バディ・ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バディ·ガイ
バディ·ガイ}
バディ·ガイ
基本情報
出生名 George Guy
出生 1936年7月30日(77歳)
出身地 米国ルイジアナ州
レッツワース
ジャンル ブルース
職業 シンガー
ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1958年 -
レーベル アーティスティック・レコード
チェス・レコード
ヴァンガード・レコード
シルバートーン・レコード
共同作業者 ジュニア・ウェルズ
公式サイト http://www.buddyguys.com/
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター
ギブソン・SG

バディ・ガイBuddy Guy, 1936年7月30日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州レッツワース出身のブルースギタリストシンガー。本名は、ジョージ・ガイ。1958年のデビューからシカゴのシーンで活躍し、いまやシカゴ・ブルースの第一人者的存在となった。テンションの高いギター・プレイはロック・ファンにも幅広く受け入れられており、最も成功したブルース·アーティストのひとりである。女性ラッパーとして活動しているショウナ(本名:ラショウナ・ガイ)は娘。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第30位、2011年の改訂版では第23位。

来歴[編集]

1950年代にルイジアナ州バトンルージュで、地元のミュージシャン、ビッグ・パパ・ティリーのバンドで活動していたバディは、シカゴのチェス・レコードと契約すべく、ラジオ局WXOKのDJだったレイ・メドウズの協力を得て、1957年に2曲のデモ・レコーディングをする。

翌1958年、シカゴへ移住。しかしながらチェスには送ったはずのデモ・テープは届いていなかったことを知った。同年、オーティス・ラッシュの紹介でコブラ・レコードと契約。傘下のアーティスティック・レコードからシングル"Sit And Cry (The Blues)" b/w "Try To Quit You Baby"でデビューを果たす。このセッションではバディは歌のみで、ギターはオーティス・ラッシュが弾いた。

1959年にコブラ・レコードが倒産すると、彼は晴れてチェスと契約する。チェスの初セッションは1960年。同レーベルには1967年まで在籍し、"First Time I Met The Blues"を始め、彼の個性が開花した名作を多く残した。1960年の2度目のセッションには、後のパートナーとなるジュニア・ウェルズも参加している。逆に1965年には、バディはジュニアのアルバムHoodoo Man Bluesのセッションに参加した。チェス時代は、自らの作品だけでなく、マディ・ウォーターズハウリン・ウルフらチェスの大物たちとのセッションもこなした。

チェスとの契約が終了するとバディは1968年ヴァンガード・レコードと契約。同年、アルバムA Man And The Bluesをリリースする。同レーベルでは計3枚のアルバムを制作した。

一方、1960年代後半からジュニア・ウェルズとデュオでの活動もするようになった。デュオ名義の作品としてはBuddy And The Juniors1969年)、 Buddy Guy & Junior Wells Play the Blues1972年)などがある。後者には、エリック・クラプトンも参加した。1975年3月には、「第2回ブルース・フェスティバル」出演のため、デュオで来日。バンドには、バディの弟でギタリストのフィル・ガイも加わった。

1970年代、バディはこの他、JSP、ブラック・アンド・ブルーなどからアルバムを発表した。しかしながら1980年代に入ると、活動の場は減ってしまう。1987年ジャパン・ブルース・カーニバル出演のため、再びジュニアとともに来日を果たしているが、本格的な活動を再開するのは、1990年代に入ってからのことだった。

1991年、シルバートーンからDamn Right, I've Got The Bluesをリリースする。このアルバムは、前年に亡くなったスティーヴィー・レイ・ヴォーンに捧げられた曲も収録され、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、マーク・ノップラー等が参加したことも手伝って、ロックファンからも注目を集めた。以後、バディの人気は急上昇し、世界各地のフェスティバルなどでも引っ張りだこになる。日本にもブルース・カーニバルを始め、たびたびツアーで訪れるようになった。2006年7月には、ウドー・ミュージック・フェスティバルへの出演もしている[1]

2006年、ローリング・ストーンズが行ったビーコン・シアターでの慈善コンサートのライヴにゲスト出演し、マディ・ウォーターズの「シャンペン・アンド・リーファー」を演奏した。この模様はローリング・ストーンズのライヴ・アルバム「シャイン・ア・ライト」に収録されており、また、マーティン・スコセッシ監督による映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」にも収録されている。

2008年デレク・トラックススーザン・テデスキ、エリック・クラプトン、ロバート・ランドルフらをゲストに迎えたアルバムSkin Deepを発表した。

バディは、シカゴ市内でブルースクラブ「バディ・ガイズ・レジェンズ」を経営しており、シカゴの名所のひとつとなっている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1967年 I Left My Blues In San Francisco (Chess)
  • 1968年 A Man And The Blues (Vanguard)
  • 1968年 This Is Buddy Guy (Vanguard)
  • 1972年 Hold That Plane (Vanguard)
  • 1974年 I Was Walking Through The Woods (Chess)
  • 1979年 Buddy & Phil Guy (JSP) ※弟フィルとのデュオ
  • 1980年 Pleading The Blues (Evidence)
  • 1981年 Stone Crazy (Alligator)
  • 1988年 Breaking Out (JSP)
  • 1991年 Damn Right, I’ve Got The Blues (Silvertone)
  • 1993年 Feels Like Rain (Silvertone)
  • 1994年 Slippin' In (Silvertone)
  • 1996年 Live: The Real Deal (Silvertone)
  • 1998年 Heavy Love (Silvertone)
  • 2001年 Sweet Tea (Silvertone)
  • 2003年 Blues Singer (Silvertone)
  • 2005年 Bring 'Em In (Silvertone)
  • 2006年 Messin' With The Kids (Castle)
  • 2008年 Skin Deep (Silvertone)
  • 2010年 Living Proof (Jive)

ジュニア・ウェルズとのデュオ名義[編集]

  • 1968年 Buddy And The Juniors (Blue Thumb)
  • 1972年 Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues (Atco)
  • 1975年 Live Recording at Yuhbin-Chokin Hall (Bourbon)
  • 1978年 Live In Montreux (Black And Blue)
  • 1981年 Going Back (Isabel)
  • 1982年 Drinkin' TNT 'n' Smokin' Dynamite (Red Lightnin')
  • 1983年 The Original Blues Brothers Live (Magnum)
  • 1998年 Last Time Around - Live at Legends (Silvertone)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]