ブルース・ブラザース2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・ブラザース2000
The Blues Brothers 2000
監督 ジョン・ランディス
脚本 ダン・エイクロイド
ジョン・ランディス
製作 ダン・エイクロイド
ジョン・ランディス
レスリー・ベルツバーグ
製作総指揮 バーリン・ブリスタイン
出演者 ダン・エイクロイド
ジョン・グッドマン
ジョー・モートン
音楽 ポール・シェイファー
撮影 デイヴィッド・ヘリントン
編集 デール・ベルディン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年2月6日
日本の旗 1998年5月30日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000
興行収入 $14,051,384[1] アメリカ合衆国の旗
前作 ブルース・ブラザース
テンプレートを表示

ブルース・ブラザース2000』(The Blues Brothers 2000)は、『ブルース・ブラザース』(1980年)の続編として1998年に公開されたアメリカ映画

概要[編集]

続編[編集]

NBCの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」の、同名の人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて1980年に映画化され大ヒットした『ブルース・ブラザース』の続編として制作された。

豪華なキャスト[編集]

既に故人となっていたジョン・ベルーシキャブ・キャロウェイジョン・キャンディ[2]ら以外のほとんどのキャストが再登場、またB.B.キングエリック・クラプトン等といった大御所ミュージシャン多数が新たに特別出演した為話題となった。「ザ・ブルース・ブラザーズ・バンド」の1人でギタリストのマット・マーフィは、『Making of The Blues Brothers 2000』でのインタビューにおいて、「キングやクラプトンなんて、一体どうやって呼んだんだろう」と驚愕していた。

興行収入[編集]

上記のように豪華なキャストを誇ったものの、アメリカ国内の劇場における興行収入は4,000万ドル以上を記録した前作と比べて低い1,400万ドルにとどまり、制作費の半分を回収したにすぎなかった。しかし日本ヨーロッパでの興行収入や、DVDサウンドトラックなどの売り上げにより収益を上げている。

映画のプロモーションとしてエルウッド他主要メンバーが第40回グラミー賞授賞式、第31回スーパーボウルのハーフタイムショーでライブ・パフォーマンスを見せている。

あらすじ[編集]

18年の刑期を終えて刑務所から出たエルウッドを待っていたのはジェイクの訃報であった。カーティス小父貴も死して久しく、その息子キャブ・チェンバレンは警察署長の役職にあって会いに行ったエルウッドは追い返されてしまう。エルウッドは天涯孤独の身になってしまった。

少年時代を過ごした孤児院を訪ねたエルウッドはバスターという少年と意気投合、更に古い知り合いの酒場で従業員マイティ・マックに歌の才能を見出し、彼らと「ブルース・ブラザーズ」を結成してバンドを復活させることを決める。ラジオのパーソナリティをして過ごしていたスティーブ・クロッパーとドナルド・ダック・ダン、中古車ディーラーとして成功していたマット・マーフィーたちを誘い、バンドは復活する。一方で孤児院に無断でバスターを連れ出したことにより、キャブたち警官隊と孤児院のスタッフに追われる身となる。

演奏旅行中、ジェームズ神父の説法会に行き当たったエルウッドたちは助けを求めて説法会に参加する。ジェームズ神父は 18年前にジェイクが「啓示」を受ける切っ掛けとなった人物であった。キャブはエルウッドたちを追ってきたところにジェームズ神父の歌に打たれて「啓示」を受け、ブルース・ブラザーズに参加することとなる。

クイーン・ムセットという謎の女王が主催するコンテストを演奏の場に選んだエルウッドたち。クイーン・ムセットの審査を受けて出場権を得たブルース・ブラザーズ四人組とバンドは、優勝候補のルイジアナ・ゲイター・ボーイズと争って負けてしまうが、彼らと一緒にセッションを演じ観客を大いに湧かせる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blues Brothers 2000 (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月17日閲覧。
  2. ^ 映画の冒頭ではこの3人に捧げる弔辞テロップが表示されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]