ジミー・マカロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・マカロック
}
基本情報
出生 1953年6月4日
死没 1979年9月27日(26歳)
ジャンル ロック, ハードロック
職業 音楽家, 作曲家
担当楽器 ボーカル, ギター, ベース
活動期間 1967-1979
共同作業者 ワン・イン・ア・ミリオン, ウイングス, サンダークラップ・ニューマン, ストーン・ザ・クロウズ, スモール・フェイセズ, The Dukes, Blue

ジェームズ「ジミー」マカロックJames 'Jimmy' McCulloch1953年6月4日 - 1979年9月27日)は、スコットランドグラスゴー出身のミュージシャンである。1974年から1977年までポール・マッカートニーウイングスのリード・ギターを務めたことで最も知られている。それ以前、マカロックはグラスゴーのサイケデリック・バンド、「ワン・イン・ア・ミリオン」、「サンダークラップ・ニューマン」、「ストーン・ザ・クロウズ」のメンバーとして活動した[1]。彼はまた多くのミュージシャンのアルバムに参加し、ジョン・エントウィッスルの『ウィッスル・ライム』(1972年)ではピーター・フランプトンと共に「"Apron Strings"」「"I Feel Better"」でリードギターを演奏した。マカロックはまた、ロジャー・ダルトリーの『One of the Boys』にも参加した。彼はザ・フーのメンバーやサンダークラップ・ニューマンのメンバーと大変親しかった。シャドウズハンク・マーヴィンは11歳の彼をバックアップした。彼の兄弟、ジャック・マカロックはドラム奏者である。

生い立ちと経歴[編集]

マカロックはスコットランドダンバートンに生まれ、クライドバンクカンバーノールドで成長した。ジャンゴ・ラインハルトに刺激を受け、11歳のときにギターを弾き始めた。その年に「The Jaygers」というサイケデリック・バンドを結成し、バンドは後に「ワン・イン・ア・ミリオン」と改名した。ワン・イン・ア・ミリオンはザ・フーの1967年ツアー時にサポートを務め、その年にシングル「"Fredereek Hernando"/"No Smokes"」をリリースした。2009年にリリースされたコンピレーション『Double Sight』ではこれらの曲と、バンドによるその他の曲を聞くことができる。

1967年4月、マカロックはロンドンのアレクサンドラ・パレスで開催された 14-Hour Technicolour Dream のイベントで「Utterly Incredible」、「Too Long Ago to Remember」、「Sometimes Shouting at People」と言ったバンドのリードギターを務めた[2]。その年、彼はワン・イン・ア・ミリオンのギタリストとしてアッパー・カットやその他のロンドン市内の会場におけるライブでギターを演奏した。

マカロックがその名を知られるようになったのは1969年、ザ・フーピート・タウンゼントの友人であるアンディ「サンダークラップ」ニューマン(ピアノ)、作曲家のジョン「スピーディ」キーン(ボーカル、ドラム)と共にバンド「サンダークラップ・ニューマン」を結成したときであった。バンドはその年、タウンゼントプロデュースによるシングル「"Something In The Air"」で7月に英国チャートで1位を獲得した。このヒットでマカロックは「英国1位獲得曲で演奏した最年少のギタリスト」となった。サンダークラップ・ニューマンはアルバム『Hollywood Dream』を発表したが、シングルの英国1位に続くような成功は得られなかった。バンドは1971年1月から4月中旬までイングランド、スコットランド、オランダ、スカンジナビアでツアーを行い、数週間後に解散した。

1971年10月、マカロックはジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズのイギリスおよびドイツにおけるライヴでギターを担当した。10月31日、自身のバンド「ベント・フレーム」がロンドンでステージデビューを果たす。バンドは間もなく「ジミー・マカロック・バンド」と改名し、1972年2月に「Leslie West's Mountain」のサポートとしてイギリスおよびスコットランドでツアーを行った。その時までに彼はセッション・ミュージシャンとしてクラウス・フォアマンハリー・ニルソンスティーブ・エリス、ジョン・エントウィッスルといったミュージシャンとのセッションに参加している。ました。

1972年5月、ストーン・ザ・クロウズのギタリスト、レス・ハーヴェイがステージ上の事故で感電死したため、マカロックは6月にハーヴェイの代わりとして加入する。マカロックはアルバム『Ontinuous Performance』完成のため「"Sunset Cowboy"」「"Good Time Girl"」でギターを演奏した。ストーン・ザ・クロウズは1973年6月に解散した。

1973年、マカロックはジョン・キーンのアルバム『Previous Convictions』でギターを演奏した。また、ブルーに加わってギターを演奏したり、ブライアン・ジョゼフ・フリエルのデビューアルバムで「ザ・ファントム」の仮名でギターを演奏している。

ポール・マッカートニー&ウイングス[編集]

1974年8月、マカロックはポール・マッカートニーのウイングスに加入する。マカロック加入後初めて発表された曲はシングル「ジュニアズ・ファーム」(1974年)である。

マカロックは『ヴィーナス・アンド・マース』の反ドラッグソング「メディシン・ジャー」を作曲し、『スピード・オブ・サウンド』でも「ワイノ・ジュンコ」を作曲した。どちらの曲も彼がリードボーカルを担当している。元ストーン・ザ・クロウズのドラマー、コリン・アレンが両方の曲の歌詞を担当した。

ウイングスでの活動と並行してマカロックは兄弟のジャック(ドラムス)、デイヴ・クラーク(ベース、キーボード、ボーカル)と共に「ホワイト・ライン」を結成した。ホワイト・ラインは数回のギグを行い、シングル「"Call My Name"/"Too Many Miles"」をリリースした。13曲入りのアルバム『White Line - Complete』は1994年にクラークのレーベル、マウス・レコードからリリースされた[3]。ホワイト・ラインはまた、1976年11月27日にイギリスのテレビ番組「Supersonic」に出演している。マカロックはこの他にも、「The Khyber Trifles」と共に2曲を録音(未発表)、ロンドンやグラスゴーでのライヴにも参加した。1977年にはロイ・ハーパーの『Bullinamingvase』やリッチ・マーティンの『Bleached』などに参加している。

1977年9月にマカロックはウイングスを脱退、再結成したスモール・フェイセズに加入し、同月に行われたイギリスでのツアーに参加した。アルバム『78イン・ザ・シェイド』(1978年)でギターを演奏している。1978年初めにマカロックはブライアン・ロバートソンジミー・ベインケニー・ジョーンズと共に「ワイルド・ホーセズ」を結成したが、その春には脱退した。79年には「ザ・デュークス」に参加した。彼の最後の曲は「"Heartbreaker"」であり、アルバム『The Dukes』(1979年)に収録されている。

メロディックで強くブルースで影響を受けたギタリストであったマカロックは、通常ギブソン・SGギブソン・レスポールを演奏した。マッカートニーがピアノやアコースティック・ギターを演奏する場合、彼はベースを演奏した。

[編集]

1979年9月27日、ロンドン西部にあるメイダヴェイル(Maida Vale)の自宅で死亡した。死因はヘロイン過剰摂取による心臓発作である。26歳だった[4]

参照[編集]

  1. ^ "Jimmy McCulloch" by Miguel Terol”. The Musicians' Olympus (1997年11月11日). 2007年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  2. ^ Article: Bell: Performance puzzling...and a plastic past, by Ian McDonald. New Musical Express, issue dated 25 November 1972.
  3. ^ Mouserecords.kastoffkinks.co.uk
  4. ^ Paul McCartney: A Life By Peter Ames Carlin. Simon & Schuster. p.248

外部リンク[編集]