の12月に、『サタニック・マジェスティーズ』はリリースされた。ジャケットは3D写真を貼り付けたもので、イギリスでは3位、アメリカでは2位とゴールド・アルバムを獲得したが、売り上げはすぐに減少し、ストーンズのコンセプト・アルバムへの試みは徒労であると見なされた。

ブライアン・ジョーンズは当時、このアルバムをストーンズのブルージーな方向性とはかけ離れていると猛反対し、キースは「クソの塊」とけなしている。反面ミックのほうは「またこういうのをやってもいい」と肯定的である。

1989年の「スティール・ホイールズ・ツアー」で、収録曲「2000光年のかなたに」が初めて演奏された。この曲は、キースが本作中で唯一評価した曲でもあった。

後年になって収録曲の「シーズ・ア・レインボー」が、iMacのCMソングとして起用されたこともある。

2002年8月にアブコ・レコードよりリマスターされた上で、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。

曲目[編集]

特筆無い限りジャガーリチャード作詞作曲。

  1. 魔王讃歌 - Sing This All Together 3:47
  2. 魔王のお城 - Citadel 2:51
  3. イン・アナザー・ランド - In Another Land 3:14
    • ビル・ワイマン作、リードボーカル。最後のいびきも彼のもの。スティーヴ・マリオットロニー・レーンがギターで参加。当初は収録を渋られたが、ミックらのコーラスを付け足すことで収録された。また、アメリカのみではあるが、ワイマンのソロ名義でシングルカットもされた。
  4. 2000マン - 2000 Man 3:08
  5. 魔王讃歌(二部) - Sing This All Together (See What Happens) 8:34
    • 終わりの部分に「Cosmic Christmas」と名付けられたコーダが含まれる。
  6. シーズ・ア・レインボー - She's a Rainbow 4:35
  7. ランターン - The Lantern 4:23
  8. ゴンパー - Gomper 5:09
  9. 2000光年のかなたに - 2000 Light Years From Home 4:45
  10. オン・ウィズ・ザ・ショウ - On With the Show 3:39