オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
デラニー&ボニー&フレンズ の ライブ・アルバム
リリース 1970年3月
録音 1969年12月7日 イングランド クロイドン
ジャンル ロック
時間 42:35 (incl. stage announcements and crowd noise)
レーベル アトコ・レコード
プロデュース ジミー・ミラー、デラニー・ブラムレット
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 29位(アメリカ[1]
  • 39位(イギリス[2]
デラニー&ボニー&フレンズ 年表
ホーム
(1969年)
オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
(1970年)
デラニーよりボニーへ
(1970年)
エリック・クラプトン 年表
スーパー・ジャイアンツ
(1969)
オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
(1970)
エリック・クラプトン・ソロ
(1970)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 星5つのうち4.5つ[3]
Robert Christgau A[4]

オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』(On Tour with Eric Clapton)は、アメリカ合衆国の夫婦デュオ、デラニー&ボニーが「デラニー&ボニー&フレンズ」名義で1969年に録音・1970年に発表したライブ・アルバム。タイトル通り、エリック・クラプトンが参加したツアーのライブ音源を収録しており、クラプトンは後に、本作で共演したボビー・ウィットロックカール・レイドルジム・ゴードンと共にデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成している。

本作は、デラニー&ボニーのアルバムとしては唯一アメリカのBillboard 200でトップ40入りを果たし、最高29位に達した[1]

背景[編集]

デラニー&ボニーは1969年にブラインド・フェイスのアメリカ・ツアーでオープニング・アクトを務め、当時ブラインド・フェイスのメンバーであったエリック・クラプトンと意気投合して、ブラインド・フェイスが解散すると、クラプトンは本格的にデラニー&ボニーと活動を共にするようになった[5]。そして、クラプトンも参加した編成でヨーロッパ・ツアーを行い、本作にはクロイドン公演における演奏が収録された[6]

「プアー・イライジャ〜トリビュート・トゥ・ジョンソン(メドレー)」は、ロバート・ジョンソンに捧げられた内容[7]。クラプトンと共にギター・パートを担当したデイヴ・メイソンは、自作の楽曲「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」を提供しており、この曲はメイソンのソロ・アルバム『アローン・トゥゲザー』(1970年)にも収録された。「カミン・ホーム」はスタジオ録音されたヴァージョンがシングルとしてリリースされて[7]、全米84位[1]・全英16位に達した[2]

収録曲[編集]

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「シングス・ゲット・ベター Things Get Better」   Steve Cropper, Eddie Floyd, Wayne Jackson 4:20
2. 「プアー・イライジャ〜トリビュート・トゥ・ジョンソン(メドレー)Poor Elijah – Tribute to Robert Johnson Medley」   Delaney Bramlett, Jim Ford, Leon Russell 5:00
3. 「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ Only You Know and I Know」   Dave Mason 4:10
4. 「ドント・ウォント・トゥ・ディスカス・イット I Don't Want to Discuss It」   Beth Beatty, Dick Cooper, Ernie Shelby 4:55
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「ザッツ・ホワット・マイ・マン・イズ・フォー That's What My Man Is for」   Bessie Griffin 4:30
2. 「ゼアーズ・ア・ウィル、ゼアーズ・ア・ウェイ Where There's A Will There's A Way」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Bobby Whitlock 4:57
3. 「カミン・ホーム Comin' Home」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Eric Clapton 5:30
4. 「リトル・リチャード・メドレー Little Richard Medley – Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」   Richard Penniman, Bobby Troup 5:45

デラックス・エディション (2010)[編集]

ディスク1
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Intro/Tuning」      
2. 「Opening Jam」      
3. 「Gimme Some Lovin'」      
4. 「Band Introductions」      
5. 「Only You Know And I Know」   Dave Mason  
6. 「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」   Delaney Bramlett, Jim Ford, Leon Russell  
7. 「Get Ourselves Together」      
8. 「I Don't Know Why」      
9. 「Where's There's A Will, There's A Way」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Bobby Whitlock  
10. 「That's What My Man Is For」   Bessie Griffin  
11. 「Medley: Pour Your Love On Me/Just Plain Beautiful」      
12. 「Everybody Loves A Winner」      
13. 「Things Get Better」   Steve Cropper, Eddie Floyd, Wayne Jackson  
14. 「Coming Home」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Eric Clapton  
15. 「I Don't Want To Discuss It」   Beth Beatty, Dick Cooper, Ernie Shelby  
16. 「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」   Richard Penniman, Bobby Troup  
17. 「My Baby Specializes」      

Royal Albert Hall, 1 December 1969

ディスク2
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Intro/Tuning」      
2. 「Opening Jam」      
3. 「Gimme Some Lovin'」      
4. 「Things Get Better」   Steve Cropper, Eddie Floyd, Wayne Jackson  
5. 「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」   Delaney Bramlett, Jim Ford, Leon Russell  
6. 「I Don't Know Why」      
7. 「Medley: Pour Your Love On Me/Just Plain Beautiful」      
8. 「Where There's A Will, There's A Way」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Bobby Whitlock  
9. 「Coming Home」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Eric Clapton  
10. 「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」   Richard Penniman, Bobby Troup  
11. 「I Don't Want To Discuss It」   Beth Beatty, Dick Cooper, Ernie Shelby  
12. 「Crowd/Announcement」      

Colston Hall, 2 December 1969

ディスク3
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Intro/Tuning」      
2. 「Gimme Some Lovin'」      
3. 「Introduction」      
4. 「Things Get Better」   Steve Cropper, Eddie Floyd, Wayne Jackson  
5. 「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」   Delaney Bramlett, Jim Ford, Leon Russell  
6. 「I Don't Know Why」      
7. 「Where There's A Will, There's A Way」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Bobby Whitlock  
8. 「That's What My Man Is For」   Bessie Griffin  
9. 「I Don't Want To Discuss It」   Beth Beatty, Dick Cooper, Ernie Shelby  
10. 「Coming Home」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Eric Clapton  

Fairfield Halls, 7 December 1969 - first show

ディスク4
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Intro/Tuning」      
2. 「Gimme Some Lovin'」      
3. 「Pigmy (Instrumental)」      
4. 「Introductions」      
5. 「Things Get Better」   Steve Cropper, Eddie Floyd, Wayne Jackson  
6. 「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」   Delaney Bramlett, Jim Ford, Leon Russell  
7. 「Only You Know And I Know」   Dave Mason  
8. 「Will The Circle Be Unbroken」      
9. 「Where There's A Will, There's A Way」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Bobby Whitlock  
10. 「I Don't Know Why」      
11. 「That's What My Man Is For」   Bessie Griffin  
12. 「Coming Home」   Bonnie Bramlett, Delaney Bramlett, Eric Clapton  
13. 「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」   Richard Penniman, Bobby Troup  

Fairfield Halls, 7 December 1969 - second show

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Delaney & Bonnie - Awards : AllMusic
  2. ^ a b ChartArchive - Delaney and Bonnie and Friends
  3. ^ On Tour with Eric Clapton”. Allmusic. 2012年1月7日閲覧。
  4. ^ Christgau, Robert (1970年5月28日). “Consumer Guide (10)”. The Village Voice (New York). http://www.robertchristgau.com/xg/cg/cg10.php 2013年6月26日閲覧。 
  5. ^ Delaney & Bonnie : AllMusic - Biography by Jason Ankeny
  6. ^ On Tour with Eric Clapton - Delaney & Bonnie : AllMusic - Review by Bruce Eder
  7. ^ a b 日本盤CD(AMCY-2766)ライナーノーツ(小倉エージ、1998年5月)