リンゴズ・ロートグラヴィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンゴズ・ロートグラヴィア
リンゴ・スタースタジオ・アルバム
リリース イギリスの旗1976年9月15日
録音 1976年4月 - 7月
ジャンル ロック
時間 34分23秒
レーベル イギリスの旗ポリドール
アメリカ合衆国の旗アトランティック
プロデュース アリフ・マーディン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 28位(アメリカ)
  • 18位(日本)
リンゴ・スター 年表
Blast From Your Past
(1975年)
リンゴズ・ロートグラヴィア
(1976年)
Ringo The 4th
(1977年)
テンプレートを表示

リンゴズ・ロートグラヴィア(Ringo's Rotogravure)は、1976年に発表されたリンゴ・スターのアルバム。

解説[編集]

長年、在籍してきたEMIから離れて、レーベル移籍後、最初のアルバムとなった本作では、『リンゴ』(1973年)と同様、元ビートルズポール・マッカートニージョン・レノン、(1980年に復帰するまで最後のレコーディング活動)ジョージ・ハリスンが楽曲を提供(ジョージは演奏面では不参加)。エリック・クラプトンも「ディス・ビー・コールド・ア・ソング」を提供し、ギターでも参加。当時、人気絶頂だったピーター・フランプトン、さらに、プロデュースには大御所アリフ・マーディンまで起用し、完璧なサポート陣、華々しい宣伝とすべてに準備万端だったにも関わらず、アルバム、シングル共に大ヒットには至らなかった。

本作からの第1弾シングル曲「ロックは恋の特効薬」の作者カール・グロスマンは、リンゴが設立したレーベル「リング・オー」から、シングルを2枚発表したアーティスト[1]

収録曲[編集]

  1. ロックは恋の特効薬 - A Dose Of Rock'n Roll (Carl Grossman)
  2. ヘイ・ベイビー - Hey Baby (Margaret Cobb, Bruce Channel)
  3. ピュア・ゴールド - Pure Gold (Paul McCartney)
  4. クライン - Cryin' (Vini Poncia, Richard Starkey)
  5. ユー・ドント・ノウ・ミー・アット・オール - You Don't Know Me At All (Dave Jordan)
  6. クッキン - Cookin (John Lennon)
  7. アイ・スティル・ラヴ・ユー - I'll Still Love You (George Harrison)
  8. ディス・ビー・コールド・ア・ソング - This Be Called A Song (Eric Clapton)
  9. ラ・ブリーサ - Las Brisas (Nancy Andrews, R. Starkey)
  10. レディ・ゲイ - Lady Gaye (V. Poncia, R. Starkey, Clifford T. Ward)
  11. スプーキー・ウィアードネス- Spookey Weirdness

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『地球音楽ライブラリー ビートルズ』(TOKYO FM出版、ISBN 4-924880-88-4)p.288