バック・トゥ・ジ・エッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バック・トゥ・ジ・エッグ
ポール・マッカートニー&ウイングススタジオ・アルバム
リリース 1979年6月8日(英)
録音 1978年6月29日-1979年4月1日
ジャンル ロック
時間 42分01秒
レーベル MPL
イギリスの旗パーロフォン(オリジナル盤)→ヒア・ミュージック/コンコード(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗コロムビア(オリジナル盤)
キャピトル→ヒア・ミュージック/コンコード(リイシュー盤)
プロデュース ポール・マッカートニークリス・トーマス
専門評論家によるレビュー
ポール・マッカートニー&ウイングス 年表
ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
(1978年)
バック・トゥ・ジ・エッグ
(1979年)
マッカートニーII
(1979年)
テンプレートを表示

バック・トゥ・ジ・エッグBack To The Egg )は、1979年に発表されたウイングスのアルバム。

解説[編集]

ウイングスのラストアルバムであり、オリジナルアルバムとしては7枚目にあたる。アメリカではこのアルバムからビートルズ時代から在籍したキャピトル・レコードを離れて、CBS配下のコロムビア・レコードに移籍した。 新メンバーのローレンス・ジュバー(ギター)、スティーヴ・ホリー(ドラムス)は、このアルバムのみの参加となってしまった。 プロデューサーには、ピンク・フロイドエルトン・ジョンなどを手がけたクリス・トーマスを起用。

ピート・タウンゼントケニー・ジョーンズザ・フー)、デヴィッド・ギルモアピンク・フロイド)、ジョン・ボーナムジョン・ポール・ジョーンズレッド・ツェッペリン)、ゲイリー・ブルッカープロコル・ハルム)、ロニー・レイン(元スモール・フェイセス)など豪華メンバーが参加したロック版オーケストラ「ロケストラ」が話題となった。

英6位、米8位。

収録曲[編集]

  1. レセプション - Reception
  2. ゲッティング・クローサー - Getting Closer
  3. 今宵楽しく - We're Open Tonight
  4. スピン・イット・オン - Spin It On
  5. アゲイン・アンド・アゲイン・アンド・アゲイン - Again And Again And Again(デニーレイン作)
  6. オールド・サイアム・サー - Old Siam, Sir
  7. アロウ・スルー・ミー - Arrow Through Me
  8. ロケストラのテーマ - Rockestra Theme
  9. 君のために - To You
  10. アフター・ザ・ボール~ミリオン・マイルズ - After The Ball/Million Miles
  11. 冬のバラ〜ラヴ・アウェイク - Winter Rose/Love Awake
  12. ブロードキャスト - The Broadcast
  13. ソー・グラッド - So Glad To See You Here
  14. ベイビーズ・リクエスト -Baby's Request
    以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  15. デイタイム・ナイトタイム - Daytime Nightime Suffering
  16. ワンダフル・クリスマスタイム - Wonderful Christmastime
  17. 赤鼻のトナカイ - Rudolph The Red-Nosed Reggae(よく見られるクリスマスのトラッド)
  18. Goodnight Tonight (Long version)

※18.は2007年、iTunes Store販売版のボーナス・トラック。(12”収録バージョン)

演奏者[編集]

ロケストラ参加ミュージシャン[編集]