バンド・オン・ザ・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンド・オン・ザ・ラン
ポール・マッカートニー&ウイングススタジオ・アルバム
リリース 1973年12月7日
録音 1973年9月 - 10月
ラゴス、ナイジェリア
ジャンル ロック
時間 41:05
レーベル アップル・レコード
プロデュース ポール・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4hvof5.svg link
  • The Music Box 5of5.svg link
  • Robert Christgau (C+) link
  • Rolling Stone (not rated) link
ポール・マッカートニー&ウイングス 年表
レッド・ローズ・スピードウェイ
(1973年)
バンド・オン・ザ・ラン
(1973年)
ヴィーナス・アンド・マーズ
(1975年)
テンプレートを表示

バンド・オン・ザ・ラン (Band on the Run) は、1973年にリリースされたポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム。ビートルズ解散後のポールのアルバムとしては5作目、ウイングス(ポール・マッカートニー&ウイングス名義を含む)名義では3作目にあたる。全英、全米とも1位に輝き、大ヒットを記録した。

解説[編集]

ビートルズ解散後、本作のリリース時点でポールはソロ、ウイングスとして商業的な成功を収めてはいたものの、その作品に対する音楽評論家の評価は決して高くなかった。しかし本作は非常に高い評価を受ける事となり、ポール・マッカートニーのソロ/ウイングスの最高傑作に挙げられることも多い。発表当時、反目していたとされるジョン・レノンからも絶賛された作品である。

ナイジェリアラゴスでのレコーディング前にメンバー2人が脱退したため、ポールとリンダ・マッカートニーデニー・レインの3名で制作された。特にポールは1人で様々な楽器を演奏し、ドラムも叩いている。「バンド・オン・ザ・ラン」をラジオで耳にしたザ・フーキース・ムーンが、『このドラムを叩いている(すごい)奴は誰なんだ!』と口にしたというエピソードがある。

イギリスのアルバム・チャートでは、リリースから半年以上経過した1974年の7月末から7週連続第1位を獲得し、トップ10内に計46週間もランクされるロング・ヒットとなった。アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートでは、断続的に4週間第1位を獲得し、トップ10内に32週間ランクされ、1974年度年間ランキング第3位、「キャッシュボックス」誌でも、断続的に4週間第1位を獲得し、1974年度年間ランキング第2位を記録した。アメリカだけで300万枚以上のセールスも記録している。ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーが最も成功したアルバムである。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、418位にランクイン[1]

カバー[編集]

カバー写真は1973年10月28日にハウンズローにあるオスタレー・パークの敷地内で撮影された。ポール、リンダ、デニーに加えて6名の有名人が囚人服を着て脱獄しようとしているところを刑務所のサーチライトで照らされたという設定である。

本作のカバーは後にポール自身が「スパイズ・ライク・アス」のプロモーションビデオでチェビー・チェイスダン・エイクロイドと共にパロディとして演じている。

イギリス盤[編集]

「ノー・ワーズ」(ポールとデニー・レインの共作)以外全曲ポール・マッカートニー作詞作曲。

  1. バンド・オン・ザ・ラン Band on the Run – 5:10
  2. ジェット Jet – 4:06
  3. ブルーバード Bluebird – 3:22
  4. ミセス・ヴァンデビルト Mrs Vandebilt – 4:38
  5. レット・ミー・ロール・イット Let Me Roll It – 4:47
  6. マムーニア Mamunia – 4:50
  7. ノー・ワーズ No Words – 2:33
  8. ピカソの遺言 Picasso's Last Words (Drink to Me) – 5:50
  9. 1985年 Nineteen Hundred and Eighty Five – 5:27

以下、ボーナストラック

  1. 愛しのヘレン "Helen Wheels"
  2. カントリー・ドリーマー "Country Dreamer"

アメリカ盤[編集]

本ヴァージョンはEMI傘下のキャピトル・レコードからリリースされ、各国ではアメリカ盤仕様でリリースされた。但し日本では通常盤はイギリス盤仕様、ピクチャー・レコード盤はアメリカ盤仕様でリリースされた。「ノー・ワーズ」(ポールとデニー・レインの共作)以外は全曲ポール・マッカートニー作詞作曲。

  1. バンド・オン・ザ・ラン Band on the Run – 5:10
  2. ジェット Jet – 4:06
  3. ブルーバード Bluebird – 3:22
  4. ミセス・ヴァンデビルト Mrs Vandebilt – 4:38
  5. レット・ミー・ロール・イット Let Me Roll It – 4:47
  6. マムーニア Mamunia – 4:50
  7. ノー・ワーズ No Words – 2:33
  8. 愛しのヘレン Helen Wheels – 3:44
  9. ピカソの遺言 Picasso's Last Words (Drink to Me) – 5:50
  10. 1985年 Nineteen Hundred and Eighty Five – 5:27

ボーナス・トラック (25th Anniversary Edition only)[編集]

特筆無い限りポールマッカートニー作詞作曲。

  1. PAUL McCARTNEY (Dialogue Intro) / Band on the Run (Nicely Toasted Mix) – 1:12
  2. Band on the Run (Original) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 1) – 2:17
  3. Band on the Run (Barn Rehearsal 21 July 1989) – 4:59
  4. PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 2) / Mamunia (Original) / DENNY LAINE (Dialogue) / Mamunia (Original) / LINDA McCARTNEY (Dialogue) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 3) – 4:23
  5. Bluebird (Live Australia - 1975) – 0:55
  6. Bluebird (Original)/ PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 4) – 0:23
  7. PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 5) / No Words(Original) / GEOFF EMERICK (Dialogue) – 1:24
  8. No Words (Original) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 6) / TONY VISCONTI (Dialogue) / Band on the Run (Original) / TONY VISCONTI (Dialogue) – 1:47
  9. Jet (Original from Picasso's Last Words) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 7) / Jet (Original from Picasso's Last Words) / AL COURY (Dialogue) – 2:55
  10. Jet (Berlin Soundcheck - 3 September 1993) – 3:52
  11. PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 8) / CLIVE ARROWSMITH (Dialogue) – 1:44
  12. Nineteen Hundred and Eighty Five (Original) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 9) / JAMES COBURN (Dialogue) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 10) / JOHN CONTEH (Dialogue) – 3:24
  13. Mrs Vandebilt (Original) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 11) / KENNY LYNCH (Dialogue) – 2:10
  14. Let Me Roll It (Cardington Rehearsal - 5 February 1993) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 12) – 3:52
  15. PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 13) /Mrs Vandebilt (Background) / MICHAEL PARKINSON (Dialogue) / LINDA McCARTNEY (Band on the Run Photo Shoot) (Dialogue) / MICHAEL PARKINSON (Dialogue) – 2:25
  16. Helen Wheels (Crazed) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 14) / CHRISTOPHER LEE (Dialogue) – 5:32
  17. Band on the Run (Strum Bit) /PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 15) / CLEMENT FREUD (Dialogue) – 1:01
  18. Picasso's Last Words (Original)/ PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 16) / DUSTIN HOFFMAN (Dialogue) – 4:22
  19. Picasso's Last Words (Drink to Me) (Acoustic Version) – 1:11
  20. Band on the Run (Nicely Toasted Mix) / PAUL McCARTNEY (Dialogue Link 17) – 0:42
  21. Band on the Run (Northern Comic Version) – 0:37

パーソナル[編集]

ゲスト[編集]

チャート[編集]

アルバム

チャート 順位
1974 Billboard Pop Albums 1

シングル

シングル チャート 順位
1974 "Band on the Run" Billboard Pop Singles 1
1974 "Helen Wheels" Billboard Pop Singles 10
1974 "Jet" Billboard Pop Singles 7

受賞[編集]

団体 日付
RIAA – USA Gold 1973年12月20日
BPI – UK Gold 1974年1月1日
RIAA – USA Platinum 1974年6月4日
BPI – UK Platinum 1975年5月1日
RIAA – USA Platinum 1991年11月27日
RIAA – USA Double Platinum 1991年11月27日
RIAA – USA Triple Platinum 1991年11月27日

グラミー受賞歴[編集]

Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocals をアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』で受賞。

同時にエンジニアリングで参加したジェフ・エメリックは、同アルバムで

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Paul McCartney and Wings, 'Band On The Run' | Rolling Stone

外部リンク[編集]