トニー・ヴィスコンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・ヴィスコンティ
トニー・ヴィスコンティ(2007年)
トニー・ヴィスコンティ(2007年)
基本情報
出生名 Anthony Edward Visconti
出生 1944年4月24日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ブルックリン
ジャンル ロックグラムロックプログレッシブ・ロックフォークロックハードロックニュー・ウェイヴ
職業 音楽プロデューサー編曲家
担当楽器 ギターベースフルートキーボードパーカッション
活動期間 1968年 -
共同作業者 T・レックス
デヴィッド・ボウイ
シン・リジィ
ムーディー・ブルース
公式サイト tony visconti v3.0

トニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti、1944年4月24日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の音楽プロデューサー / 編曲家。1968年にロンドンに移住して[1]、主にイギリスのミュージシャンの作品を手掛けた。

来歴[編集]

15歳までにはギターベースを演奏するようになり、一時はジャズ・ミュージシャンを目指していたこともあった[2]。その後、Ricardo & LatineersやSpeedy Garfin Bandでの活動を経て、1967年にはTony & Siegridという夫婦デュオとしてデビュー、「Long Hair」をローカル・ヒットさせた[1]

1968年にはロンドンに移り、1960年代末期にはティラノザウルス・レックスデヴィッド・ボウイ等の作品のプロデュースを始める。T・レックスとの関係は1970年代中期まで続き、ボウイとの関係は断続的ながら2000年代まで続いた。1971年にはメリー・ホプキンのアルバム『大地の歌』をプロデュースして、同年のうちにメリーと再婚(1981年に離婚[3])。1970年代には、グラムロックプログレッシブ・ロックフォークロック等の分野で多くのアルバムをプロデュースしている。メリー・ホプキンと結婚した。(彼女との間に娘のJessica Lee Morganを授かる) 1980年代には、ブームタウン・ラッツ等とも仕事を行い、また、ムーディー・ブルースのヒット曲「ユア・ワイルデスト・ドリーム」等にも貢献した[1]。1981年にメリー・ホプキンと離婚。1989年には、ジョン・レノンオノ・ヨーコのパーソナル・アシスタントだったメイ・パン英語版と結婚する(2000年に離婚[3])。


音楽的影響[編集]

ヴィスコンティは2008年4月のインタビューにおいて、最初期に影響を受けたプロデューサーとしてフィル・スペクタージョージ・マーティンデニー・コーデル英語版を挙げており[2]、作曲家としてはフィリップ・グラスを尊敬していると語った[2]

作品[編集]

プロデュース作品[編集]

アーティストの姓またはバンド名の五十音順に並べる。

その他参加作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]