クラウス・フォアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラウス・フォアマンKlaus Voormann, 1938年4月29日 - )は、ドイツのミュージシャン(ベーシスト)、画家。英語風の発音でヴーアマンとも呼ばれる。ベルリン生まれ。

来歴[編集]

フォアマンはハンブルクでデザインを学び、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして働いていた。 1960年ビートルズのメンバーが西ドイツハンブルクに巡業していた際に、恋人で写真家のアストリッド・キルヒヘルを通じ、カイザーケラーというライブハウスで彼らと知り合う。その後アストリッドはメンバーのスチュアート・サトクリフの元へ走ることになるが、フォアマンは最終的には二人の交際を認めた。以後ビートルズのメンバーとの交流を持つことになる。1961年の終わりに、サトクリフが音楽活動を辞めるのに伴い、フォアマンは彼からベースを買いとった。このベースを手に、フォアマンは彼自身としてははじめてのバンドであるEyes、後のPaddy, Klaus and Gibsonを組んだのである。

1966年夏、結果としてクリーム結成のために脱退するジャック・ブルースの後を受け1969年夏の解散までマンフレッド・マンのベーシスト(8弦ベースを使用)として活動。その後にジョン・レノンオノ・ヨーコプラスティック・オノ・バンドに参加し、ジョージ・ハリスンリンゴ・スターらのソロ・レコーディングにも参加する。また、コンサートではジョージ・ハリスンとラヴィ・シャンカール主宰の「バングラデシュ・コンサート」に出演している。ポール・マッカートニーの代わりにフォアマンを加え、ビートルズが再結成されるとの噂も流れた。また、ルー・リードのアルバム『トランスフォーマー』でもベーシストを務めている。スタジオミュージシャンとしては、カーリー・サイモンハリー・ニルソンB.B.キングとも仕事をしている。この時期は一時的にロサンゼルス近郊に在住していた。

画家としては、1966年発表のビートルズ『リボルバー』を手がけ、翌年のグラミー賞のベストデザイン賞を受賞している。また、1967年発表の『ザ・ビージーズ1st』のジャケット・デザインを手がけたことでも知られている。他にも1977年元アップル・レコードのジャッキー・ロマックスのアルバム『ディド・ユー・エヴァー・ハヴ・ザット・フィーリング?』のジャケット・イラストレーション、1996年には、同じく『ザ・ビートルズ・アンソロジー』シリーズ(CDLDDVD書籍)のイラストなどを手がける。デザイナーとしては、マックス・リーバーマンジョージ・グロスといった表現主義の画家からとりわけ大きな影響を受けている。

1979年にはドイツに帰国し、音楽プロデューサーとなった。彼の最初の成功は、Trioという、当時全く無名のバンドのプロデュースだった。彼のプロデュースにより、バンドは大ヒット曲「Da Da Da」を生みだした。彼は他にも、Marius Müller-WesternhagenやHeinz Rudolf Kunzeといったミュージシャンと一緒に仕事をしている。

2002年11月29日にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールコンサート・フォー・ジョージが開催され、フォアマンはオール・シングス・マスト・パスとWah Wahの二曲にベーシストとして参加した。

2007年12月8日に行われた「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2007」に出演、ジョンと共にセッションした曲である’Bring It On Home To Me’では、当時と同じパートを歌い、また、’Imagine’のベースを弾いた。

2009年にポール・マッカートニーやリンゴ・スター、マンフレッド・マンといった旧友たちをゲストに迎え、初のリーダー作となる"A Sideman's Journey"をリリースした。

2014年11月5日発売のGLAYの13thアルバム『MUSIC LIFE』のジャケットイラストを手がける[1]。イラストはビートルズ『リボルバー』を彷彿させるものとなっており、日本人アーティストへのジャケット描き下ろしはこれが初となる[1]

現在、妻のクリスティーナ、息子と娘と一緒にミュンヘン郊外のシュタルンベルク湖近辺に在住している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]