レット・イット・ブリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レット・イット・ブリード
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース 1969年12月5日
録音 1968年11月16日 - 17日,
1969年2月10日 - 11月2日
ジャンル ロック
時間 4221
レーベル Decca/ABKCO (UK)
ABKCO (US)
プロデュース ジミー・ミラー
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 5 out of 5 stars link
ローリング・ストーンズ 年表
スルー・ザ・パスト・ダークリー (ビッグ・ヒッツ Vol.2)
1969年
レット・イット・ブリード
1969年
ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト
1970年
テンプレートを表示

レット・イット・ブリード』(Let It Bleed)は、1969年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。ストーンズ3年ぶりのアメリカ・ツアーと同時にリリースされた。前作『ベガーズ・バンケット』と共にストーンズ最良のアルバムと称賛され、ロック・アルバムの古典の一つと見なされる。アルバムに収録されている楽曲は、後に全てライヴで一度以上取り上げられている。このようなオリジナル・アルバムは、『スティッキー・フィンガーズ』『女たち』『ブラック・アンド・ブルー』とこのアルバムだけである。

ストーンズは1968年11月、『ベガーズ・バンケット』リリース前から「無情の世界」のレコーディングを開始する。本作のレコーディングは1969年2月に本格的に始まり、11月まで散発的に行われた。ブライアン・ジョーンズはレコーディング開始時はまだ脱退していなかったため、「ミッドナイト・ランブラー」「ユー・ガット・ザ・シルバー」に参加している。彼の代わりとなったミック・テイラーは本作に於いて「カントリー・ホンク」「リブ・ウィズ・ミー」にしか参加しておらず、大半の曲はキース・リチャーズがギターを担当している。

キースは、それまで数曲(「コネクション」「昨日の出来事」「地の塩」)においてミックと共にヴォーカルを担当したが、「ユー・ガット・ザ・シルバー」で初めてリード・ヴォーカルを採った。

本作のレコーディングの間に、ミック・ジャガービル・ワイマンチャーリー・ワッツは、本作にゲスト参加したニッキー・ホプキンスライ・クーダーと共にジャム・セッションを行っており、1972年にはその時の演奏を収録したアルバム『ジャミング・ウィズ・エドワード』が発売されている。

12月のリリース後、本作はイギリスでチャート1位(ビートルズの『アビイ・ロード』に代わって)、アメリカでは3位とダブル・プラチナを獲得した。本作タイトル『レット・イット・ブリード』は、しばしばビートルズの『レット・イット・ビー』のパロディだとされるが、それは正確ではない(『レット・イット・ビー』のリリースは1970年5月)。

『これが最高!(Critic's Choice Top 200 Albums)』(1979年 クイックフォックス社)の英米編では8位、日本編では4位にランクされ、「Q」マガジンのグレーティスト・アルバム読者投票(1998年)では69位、ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500(2002年)では32位、2003年にはTVネットワークのVH1がグレーティスト・アルバムで24位に選出した。

2002年8月に、アブコ・レコードよりリマスターされた上で、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。

本作ジャケットのケーキは、著名な料理家であるデリア・スミスが制作した。

曲目[編集]

特筆無い限りジャガーリチャーズ作詞作曲。

  1. ギミー・シェルター - Gimme Shelter 4:31
  2. むなしき愛 - Love in Vain (Robert Johnson) 4:19
  3. カントリー・ホンク - Country Honk 3:07
  4. リブ・ウィズ・ミー - Live With Me 3:33
  5. レット・イット・ブリード - Let It Bleed 5:28
  6. ミッドナイト・ランブラー - Midnight Rambler 6:53
  7. ユー・ガット・ザ・シルバー - You Got the Silver 2:50
  8. モンキー・マン - Monkey Man 4:11
  9. 無情の世界 - You Can't Always Get What You Want 7:29

北米ツアー[編集]

本作リリースに伴った「North American Tour」は、1969年11月7日のコロラド州フォート・コリンズ公演から開始する。今回が6度目のツアーであったが、現在まで行われているような大規模なツアーは、今回が初めてであった。このツアーの模様は、映画『ギミー・シェルター』で公開された。本ツアーの最終公演、1969年12月6日のカリフォルニア州オルタモント・スピードウェイでのフリーコンサートで、会場警備を担当したヘルズ・エンジェルスの手により、黒人青年メレディス・ハンターが刺殺された。ハンターが刺殺される様子も、前述の映画に収録されている。また、11月9日のカリフォルニア州オークランド・コロシアム公演は『Liver Than You'll Ever Be』というブートレグとしてリリースされ、これがストーンズ初のブートレグとなる。このブートレグが、公式ライヴ盤『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』のリリースを早めたとされる。