マッカートニーII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッカートニーII
ポール・マッカートニースタジオ・アルバム
リリース 1980年5月16日(英国)
録音 1979年7月-8月
ジャンル ロック
レーベル イギリスの旗MPL/パーロフォン
アメリカ合衆国の旗MPL/コロムビア(オリジナル盤)
MPL/キャピトル(リイシュー盤)
プロデュース ポール・マッカートニー
ポール・マッカートニー 年表
バック・トゥ・ジ・エッグ(ポール・マッカートニー&ウイングス
(1979年)
マッカートニーII
(1980年)
タッグ・オブ・ウォー
(1982年)
テンプレートを表示

マッカートニーII (McCartney II)は、ポール・マッカートニー1980年に発表したアルバム。

全米3位、全英1位を記録。

概要[編集]

1980年1月16日、ウイングス日本公演の為に来日した際、ポールが成田空港の税関で大麻取締法違反(不法所持)で現行犯逮捕されるという事件が起こった。ポールはこれにより数日間の勾留のあと日本からの国外退去処分を受けて本国に帰国、日本公演は中止になってしまう。この一件以降ウイングスは活動休止、翌年の1981年4月、結成以来のメンバーであったデニー・レインの脱退表明によって解散することになる。 本作は、その逮捕事件の数ヶ月後にポール・マッカートニー名義のソロ・アルバムとしてリリースされ、その話題性もあり英国1位、米国3位のヒットとなった。

『ポール・マッカートニー』名義のアルバムはビートルズ解散直後の『マッカートニー』以来10年ぶりであり、本作も『マッカートニー』同様、自宅スタジオでのワンマン・レコーディングにより制作された。録音機材は『マッカートニー』制作時の4トラックから16トラックに進歩しており、テクノ風の打ち込みなども導入されている。シングルカットされ、久々の大ヒット曲となった「カミング・アップ」や、「ウォーターフォールズ」などを収録しているほか、ニュー・ウェーブを意識したかのようなテクノ・ポップ作品や、日本を揶揄したかのような東洋風味のインスト「フローズン・ジャパニーズ」など、他のポールの作品には見られない風変わりな曲も多く収録されている。

収録曲[編集]

  1. カミング・アップ - Coming Up
  2. テンポラリー・セクレタリー - Temporary Secretary
  3. オン・ザ・ウェイ - On The Way
  4. ウォーターフォールズ - Waterfalls
  5. ノーボディ・ノウズ - Nobody Knows
  6. フロント・パーラー - Front Parlour
  7. サマーズ・デイ・ソング - Summer's Day Song
  8. フローズン・ジャパニーズ - Frozen Jap
  9. ボギー・ミュージック - Bogey Music
  10. ダークルーム - Darkroom
  11. ワン・オブ・ディーズ・デイズ - One Of These Days
    以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  12. チェック・マイ・マシーン - Check My Machind
  13. シークレット・フレンド - Secret Friend
  14. グッドナイト・トゥナイト - Goodnight Tonight(ウイングス)