ホンキー・トンク・ウィメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンキー・トンク・ウィメン
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム スルー・ザ・パスト・ダークリー (ビッグ・ヒッツ Vol.2)
B面 "無情の世界"
リリース 1969年7月4日 (UK)
1969年7月5日 (U.S.)
規格 シングル
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ1969年3月10日 - 11日
ジャンル ロック
時間 3:02
レーベル London
作詞・作曲 ジャガー=リチャーズ
プロデュース ジミー・ミラー
チャート最高順位
ローリング・ストーンズ シングル 年表
ストリート・ファイティング・マン
(1968)
ホンキー・トンク・ウィメン
(1969)
ブラウン・シュガー
(1971)
テンプレートを表示
カントリー・ホンク
ローリング・ストーンズ楽曲
リリース 1969年12月5日
録音 1969年6月、10月
ジャンル カントリー・ロック
時間 3:10
レーベル Decca/ABKCO
作詞者 ジャガー=リチャーズ
プロデュース ジミー・ミラー
収録順
むなしき愛
(2)
カントリー・ホンク
(3)
リブ・ウィズ・ミー
(4)

ホンキー・トンク・ウィメン」 (Honky Tonk Women) は、ローリング・ストーンズの1969年のヒット曲。ジャガー=リチャーズ作詞作曲。イギリスでは1969年7月4日、アメリカでは翌日にリリースされ、両国でシングルチャートの1位を記録した。米国では4週連続1位を獲得し、ミリオンセラーを記録。1969年年間4位。ジャケットには、新メンバーのミック・テイラーも写っている。

スタジオ・アルバムには未収録で、コンピレーション・アルバム『スルー・ザ・パスト・ダークリー (ビッグ・ヒッツ Vol.2)』(1969年)に初収録された。基本的に3分程度の尺だが、収録された盤によってピッチが一定していないため、長さに2~4秒程度のばらつきがある。ライ・クーダーが「この曲のアイディアは自分のもの」と主張しており、そのことについてキース・リチャーズを批判しているが、キースはそれを一切認めていない。

カントリーミュージック風にアレンジされた別テイク(歌詞も若干異なる)があり、そちらはアルバム『レット・イット・ブリード』に「カントリー・ホンク」のタイトルで収録されている。また、ブライアン・ジョーンズが参加したテイクも録音されたというが、公式には発表されなかった。

カヴァー[編集]

脚注[編集]