ジェフ・エメリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・エメリック
Geoff Emerick
基本情報
出生名 Geoffry Emerick
出生 1946年 (現在68歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
職業 音楽プロデューサー
レコーディング・エンジニア
活動期間 1962 -
共同作業者 ビートルズ
ポール・マッカートニー
ウイングス
バッドフィンガー
ロビン・トロワー
エルヴィス・コステロ
ジョージ・マーティン

ジェフ・エメリック ( Geoff Emerick, Geoffry Emerick ) は、イギリスの プロデューサー および エンジニア

彼のキャリアで最もよく知られているものとして、ビートルズのアルバム『リボルバー』『サージェント・ペパーズ』『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)』『アビイ・ロード』とポール・マッカートニー & ウイングスのアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』がある。

来歴[編集]

ビートルズ・セッション[編集]

ジェフ・エメリックが最初に務めたレコーディング・スタジオEMI ロンドン・スタジオ (現:アビー・ロード・スタジオ) で、15歳の時にアシスタント・エンジニアとして入る事になった。そしてビートルズの担当エンジニアだったノーマン・スミス ( Norman Smith ) のアシスタント業務で、ビートルズのレコーディング・セッションに参加していた。彼が初めてアシスタントとして参加したビートルズのセッションは、最終メンバーがピート・ベストからリンゴ・スターへとドラマーが決定した1962年頃で、最初のシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」の時期になる。そして初期の数々のビートルズ・セッションでアシスタント業務を続け、EMIレーベル内の他のセッションも時々手伝うようになり、ジュディ・ガーランド ( Judy Garland ) のセッションや、EMI側からの要請で、ホリーズ ( The Hollies ) のテスト・レコーディングなどへも参加するようになった。

アシスタント・エンジニアからチーフ・エンジニアへの昇格は、1966年にイギリス国内でNo.1 ヒットとなった マンフレッド・マン ( Manfred Mann ) の「プリティ・フラミンゴ」( Pretty Flamingo ) のエンジニアリングをやった事が切っ掛けとなっている。チーフ・エンジニアだったノーマン・スミスが新人アーティストのプロデュース業も行うようになりビートルズだけに専念できなくなってきたため、ジョージ・マーティンからの希望で、ノーマン・スミスの後釜としてジェフ・エメリックが抜擢され参加した1966年のアルバム『リヴォルバー』のレコーディング・セッションが初めてチーフ・エンジニアとしてビートルズのセッションに参加したアルバムになっている。そしてこのアルバムに収録されている「トゥモロー・ネバー・ノウズ」がジェフ・エメリックにとってビートルズの曲で最初にエンジニアリングした曲になっていて、ジョン・レノンからの要望で「ダライ・ラマチベットの山頂から説法しているような歌の聴こえ方にして欲しい」という抽象的な表現を実践させるために、この曲中で使用されたレスリー・スピーカーを駆使したコーラス効果など、様々なエフェクトや録音方法のアイデアなどをビートルズのメンバーとジョージ・マーティンから気に入られ、この時に開発した手法が後の中期以降作品におけるサウンド作りの出発点となっている。「トゥモロー・ネバー・ノウズ」では曲の後半に掛けてボーカル以外のバッキング・トラックもレスリー・スピーカーへ送り、ワン・コードでペダル・ノートに近いコード進行の曲に対して斬新なアプローチでエンジニアリングするなど、当時のポピュラー音楽の手法に様々なアイデアも持ち込んだ。

他にも『リボルバー』では「ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」におけるオン・マイキング [1] で収録されたブラス・セクションのサウンドや、同様にドラムスのバス・ドラムに対して立てられるマイクロフォンもオン・マイクで設置し「タックスマン」で聴けるようなアタック成分を強調した音作りをするなど、それまでのコンサバ的なエンジニアリング手法をどんどん変革していった。

その後はアルバム『サージェント・ペパーズ』のレコーディング・セッションでも様々なアイデアを元にした手法でエンジニアリングを行い、当時は4トラック [2] のテープ・レコーダーしか無かったため、スタジオのケン・タウンゼントとEMIの技術陣の協力の下で、複数台のテープ・レコーダーを同期運転させる技術的方法が具象化されたなかで、バッキング・トラック以外のオーケストラやその他の楽器をもう1台のテープ・レコーダーと同期運転させながら多重録音したり、その同期運転の技術を応用し「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」で聴く事が出来る「テープ・フランジング」や「ADT」(Artificial Double Tracking) などの方法を使って制作作業に参加していた。『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)』の頃になるとEMI ロンドン・スタジオ内の第1スタジオ、第2スタジオ、第3スタジオと同時並行作業でのレコーディングが行われたため、アルバム全ての曲に参加する事はなくなったが、アルバム『アビー・ロード』では同僚のフィル・マクドナルド ( Phil McDonald ) と共にジョージ・マーティンのもと、レコーディング・セッションに参加した。

ビートルズ以降[編集]

ビートルズ解散以降のジェフ・エメリックは様々なレコーディング・セッションにエンジニアまたはプロデューサーとして参加している。1970年11月に発売された バッドフィンガーのセカンド・アルバム『ノー・ダイス』のプロデュースを担当し、1973年にはポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』、1978年にはウイングスのアルバム『ロンドン・タウン』、1997年にはポール・マッカートニーのアルバム『フレイミング・パイ』へエンジニアとして参加している。他にも ジェフ・ベックエルヴィス・コステロのアルバム『インペリアル・ベッドルーム』と『オール・ディス・ユースレス・ビューティ』のプロデュース、アート・ガーファンクルアメリカスーパートランプチープ・トリック、スプリット・エンズ、ナザレスマハヴィシュヌ・オーケストラマシュー・フィッシャーの最初のソロ・アルバム『ジャーニーズ・エンド』、ウルトラヴォックス、ネリー・マッケイの大きな賞賛を受けた2004年のデビュー・アルバム『Get Away from Me』などがある。ロビン・トロワー の最も有名なアルバム『ブリッジ・オブ・サイズ』でエンジニアを担当し、当時はスリーヴ以外ではアルバム・ジャケット自体にスタッフ名がクレジットされる事はまだ無かったが、トロワーとプロデューサーの マシュー・フィッシャー と共に、その素晴らしい音が理由でアルバム・ジャケットにクレジットされることになった。

2006年にジェフ・エメリックは自身の回想録「Here, There, and Everywhere: My Life Recording the Music of The Beatles」(Gotham Books, ISBN 1-59240-179-1)をベテランの音楽ジャーナリスト、ハワード・マッセイとの共著で出版した。日本では「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実」として白夜書房から出版されている。

ジョージ・マーティンのように自身の仕事に挑戦的で実験的姿勢を持ち込んだレコーディング・エンジニアの中では、1960年代のスタジオ機材が貧弱だった時代にも関わらず果敢にチャレンジしたエンジニアだった。2003年にはグラミーの特別賞として技術面で貢献した人物に贈られる「Tech Award」を、生涯にわたる技術的業績に対して受賞している。ジェフ・エメリックにとっては4回目のグラミー受賞となる。

2007年4月3日には『サージェント・ペパーズ』を最近のミュージシャンによる再録音準備中と伝えられた。そのミュージシャン・リストの中には、オアシスザ・キラーズトラヴィスレイザーライト らが含まれていた。ジェフ・エメリックは新バージョンを録音する為に、当時EMI ロンドン・スタジオで使用していたオリジナル・ビンテージ機器を再び使用し、完成した新バージョンの音源は、BBC Radio 2でオリジナル・アルバム発売日からちょうど40周年目にあたる2007年6月2日に放送された。

グラミー受賞歴[編集]

ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
Best Engineered Album, Non-Classical 受賞。
ビートルズ『アビイ・ロード』
フィル・マクドナルド (Phil McDonald、エンジニア) と共に Best Engineered Album, Non-Classical 受賞。
ポール・マッカートニー& ウイングス『バンド・オン・ザ・ラン』
Best Engineered Album, Non-Classical 受賞。
長年の功労に対して送られる Special Merit Awards で Tech Award 受賞。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 隔月刊プロサウンド、2003年8月 / 第116号
  • 隔月刊プロサウンド、2002年2月 / 第107号
  • 隔月刊プロサウンド、2001年2月 / 第101号
  • 白夜書房刊「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実」ジェフ・エメリック・エメリック、ハワード・マッセイ (著)、奥田 祐士 (翻訳)

脚注[編集]

  1. ^ マイクロフォンを楽器の発音源に対して非常に近づけた状態で集音するマイキングの事。当時はマイクロフォンに対して、ダイアフラム(音源からの音響的空気波動を音声信号としての電気信号に変換するための丸い形状の非常に薄い金属製プレートの受音部分)へのダメージを危惧するため、EMI ロンドン・スタジオのテクニカル・エンジニア側からは「決して楽器の音源に対して近づけすぎないように!」と禁止令が出されていた。
  2. ^ トラックとは個別に録音再生できる記録チャンネルの事。