アラン・クレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレン・クレイン (Allen Klein1931年12月18日 - 2009年7月4日) は、アメリカ合衆国実業家ビートルズローリング・ストーンズのマネージメントをしたことでよく知られた。名前は、アレン・クラインとも表記する。

生い立ち[編集]

ニュージャージー州ニューアークで肉屋を営んでいたブダペスト出身のユダヤ系移民の家庭に生まれる。母親とは1歳になる前に死別した。10代の頃には夜間学校に通いながら様々な仕事に就いた。クレインは暗算に優れ、1956年にニュージャージー州イーストオレンジにあるウプサラ大学を卒業。数人のショービジネスにかかわる人々のための簿記とレコード会社の監査を担当した。翌1957年には妻のベティと共に自身のビジネスを起業した。

1965年にローリング・ストーンズの共同マネージャーとなるが、経済学に長じていたミック・ジャガーに嫌われて解雇される。

1967年、カメオ-パークウェイ・レコードというレコード会社を買収してアブコ・レコードと改名。1969年にはビートルズと契約を結ぶが、クレインの悪い評判をミックから聞いていたポール・マッカートニーだけは契約しなかった。クレインは巧妙にも契約書に自分の名前を載せなかったことが後に問題となる。アップル・コアの改革に乗り出したクラインは、不採算部門の整理、著作権料のアップなどで功績を挙げるが、その強引なやり方からアップル・コア内で軋轢が生じ、ピーター・アッシャージェームス・テイラーと共にアップルを去る。さらに、ビートルズ解散に当たってポールが上記の理由によりメンバー3人を訴える事態にまで発展する。解散後もポールを除く3人との関係は続いたが、その後発覚した不正経理などの問題から訴訟合戦に発展し、1977年にアップル・コアがクレインに420万ドルを払ってようやく関係を清算した。ジョージ・ハリスンは「マイ・スウィート・ロード」の裁判でクレインに裏切られたことから彼とは絶縁した。

[編集]

クレインは2009年7月4日、ニューヨークでアルツハイマー病のため死去した[1][2]。アブコ・レコードは彼の息子のジョディが継いだ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]