ボビー・キーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボビー・キーズ(Bobby Keys、1943年12月18日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身のミュージシャン。

来歴[編集]

幼い頃からサックスの演奏に長けており、わずか10代でバディ・ホリーのバック・バンドでの演奏も経験している。その後、様々なバンドを渡り歩き、レオン・ラッセルと知り合い、デラニー&ボニーのバンドに参加。やがてローリング・ストーンズとも知り合い、「ブラウン・シュガー」などストーンズの数々の楽曲でサックス・ソロを披露するようになり、1970年以降はストーンズのコンサート・ツアーにレギュラー・メンバーとして参加(但し、1975~78年はゲスト扱い)している。

キース・リチャーズとは、同じ生年月日ということでよほどウマが合うのか、ストーンズ以外でも、1979年にロン・ウッドがキースと共に組んだニュー・バーバリアンズのツアーや、キース自身による1988年と1992年のソロ・ツアーで度々共演している。ストーンズでのステージで、サックス・ソロを披露するボビーに必ずキースが近寄る光景は、定番となっている。