デラニー&ボニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デラニー&ボニー
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロックブルースロックスワンプ・ロック
活動期間 1967年 - 1972年
レーベル スタックス・レコード
エレクトラ・レコード
アトコ・レコード
コロムビア・レコード
共同作業者 レオン・ラッセル
エリック・クラプトン
ジェリー・マギー
カール・レイドル
ボビー・ウィットロック
ジム・ケルトナー
ボビー・キーズ
リタ・クーリッジ
ジム・ゴードン
デイヴ・メイソン
デュアン・オールマン
旧メンバー
デラニー・ブラムレット
ボニー・ブラムレット

デラニー&ボニー(Delaney & Bonnie)は、アメリカ合衆国のデュオ歌手。デラニー・ブラムレット(1939年7月1日 - 2008年12月27日)とボニー・ブラムレット(1944年11月8日 - )の夫婦により結成された。エリック・クラプトンとの共演等で知られる。いくつかの作品では、大編成のバック・バンドを従えて、デラニー&ボニー&フレンズという名義となっている。

来歴[編集]

1939年ミシシッピ州ポントトクで生まれたデラニー・ブラムレットは、1959年ロサンゼルスに渡り、その後テレビ番組「シンディグ!」のハウスバンドであったザ・シンドッグズというバンドで活動[1]。一方、1944年イリノイ州アルトンで生まれたボニー・リン・オファレルは、イースト・セント・ルイスで育った後、1960年代にはメンフィスに移り、様々な歌手のバック・コーラスを経て、アイク&ティナ・ターナー専属のヴォーカル・グループ、アイケッツに、初の白人メンバーとして加入した[2]。その後、2人はロサンゼルスで出会い、ほどなく結婚。そしてデラニー&ボニーも結成された。

デラニー&ボニーは、1968年スタックス・レコードとの契約を得る。そして、ブッカー・T&ザ・MG'sアイザック・ヘイズのサポートを得てレコーディングを行うが、その時の音源は一度お蔵入りとなり、デュオが名声を得た後に、『ホーム』というアルバムとしてリリースされた[3]。2人は、メンフィスで知り合ったボビー・ウィットロックを連れてロサンゼルスに戻り、エレクトラ・レコードと契約して、1969年春にはアルバム『オリジナル・デラニー&ボニー』でメジャー・デビューを果たす。

1969年、デラニー&ボニーはブラインド・フェイスのアメリカ・ツアーのオープニング・アクトを担当。サポート・ギタリストのジェリー・マギーが、ザ・ベンチャーズのメンバーとなった事により空席となったサポート・ギタリストの後任に、当時、デラニー&ボニーと親交を深めていたエリック・クラプトンがなる。デュオはアトコ・レコードに移籍し、12月には、デラニーとエリックが共作した楽曲「カミン・ホーム」がシングルとしてリリースされた。同作はイギリスでもリリースされ、全英16位というヒットを記録した[4]。シングルB面に収録された「グルーピー」は、ボニーとレオン・ラッセルとの共作で、後に「スーパースター」と改題されて、1971年にはカーペンターズによるカヴァーが世界的に大ヒットした[3]

また、1969年末のイギリス・ツアーは、エリック、ボビー・ウィットロック、カール・レイドルジム・ゴードンデイヴ・メイソンボビー・キーズリタ・クーリッジ等も加わった大所帯で行われた。その模様は、1970年にはライヴ・アルバム『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』として発売され、全米29位[5]、全英39位のヒット作となった[6]。エリックはその後、このツアーで共演したミュージシャン3人と共にデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成。

2人はその後、デュアン・オールマンと交流を深め、『デラニーよりボニーへ』(1970年)、『モーテル・ショット』(1971年)を発表。後者はアンプラグドの色が強い作風で、デュアンに加えてジョー・コッカーグラム・パーソンズも参加。また、映画『バニシング・ポイント』にも出演した[7]。その後、コロムビア・レコードに移籍して『D&Bトゥゲザー』(1972年)を発表した。しかし、同作を最後にデュオは解散し、2人は離婚する。

その後共にソロ・アーティストとしての道を歩むが、ボニーは1987年よりボニー・シェリダン名義で女優に転向。2002年に約四半世紀ぶりのアルバム『アイム・スティル・ザ・セイム』でシンガーとしてカムバックを果たした[8]

一方デラニーは1972年に『サム・シングス・カミング』でソロ・デビュー後、1970年代に計4枚のアルバムを発表した。1980年代以降は暫く作品は途絶えるものの、2000年に『サウンズ・フロム・ホーム』でカムバック。2007年には『ア・ニュー・カインド・オブ・ブルース』をリリースし存在感を示した。しかしながら、2008年12月27日、デラニーは胆嚢手術後の合併症によりロサンゼルスで死去した[1]

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]