ロンドン・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン・タウン
ポール・マッカートニー&ウイングススタジオ・アルバム
リリース 1978年3月31日
録音 1977年2月-1978年1月
時間 51分29秒
レーベル パーロフォン、EMI
プロデュース ポール・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ポール・マッカートニー&ウイングス 年表
ウイングス・オーヴァー・アメリカ
(1976年)
ロンドン・タウン
(1978年)
グレイテスト・ヒッツ
(1978年)
テンプレートを表示

ロンドン・タウン』(London Town)は、1978年3月31日にリリースされたウイングスのアルバム。ビートルズ解散後のポールのアルバムとしては8作目、ウイングス名義では6作目にあたる。イギリスで4位、アメリカで2位を記録した。

解説[編集]

1977年2月にロンドンのアビー・ロード・スタジオでレコーディングを開始。5月からはヴァージン諸島に浮かぶ船で洋上レコーディングが行われたが、帰英後ジミー・マカロックジョー・イングリッシュがウイングスから脱退したため、"Girlfriend"や"Deliver Your Chirdren"など何曲かはポールとリンダ・マッカートニーデニー・レインの3人によって完成した(当時リンダは産休に入っていたため、事実上ポールとデニー)。但し、アルバムジャケットはポール、リンダ、デニーの3人だけが写っているが、アルバム・クレジットにはジミーとジョーもメンバーとして記載されている。

伝統音楽に関心が深いデニーの影響もあり、トラッド調の楽曲が多い。"Children Children"と"Deliver Your Chirdren"はデニーがリードヴォーカルを担当している。

アルバム・チャートは、イギリスでは4位、アメリカでは6週連続2位と、1973年の『レッド・ローズ・スピードウェイ』から続いていた連続第1位獲得は果たせなかった。これは、ビージーズが音楽担当した映画『サタディ・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックに阻まれたからだった。

アナログ版では"I've Had Enough"までがA面だった。

収録曲[編集]

(特筆ない限りポール・マッカートニー作詞作曲) ※ウィングスのアルバムの中では、最もデニー・レインとの作品が多い

  1. たそがれのロンドン・タウン - London Town 4:06(&デニー・レイン)
  2. セーヌのカフェ・テラス - Cafe on the Left Bank 3:24
  3. アイム・キャリング - I'm Carrying 2:41
  4. なつかしの昔よ - Backwards Traveller 1:09
  5. カフ・リンクをはずして - Cuff Link 1:53
  6. チルドレン・チルドレン - Children Children 2:20(&デニー・レイン)
  7. ガールフレンド - Girlfriend 4:38
  8. 別れの時 - I've Had Enough 3:00
  9. しあわせの予感 - With a Little Luck 5:43
  10. 伝説のグルーピー - Famous Groupies 3:34
  11. 子供に光を - Deliver Your Chirdren 4:15(&デニー・レイン)
  12. ネーム・アンド・アドレス - Name and Address 3:06(&デニー・レイン)
  13. ピンチをぶっ飛ばせ - Don't Let It Bring You Down 4:31(&デニー・レイン)
  14. モース・ムースとグレイ・グース - Morse Moose and the Grey Goose 6:24(&デニー・レイン)
    以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  15. ガールズ・スクール - Girls' School 4:34
  16. 夢の旅人 - Mull of Kintyre 4:41(&デニー・レイン)

パーソナル[編集]

  • ポール・マッカートニー – Vocal,Guitar ,Bass, Keyboards, Drums, Percussion, Violin,Flageolet,Recorder
  • リンダ・マッカートニー – Vocal, Keyboards, Percussion
  • デニー・レイン – Vocal,Guitar ,Bass, Flageolet,Recorder, Percussion
  • ジミー・マカロック – Guitar, Percussion
  • ジョー・イングリッシュ – Vocal,Drums, Percussion,Harmonica