ブラインド・フェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラインド・フェイス
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ブルースロック
ハードロック
ブリティッシュ・ブルース
活動期間 1969年6月 - 10月
レーベル ポリドール・レコード/アトランティック・レコード/RSO・レコード
共同作業者 クリーム
トラフィック
ファミリー
メンバー
エリック・クラプトン
スティーヴ・ウィンウッド
ジンジャー・ベイカー
リック・グレッチ

{{{Influences}}}

ブラインド・フェイスBlind Faith)はイギリスのバンド。有名バンド出身の大物ミュージシャンが一堂に会したいわゆる'スーパーバンド'である。

略歴[編集]

メンバーはエリック・クラプトンg、元ヤードバーズクリーム)、ジンジャー・ベイカーds、元クリーム)、スティーヴ・ウィンウッドvokeyg、元スペンサー・デイヴィス・グループトラフィック)、リック・グレッチb、元ファミリー)。

クリーム解散後の1968年からクラプトンとウィンウッドがセッションを重ね、後にベイカーとグレッチが参加。1969年6月にロンドンハイドパークで行われたデビュー・ライブでは当時史上最高の10万人を動員したという。これを皮切りに欧米ツアーを開始し、8月にアルバム『Blind Faith』を発表。アルバムは英米でチャート1位となった。しかしツアー中にクラプトンとベイカーの間に確執が生じ、ツアー終了後の10月には早くも解散。その活動は半年に満たなかった。

『Blind Faith』収録のゴスペル的な楽曲「Presence Of The Lord」は、クラプトンにとって重要なレパートリーの一つとなり、デレク・アンド・ザ・ドミノス時代やソロに転じてからのライブでもしばしば演奏された。「Can't Find My Way Home」は、ウィンウッドのライブで度々演奏された。

2007年7月、クロスロード・ギター・フェスティバルでクラプトンとウィンウッドが共演して「Presence Of The Lord」「Can't Find My Way Home」「Had To Cry Today」の3曲を演奏し、ブラインド・フェイスの再結成と騒がれた。2008年2月にはマディソン・スクエア・ガーデンで再びクラプトンとウィンウッドが共演して、3日間の公演を実現した。