ロニー・レーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロニー・レーン
Ronnie Lane.jpg
基本情報
出生名 ロナルド・フレデリック・レーン
出生 1946年4月1日, イースト・ロンドン, プラーストウ
出身地 イースト・ロンドン
死没 1997年6月4日(満51歳没)
ジャンル R&B
サイケデリック
ロック
フォークロック
職業 シンガー, ソングライター, ベーシスト
担当楽器 ベース, ギター, ヴォーカル
活動期間 1965年 - 1992年
レーベル A&M
アトランティック・レコード
共同作業者 フェイセズ
スモール・フェイセス
著名使用楽器
Zemaitis

{{{Influences}}}

ロナルド・フレデリック・「ロニー」レーン(Ronald Frederick "Ronnie" Lane, 1946年4月1日 - 1997年6月4日)は、イギリスミュージシャンスモール・フェイセス(1965-69)およびフェイセズ(1970-75)の創立者、ベーシストとして最も知られる。彼は1973年にフェイセズを脱退し、自らのバンド、スリム・チャンスを結成した。


来歴[編集]

シングル「ハウ・カム」「密漁者」の成功後、彼はアイランド・レコードに移籍し『スリム・チャンス』と『ワン・フォー・ザ・ロード』をリリースする。1976年にスモール・フェイセズの再結成ライヴに誘われるが、二度のリハーサル後に参加を取りやめる。しかしながら、再結成スモール・フェイセズの一員としてアトランティック・レコードとの契約が成立していたため、WEA/アトランティックはレコードリリースの義務があると彼に通知した。ザ・フーピート・タウンゼントが彼に手を貸し、二人はアルバム『ラフ・ミックス』を録音し1977年にリリースした。同作のリリースでレーンはWEAとの契約義務から解放された。

レーンが彼の母親も苦しめられた多発性硬化症と診断されたのは『ラフ・ミックス』の録音直後であった。病状は軽度であり、彼はツアーを行い、曲を書き、エリック・クラプトンと共にレコーディングを行った。彼のラスト・アルバム『シー・ミー』は二人が共に作った曲が何曲か収められている。

1980年代になるとレーンの病状が悪化する。1983年、多発性硬化症の研究機関を支援するためのチャリティ・コンサート「ARMSコンサート」を提唱した。このコンサートは9月に行われ、エリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジの3人が「いとしのレイラ」で共演したことが話題となり、ビル・ワイマンチャーリー・ワッツなども参加。コンサートの終盤にはレーン本人もステージに登場した。1990年には、旧友イアン・マクレガンと共に最初で最後の来日公演を行った。

ディスコグラフィ[編集]

  • エニィモア・フォー・エニィモア - Anymore For Anymore
  • スリム・チャンス - Ronnie Lane's Slim Chance
  • ワン・フォー・ザ・ロード - One For The Road
  • シー・ミー - See Me
  • ユー・ネヴァー・キャン・テル - You Never Can Tell (The BBC Sessions)
  • Kuschty Rye (The Singles 1973-1980)
  • ティン・アンド・タンバリン - Tin and Tambourine (compilation)
  • ロケット69 - Rocket 69 (Live on German TV)
  • Live In Austin
  • ラフ・ミックス - Rough Mix (ピート・タウンゼントとの共作)
  • Mahoney's Last Stand (ロン・ウッドとの共作)

外部リンク[編集]