ボビー・キーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボビー・キーズ(Bobby Keys、1943年12月18日 - 2014年12月2日[1])は、アメリカ合衆国テキサス州出身のミュージシャン。ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとして有名。同バンドの代表曲「ブラウン・シュガー」でのソロは名演である。

来歴[編集]

幼い頃からサックスの演奏に長けており、わずか15、6歳の若さでバディ・ホリーのバック・バンドでの演奏を経験するなど、50年代からプロとして活動しロック界では最も活動歴が長い人物の一人である。その後、様々なバンドを渡り歩き、レオン・ラッセルと知り合い、デラニー&ボニーのバンドに参加。

60年代ローリング・ストーンズと知り合い、「ブラウン・シュガー」などストーンズの数々の楽曲の録音に参加するようになり、1970年以降、長年にわたってストーンズのコンサート・ツアーにレギュラー・メンバーとして参加した。ただし、1975年から1978年はゲスト出演のみで、自身の伝記によればストーンズのファミリー離脱後、アルコールやドラッグ依存症に苦しんでいた時期だったため、参加したくてもできない状況だったという。

ボビーとキースは生年月日が同じであるため特に仲が良かったといわれる。このためかストーンズ以外でも度々共演していて、1979年にロン・ウッドがキースと共に組んだニュー・バーバリアンズのツアーや、キース自身による1988年と1992年のソロ・ツアーにおいてである。また、ストーンズ以外にも多くのミュージシャンと共演しており、ジョン・レノンエリック・クラプトンジョージ・ハリスンザ・フーなどの大物と共演している。

2014年12月2日、テネシー州ナッシュビルにある自宅にて肝硬変により死去。享年70歳。


ストーンズとの関係 [編集]

ストーンズとの関係は深く、バンドには1969年のアルバム『レット・イット・ブリード』で初参加後、以降70年代を通して多くのアルバムのレコーディングに参加している。72年から73年にかけて行われたツアーよりストーンズのサポートとして参加するも、終盤からツアーから離脱、以降は80年代に入るまでツアーメンバーとしての参加はしていなかった。ただし、ゲスト・プレイヤーとして度々共演している他、ロン・ウッドの呼びかけで結成されたニュー・バーバリアンズにはメンバーとして、またメンバーのソロ・アルバムへの参加などメンバー各人と関係を断っているわけではなかった。

ボビーの最も著名なサックス・ソロを収めた「[ブラウン・シュガー (曲)|ブラウン・シュガー]]」では、間奏をどうするかという意見が出された際、自ら志願する形でソロがとられることとなった。キースによれば「出だし、ほんの数音符吹いただけで素晴らしいものだと思った」という。また「ブラウン・シュガー」が収められた同じアルバム『スティッキー・フィンガーズ』に収録されている「キャン・ユー・ヒア・ミー・ノッキング」でも本来前半のボーカル部分のみのであるはずだったが、後半のジャムが収められることになったのはボビーのソロの出来栄えが良かったためだったという。なお同曲は長年ライヴでは演奏されなかったが、バンド40周年のツアー「リックス・ツアー」にて初めて演奏され、同ツアーのハイライトの一つとなっている。

対人関係の悪化より解散の危機にあったストーンズが見事カムバックを果たした直後から行われたワールド・ツアーからは、以降全てのツアーでサポート・メンバーとして「ブラウン・シュガー」や「ミス・ユー」といったナンバーでサックス・ソロを聞かせ、会場を大いに沸かせるのが恒例となっていた。しかし2012年から2014年にかけて行われているツアーにも参加していたものの、延期されていたオセアニア公演には体調不良のため参加できなかった。

現在でこそストーンズのファミリーとして名声を確立しているキーズであるが、73年のツアー終盤では宿泊していたフランスのホテルの風呂でドン・ペリニヨンを100本以上、あるいは200本以上も開け浴槽を満たし、風俗嬢をはべらかせるという珍事を起こしたため一時的にファミリーから離脱させられることとなった。ボビーによれば、これはアルコールやドラッグによる影響だったと語っている。なお、プロモーターからはこのドンペリ代の請求のために契約金が支払われないことになったという。このため、以降70年代のライヴにおいて「ブラウン・シュガー」でのサックス・ソロはギター・ソロに変えられたが、89年のツアーからは再びファミリーとしてストーンズに復帰した。これは80年代、79年のニュー・バーバリアンズ、88年のキース・リチャーズエクスペンシヴ・ワイノーズで活動を共にしたキースによれば「バンドに呼び戻すために、リハーサルでボビーに知らないうちに入り込ませてソロを吹かせた」ためで、驚いたミックがこれを気に入り、ボビーの吹くソロの重要性に気づいて参加させることに決まった。またこの時ミックは「これは反論のしようなどない」と答えたという。

また、キースはボビーのバンドへの貢献について「ボビーはギターバンドであるストーンズのサウンドに自分の才能を馴染ませる凄い才能を持っていた」と語っている。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「伝説的サックス奏者」B・キーズ氏死去、ストーンズと長年共演 AFPBB、2014年12月3日閲覧