エリック・クラプトンの作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・クラプトンの作品(エリック・クラプトンのさくひん)は、エリック・クラプトンアルバム、シングルの一覧。


アルバム[編集]

1960年代[編集]

ヤードバーズ (1963年-1965年)
1964年 ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ - Five Live Yardbirds (live)
1965年 フォー・ユア・ラヴ - For Your Love
1965年 ハヴィング・ア・レイヴ・アップ - Having a Rave Up
1966年 サニー・ボーイ・ウィリアムソン&ザ・ヤードバーズ - Sonny Boy Williamson and The Yardbirds
イミディエイト・オールスターズ (1965年)
1965年 Blues Anytime
ジョン・メイオール & ザ・ブルースブレイカーズ (1965年-1966年)
1966年 Bluesbreakers with Eric Clapton
パワーハウス (1966年)
1966年 What's Shakin' (compilation)
クリーム (1966年-1968年, 2005年再結成)
1966年 フレッシュ・クリーム - Fresh Cream
1967年 カラフル・クリーム - Disraeli Gears
1968年 クリームの素晴らしき世界 - Wheels of Fire
1969年 グッバイ・クリーム - Goodbye
1970年 ライヴ・クリーム - Live Cream (live)
1972年 ライヴ・クリーム VOL.2 - Live Cream Volume II (live)
1972年 ヘヴィー・クリーム - Heavy Cream (compilation)
1983年 ストレンジ・ブルー - Strange Brew: The Very Best of Cream (compilation)
1995年 ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム - The Very Best of Cream (compilation)
1997年 ゾーズ・ワー・ザ・デイズ - Those Were the Days (box set)
2000年 サ・ベスト・オヴ・クリーム - 20th Century Masters: The Millennium Collection: The Best of Cream (compilation)
2003年 BBCライヴ - Cream: The BBC Sessions (compilation)
2005年 クリーム・ゴールド - Cream Gold (compilation)
2005年 リユニオン・ライヴ 05 - Royal Albert Hall London May 2-3-5-6 2005 (live)
ブラインド・フェイス (1968年-1969年)
1969年 スーパー・ジャイアンツ - Blind Faith
デラニー&ボニー&フレンズ (1969年-1970年)
1970年 オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン - On Tour with Eric Clapton (live)
デレク・アンド・ザ・ドミノス (1970年)
1970年 いとしのレイラ - Layla and Other Assorted Love Songs
1973年 イン・コンサート - In Concert (live)
1990年 レイラ・セッションズ - The Layla Sessions: 20th Anniversary Edition (box set)
1994年 ライブ・アット・ザ・フィルモア - Live at the Fillmore (live)

ソロ作品 (1970年 - )[編集]

1970年 エリック・クラプトン・ソロ - Eric Clapton US #13
1974年 461 オーシャン・ブールヴァード - 461 Ocean Boulevard US #1
1975年 安息の地を求めて - There's One in Every Crowd US #21
1976年 ノー・リーズン・トゥ・クライ - No Reason to Cry US #15
1977年 スローハンド - Slowhand (RIAA:3xPlatinum) US #2
1978年 バックレス - Backless US #8
1981年 アナザー・チケット - Another Ticket US #7
1983年 マネー・アンド・シガレッツ - Money and Cigarettes US #16
1985年 ビハインド・ザ・サン - Behind the Sun US #34
1986年 オーガスト - August US #37
1989年 ジャーニーマン - Journeyman US #16
1994年 フロム・ザ・クレイドル - From the Cradle (RIAA:3xPlatinum) US #1
1998年 ピルグリム - Pilgrim (RIAA:Platinum) US #4
2001年 レプタイル - Reptile (RIAA:Gold) US #5
2004年 ミー&Mr.ジョンソン - Me and Mr. Johnson (RIAA:Gold) US #6
2004年 セッションズ・フォー・ロバート・J - Sessions for Robert J (CD and DVD package) US #172
2005年 バック・ホーム - Back Home (RIAA:Gold) US #13
2010年 クラプトン - Clapton
2013年 オールド・ソック - Old Sock
ライヴ・アルバム
1973年 エリック・クラプトン/レインボウ・コンサート - Eric Clapton's Rainbow Concert
1975年 エリック・クラプトン・ライヴ - E.C. Was Here
1980年 ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館〜 - Just One Night
1991年 24ナイツ - 24 Nights
1992年 アンプラグド〜アコースティック・クラプトン - Unplugged
1996年 Crossroads 2: Live in the Seventies (box set)
2002年 ワン・モア・カー、ワン・モア・ライダー〜ベスト・ライヴ - One More Car, One More Rider
コンピレーション
1972年 The History of Eric Clapton
1972年 Eric Clapton at His Best
1973年 Clapton
1982年 Time Pieces: Best Of Eric Clapton
1984年 Backtrackin'
1984年 Too Much Monkey Business
1987年 The Cream of Eric Clapton
1988年 Crossroads (box set)
1999年 Blues
1999年 Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton

サウンドトラック、ゲスト参加作品[編集]

ジョージ・ハリスン
(契約上の制約から大半がクレジット無し)
1968年 ザ・ビートルズ - The Beatles/White Album (ビートルズ)
1968年 不思議の壁 - Wonderwall Music (1968年の映画『不思議の壁』サウンドトラック)
1970年 オール・シングス・マスト・パス - All Things Must Pass
1971年 バングラデシュ・コンサート - The Concert for Bangla Desh (live, with various artists)
1974年 ダーク・ホース - Dark Horse
1976年 ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン - The Best of George Harrison (compilation)
1979年 慈愛の輝き - George Harrison
1987年 クラウド・ナイン - Cloud Nine
1989年 ダーク・ホース 1976-1989 - Best of Dark Horse 1976-1989 (compilation)
1992年 ライヴ・イン・ジャパン - Live in Japan (live)
2003年 コンサート・フォー・ジョージ - Concert for George (live, with various artists)
2004年 ダーク・ホース・イヤーズ 1976-1992 - The Dark Horse Years 1976-1992 (box set)
他のアーティストと
1968年 Lumpy Gravy (フランク・ザッパ)
1968年 Lady Soul (アレサ・フランクリン)
1969年 平和の祈りをこめて - Live Peace in Toronto 1969 (live, プラスティック・オノ・バンド)
1969年 神の掟 - That's The Way God Planned It (ビリー・プレストン)
1970年 Stephen Stills (スティーヴン・スティルスソロデビュー作)
1970年 Leon Russell (レオン・ラッセル)
1971年 The London Howlin' Wolf Sessions (ハウリン・ウルフ)
1976年 1934-1976 (フレディ・キング)
1976年 The Last Waltz (live, ザ・バンド、その他と)
1976年 Stingray (ジョー・コッカー)
1976年 リンゴズ・ロートグラヴィア - Ringo's Rotogravure (リンゴ・スター)
1977年 Rough Mix (ピート・タウンゼントロニー・レイン)
1984年 ヒッチハイクの賛否両論 - The Pros and Cons of Hitch Hiking (ロジャー・ウォーターズソロデビュー作)
1986年 Live at Montreux 1986 (live, オーティス・ラッシュルーサー・アリソンと)
1986年 Persona (リオナ・ボイド)
1989年 バット・シリアスリー - ...But Seriously (フィル・コリンズ)
1989年 City Streets (キャロル・キング)
1991年 フラッシュポイント - Flashpoint (live, ローリング・ストーンズ)
1991年 Stranger In This Town (リッチー・サンボラ)
1992年 ザ・ワン - The One (エルトン・ジョン)
1993年 Ten Summoner's Tales (スティング)
1997年 Retail Therapy (TDF)
1997年 デューシズ・ワイルド - Deuces Wild (B.B.キング)
1999年 スーパーナチュラル - Supernatural (サンタナ)
2000年 ライディング・ウィズ・ザ・キング - Riding with the King (B.B.キング)
2003年 リンゴ・ラマ - Ringo Rama (リンゴ・スター)
2004年 ゲティン・イン・オーヴァー・マイ・ヘッド - Gettin' in Over My Head (ブライアン・ウィルソン)
2005年 Africa Unite: The Singles Collection (ボブ・マーリー)
2005年 レス・ポール・トリビュート - American Made World Played (レス・ポール&フレンズ)
2006年 ザ・ロード・トゥ・エスコンディード - The Road to Escondido (J・J・ケイル)
2006年 ラスト・マン・スタンディング - Last Man Standing (ジェリー・リー・ルイス)
2008年 ナイン・ライヴズ - Nine Lives (スティーヴ・ウィンウッド)
2009年 ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン - Live from Madison Square Garden (スティーヴ・ウィンウッド)
2010年 ミーン・オールド・マン - Mean Old Man (ジェリー・リー・ルイス)
2012年 キス・オン・ザ・ボトム - Kisses on the Bottom (ポール・マッカートニー)
サウンドトラック
1975年 Tommy (1975年の映画『トミー』サウンドトラック)
1985年 Edge of Darkness (1985年のテレビドラマ『エッジ・オブ・ダークネス』サウンドトラック)
1987年 Lethal Weapon (1987年の映画『リーサル・ウェポン』サウンドトラック)
1988年 Homeboy (1988年の映画『ホームボーイ』サウンドトラック)
1989年 Lethal Weapon 2 (1989年の映画『リーサル・ウェポン2/炎の約束』サウンドトラック)
1991年 Rush (1991年の映画『ラッシュ』サウンドトラック)
1992年 Lethal Weapon 3 (1992年の映画『リーサル・ウェポン3』サウンドトラック)
1996年 Phenomenon (1996年の映画『フェノミナン』サウンドトラック)
1999年 The Story of Us (1999年の映画『ストーリー・オブ・ラブ』サウンドトラック)

シングル[編集]

1960年代[編集]

ヤードバーズ (1963年-1965年)
1964 Jun "I Wish You Would" / "A Certain Girl"
1964 Oct "Good Morning Little Schoolgirl" / "I Ain't Got You"
1965 Feb "For Your Love" / "Got To Hurry" (#3 UK, #6 US)
ジョン・メイオール & ザ・ブルースブレイカーズ (1965年-1966年)
1965 Oct "I'm Your Witchdoctor" / "Telephone Blues"
1966 Aug "Lonely Years" / "Bernard Jenkins"
1966 Sep "Parchman Farm" / "Key to Love"
クリーム (1966年-1968年)
1966 Oct "Wrapping Paper" / "Cat's Squirrel" (UK #34)
1966 Dec "I Feel Free" / "N.S.U." (UK #11)
1967 Jun "Strange Brew" / "Tales Of Brave Ulysses" (UK #17)
1968 May "Anyone For Tennis" / "Pressed Rat and Warthog" (UK #40, US #64)
1968 Sep "Sunshine of Your Love" / "SWLABR" (UK #25, US #5)
1968 Sep "Spoonful part 1" / "Spoonful part 2"
1969 Jan "White Room" / "Those Were the Days" (UK #28, US #6)
1969 Jan "Crossroads" / "Passing the Time" (US #28)
1969 Apr "Badge" / "What a Bringdown" (UK #18, US #60)
1970 Jun "Sweet Wine" / "Lawdy Mama"
デラニー、ボニー・アンド・ザ・フレンズ (1969年-1970年)
1969 "Comin' Home" (#16 UK)
デレク・アンド・ザ・ドミノス (1970年)
1972 Jul "Layla" / "Bell Bottom Blues" (#7 UK, #10 US)
1973 Apr "Why Does Love Got to Be So Sad" (live) / "Presence of the Lord" (live)
1982 "Layla" (#4 UK)

ソロ作品 (1970年 - )[編集]

1970 Oct "After Midnight" / "Easy Now" (#18 US)
1974 Jul "I Shot the Sheriff" / "Give Me Strength" (#9 UK, #1 US)
1974 Oct "Willie and the Hand Jive" / "Mainline Florida" (#26 US)
1975 May "Swing Low Sweet Chariot" / "Pretty Blue Eyes" (#19 UK)
1975 Aug "Knockin' on Heaven's Door" / "Someone Like You" (#38 UK)
1976 Oct "Hello Old Friend" / "All Our Past Times" (#24 US)
1977 Feb "Carnival" / "Hungry"
1977 Nov "Lay Down Sally" / "Cocaine" (#39 UK, #3 US)
1978 Mar "Wonderful Tonight" / "Peaches and Diesel" (#16 US)
1978 Oct "Promises" / "Watch Out For Lucy" (#37 UK, #9 US)
1979 Mar "If I Don't Be There By Morning" / "Tulsa Time"
1980 "Cocaine" / "Tulsa Time" (#30 US)
1980 "Blues Power" (#76 US)
1981 Feb "I Can't Stand It" / "Black Rose" (#10 US)
1981 Apr "Another Ticket" / "Rita Mae" (#78 US)
1983 Jan "I've Got a Rock n Roll Heart" / "Man In Love" (#83 UK, #18 US)
1983 Apr "The Shape You're In" / "Crosscut Saw" (#75 UK)
1983 May "Slow Down Linda" / "Crazy Country Hop"
1985 Mar "Forever Man" / "Too Bad" (#51 UK, #26 US)
1985 Jun "She's Waiting" / "Jailbait"
1985 "See What You Can Do" (#89 US)
1987 Jan "Behind the Mask(イエロー・マジック・オーケストラのカバー)" / "Grand Illusion" (#15 UK)
1987 Mar "It's In the Way That You Use It" / "Bad Influence" (#77 UK)
1987 Mar "Tearing Us Apart" / "Hold On" (#56 UK)
1987 Nov "Holy Mother" / "Tangled In Love" (#95 UK)
1989 Nov "Bad Love" / "Before You Accuse Me" (#25 UK, #88 US)
1990 Mar "No Alibis" / "Running on Faith" (#53 UK)
1990 May "Pretending" / "Hard Times" (#96 UK, #55 US)
1991 "Wonderful Tonight" (live) (#30 UK)
1992 "Layla" (live, unplugged) (#45 UK, #12 US)
1994 Sep "Motherless Children" / "Driftin'" (#63 UK)
1998 "My Father's Eyes" / "Change the World" (#33 UK)
1998 "Circus" (#39 UK)
2001 Apr "I Ain't Gonna Stand For It" / "Losing Hand"

サウンドトラック、ゲスト参加作品[編集]

1985年のテレビドラマ『エッジ・オブ・ダークネス』サウンドトラック
1985 Jan "Edge of Darkness" / "Shoot Out" (#65 UK)
1991年の映画『ラッシュ』サウンドトラック
1992 Jan "Tears In Heaven" / "Tracks and Lines" (#5 UK, #2 US)
エルトン・ジョン
1992 "Runaway Train" (#31 UK)
スティング
1992 "It's Probably Me" (#30 UK)
シェール, クリッシー・ハインド & ネナ・チェリー
1995 "Love Can Build a Bridge" (#1 UK)
ベイビーフェイスと、1996年の映画『フェノミナン』サウンドトラック
1996 Jul "Change the World" / "Danny Boy" (#16 UK, #5 US)
ビートチャージャーズと
2000 "Forever Man (How Many Times)" (#26 UK)

映像作品[編集]

ソロ作品 (1970年 - )[編集]

ライヴ作品[編集]
  • 1977年 On whistle Test
  • 1985年 Live'85
  • 1986年 The Eric Clapton Concert
  • 1991年 24Nights
  • 1992年 Unplugged
  • 1996年 Live In Hide Park
  • 1999年 A Benefit For The Crossroads Center At Antigua
  • 2001年 One More Car One More Rider
  • 2004年 Crossroads Guitar Festival
  • 2007年 Crossroads Guitar Festival 2007
  • 2010年 Crossroads Guitar Festival 2010

ゲスト参加作品[編集]

外部リンク[編集]