ロックンロール・サーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロックン・ロール・サーカス(The Rolling Stones Rock and Roll Circus)は、1968年に収録されたローリング・ストーンズの伝説的作品、しかし放映されることなく長年お蔵入りになっていた。1996年になってVHSビデオでリリースされ、初めて公開された。エリック・クラプトンジョン・レノンザ・フーなど豪華なゲストが出演している。お蔵入りになっていた理由は、「ストーンズが自分たちの演奏に満足していなかったから」と言われており、完全燃焼には至っていない。もう一つは「ザ・フーの演奏が良すぎた、盛り上がりすぎた」という理由。当時のストーンズは、ブライアン・ジョーンズが脱退直前の時期で、ゴタゴタがあった。一方、ザ・フーは良いコンディションでミニロックオペラ「クイック・ワン」を演奏、ショーを大いに盛り上げた。そのため、当時ミック・ジャガーは「ザ・フーの演奏がカッコよすぎてストーンズと比較されるから発売しないでほしい」と発言。ザ・フーの演奏が終わった瞬間、このショーはもはや「The Whoのロックンロールサーカス」となってしまったと言われた。

ジョン・レノンはこのショーの為にバンド「ザ・ダーティー・マック」を結成。メンバーはジョン・レノン(ボーカル&ギター)、キース・リチャーズ(ベース)、エリック・クラプトン(ギター)、ミッチ・ミッチェル(ドラムス)と、ビートルズローリング・ストーンズクリームジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのメンバーによるスーパー・バンドになった。ストーンズのベーシスト、ビル・ワイマンは「キースはこのバンドに参加したくて、(すでにギタリストが2人いるので)ベースとして参加するために俺を追い出したんだ」と語っている。

  • DVD編には特典がいくつか用意されている。たとえば、新たに追加されたタジ・マハールの3曲、ジュリアス・カッチェンによる素敵なクラシック・ピアノ演奏、「Yer Blues」の4分割画面バージョンなど。ザ・フーのピート・タウンゼントとの新しいインタビュー、それにDVD化にあたって追加された各種の音声解説など。

収録曲[編集]

  1. . Entry Of The Gladiators
  2. . Song For Jeffrey - Jethro Tull
  3. . Quick One While He's Away - The Who
  4. . Over The Waves - Trapeze Artists
  5. . Ain't That A Lot Of Love - Taj Mahal
  6. . Something Better - Marianne Faithfull
  7. . Fire Eater And LUNA
  8. . John And Mick
  9. . Yer Blues - Dirty Mac (John Lennon)
  10. . Whole Lotta Yoko - Dirty Mac (John Lennon)
  11. . Jumping Jack Flash - Rolling Stones
  12. . Parachute Woman - Rolling Stones
  13. . No Expectations - Rolling Stones
  14. . You Can't Always Get What You Want - Rolling Stones
  15. . Sympathy For The Devil - Rolling Stones
  16. . Salt Of The Earth - Rolling Stones