レッド・ローズ・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッド・ローズ・スピードウェイ
ポール・マッカートニー&ウイングススタジオ・アルバム
録音 March - June &
September - October 1972年
except: "Get On The Right Thing" & "Little Lamb Dragonfly": begun in late 1970
ジャンル ロック
時間 4213
レーベル アップル/EMI
プロデュース ポール&リンダ・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
ポール・マッカートニー&ウイングス 年表
ワイルド・ライフ
(1971年)
レッド・ローズ・スピードウェイ
(1973年)
バンド・オン・ザ・ラン
(1973年)
テンプレートを表示

レッド・ローズ・スピードウェイRed Rose Speedway)は、1973年に発表されたポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム。日本では同年6月20日に東芝音楽工業(後の東芝EMI、現・EMIミュージック・ジャパン)からリリースされた。


解説[編集]

ビートルズ解散後にポール・マッカートニーが妻リンダデニー・レインらとともに結成したバンド、ウイングスの2枚目のアルバム。デビュー作『ウイングス・ワイルド・ライフ』はマスコミから酷評され、セールスもその前の2枚のソロ作品に及ばなかったため、所属レコード会社はマッカートニーに対し、アーティスト名に"ポール・マッカートニー"の名を表記するように命令した。そのため、このアルバムは"ポール・マッカートニー&ウイングス"名義となっている。

グループとしてのメンバーの結束を図るために行われた地道なライヴ活動と並行して、1972年にマッカートニーとウイングスはこのアルバムの制作を開始した。彼らはこの作品の録音作業におよそ半年を費やしている。『ラム』のセッションで録音されたもののボツにされていた楽曲を含め、ウイングスはこのアルバムのために30曲ほどの作品をレコーディングした。これらを当初2枚組のアルバムとして一気に発売する予定もあったが、最終的にはレコード会社の反対もあり、曲数を絞っている。

1973年の5月に発売されたこのアルバムは、ほぼ同時期にシングル・カットされた「マイ・ラヴ」のヒットも追い風となって前作を大きく上回る成功を収めた。とりわけビルボードのアルバムチャートでは、同時期に発売されたジョージ・ハリスンのアルバム『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』とともに元ビートルズのメンバーによるアルバム同士で首位争いを繰り広げ、アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートで、3週間に渡って第1位を記録している。1973年度年間ランキングは第33位、「キャッシュボックス」誌でも、連続3週間第1位を獲得し、1973年度年間ランキングも33位を記録している。アメリカだけで50万枚以上のセールスを記録している。イギリスでは、アルバム・チャートで最高位第5位だった。


このアルバムのアナログ盤のバックカバーには"We love you"と点字で記されている。これはマッカートニーが敬愛していたスティーヴィー・ワンダーへのメッセージであるとされ、彼らは1980年代に「エボニー・アンド・アイボリー」と「ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥーイング?」で共演を果たすことになる。

楽曲[編集]

このアルバムのハイライトはマッカートニーが妻リンダに向けて書いたラヴ・ソング「マイ・ラヴ」である。シングルとして発表され、全米で4週間に渡って首位を獲得したこのバラードは、ビートルズ解散後の彼の作品を頭ごなしに批判し続けていた音楽評論家からも高い評価を受け、一部ではマッカートニーにとって「イエスタデイ」以来の傑作とも賞賛された。彼自身もこの曲を後年のコンサート・ツアーでは頻繁に演奏している。

このアルバムの冒頭を飾る「ビッグ・バーン・ヘッド」は、1971年にマッカートニー夫妻が連名で発売したアルバム『ラム』の収録曲「ラム・オン」の後半部分を発展させて完成した楽曲である。また、「ゲット・オン・ザ・ライト・シング」と「リトル・ラム・ドラゴンフライ」は『ラム』のセッションで録音されたもののお蔵入りになっていたテイクをそのまま流用した作品なので、ギターを弾いているのはウイングスのメンバーではない。

ビートルズが『アビイ・ロード』のB面でとった、未完成の短い楽曲をつなげてメドレー形式にする手法をマッカートニーは1970年代以降も好んで使った。このアルバムの最後を飾るトラックも、4つの楽曲から構成される11分のメドレーである。なお、「ホールド・ミー・タイト」という作品はビートルズの1963年のアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』にも収録されているが、このアルバムに収められているのは同名異曲である。

当時のウイングスには「マイ・ラヴ」以外にも、映画『007 死ぬのは奴らだ』の同名主題歌や「ハイ・ハイ・ハイ」などいくつかのヒット曲が存在するが、これらはアルバムが発表された当初本編には収められなかった。しかし、1993年にデジタル・リマスターを施された現行盤が発売された際に、一部のシングルのみで発売された楽曲もボーナス・トラックとして収録された。「マイ・ラヴ」のカップリングとしてリリースされた「ザ・メス」は、黎明期のウイングスにとっては公式発表された唯一のライヴ・テイクである。彼らの初期のステージでは、マッカートニーのみならず妻のリンダやデニー・レインなども一部リード・ヴォーカルをとっていた。レインが歌う「アイ・ライ・アラウンド」は、初めてマッカートニー以外のメンバーがスタジオ録音作品のなかでリードをとったウイングスの楽曲である。

収録曲[編集]

  1. ビッグ・バーン・ベッド - "Big Barn Bed" - 3:50
  2. マイ・ラヴ - "My Love" - 4:08
  3. ゲット・オン・ザ・ライト・シング - "Get On The Right Thing" - 4:16
  4. ワン・モア・キッス - "One More Kiss" - 2:29
  5. リトル・ラム・ドラゴンフライ - "Little Lamb Dragonfly" - 6:20
  6. シングル・ピジョン - "Single Pigeon" - 1:53
  7. ホエン・ザ・ナイト - "When The Night" - 3:37
  8. ループ - "Loup (1st Indian On The Moon)" - 4:23
  9. メドレー - Medley - 11:16
    1. ホールド・ミー・タイト - "Hold Me Tight"-ビートルズに同じ名前の曲があるが、同名異曲。
    2. レイジー・ダイナマイト - "Lazy Dynamite"
    3. ハンズ・オブ・ラヴ - "Hands of Love"
    4. パワー・カット - "Power Cut"

以下はボーナス・トラック

  1. Cムーン - "C Moon"
  2. ハイ・ハイ・ハイ - "Hi Hi Hi"放送禁止になった曲
  3. ザ・メス - "The Mess"
  4. アイ・ライ・アラウンド - "I Lie Around"

演奏者[編集]

ウイングス[編集]

外部ミュージシャン[編集]

チャート[編集]

アルバム[編集]

国名 チャート セールス
最高順位 登場週数 認定
アメリカ合衆国ビルボード 1(3週) 31 [1] Gold
英国 5 16[2] Gold
日本(オリコン) 13 18[3] 54,000

シングル[編集]

曲名 国名 チャート 最高順位 登場週数
1973年 マイ・ラヴ 北米 ビルボード/Hot100 1 (4週連続) 19
1973年 マイ・ラヴ イギリス ミュージック・ウィーク 9 11
1973年 マイ・ラヴ 日本 オリコン 39 17