サタデー・ナイト・フィーバー (サウンドトラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サタデー・ナイト・フィーバー
Saturday Night Fever
ビージーズ/Various Artists の サウンドトラック
リリース 1977年11月15日
録音 1977年
ジャンル ディスコ
時間 74:06
レーベル RSO、リプリーズ・レコード
プロデュース アリフ・マーディン
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever: The Original Movie Sound Track)は大ヒット映画、サタデー・ナイト・フィーバーサウンドトラックである。

概要[編集]

ビージーズは、映画向け「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」「愛はきらめきの中に」(以上はビージーズが演奏)「モア・ザン・ア・ウーマン」(映画では2バージョン使われており、片方はタヴァレス、もう片方はビージーズである)、「アイ・キャント・ハヴ・ユー」(イヴォンヌ・エリマンが映画の中で演奏している)の5曲を書き下ろした。また、既に発表されていた「ジャイヴ・トーキン」と「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」の2曲も、サウンドトラックに収録された。他にディスコ時代に既に発売されていた曲も映画の音楽として使われた。

ビージーズの曲に加えて、デヴィッド・シャイアがさらに音楽を作曲及び編曲した。シャイアが作った3曲、「マンハッタン・スカイライン」「禿山の一夜」「サルセイション」がサウンドトラックに収録されている。他の5曲、「トニー・アンド・ステファニー」「Near the Verrazano Bridge」「Barracuda Hangout」「デス・オン・ザ・ブリッヂ」「オール・ナイト・トレイン」は映画では使用されているが、CD未収録である。

最近になってビージーズがアルバムのマスターテープを再び管理するようになり、リプリーズ・レコードから再発売された。

「ジャイヴ・トーキン」は、発売当時にはオリジナル・バージョンが収録されていたが、後のLPにはライブ・アルバム『ビー・ジーズ・グレイテスト・ライヴ』からの音源が収録されていた。CD化以降は、オリジナル・バージョンに戻されている。「ジャイヴ・トーキン」は、トニー・モレノが土曜の夜に初めてディスコに訪れた次の日のシーンで使われる予定だったが、その部分は最終版のフィルムで、シーンも曲もカットされた。

記録[編集]

映画が商業的成功を収め、主にビージーズによる楽曲がヒット。ビルボード200では24週連続1位という驚異的なチャート・アクションを見せ、アメリカでは「サタデー・ナイト・フィーバー」の文化的影響は非常に大きいものがある。カナダでは22週連続1位、イギリスでは18週連続1位、オーストラリアでは14週連続1位を獲得するというメガヒットを遂げ、全世界でサウンドトラックとしては過去最高の4000万枚を叩き出した。

グラミー賞最優秀アルバム賞を獲得。

ビルボードミュージック・チャートのポップ・アルバムとソウル・アルバムそれぞれで1位を獲得し、世界で最も売れたアルバムとなったが、1984年マイケル・ジャクソンの『スリラー』がその記録を更新した。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、132位にランクイン[1]

曲順[編集]

A面[編集]

  1. ステイン・アライヴ - "Stayin' Alive"(ビージーズ) - 4:45
  2. 愛はきらめきの中に - "How Deep Is Your Love"(ビージーズ) - 4:05
  3. 恋のナイト・フィーバー - "Night Fever"(ビージーズ) - 3:33
  4. モア・ザン・ア・ウーマン - "More Than a Woman"(ビージーズ) - 3:17
  5. アイ・キャント・ハヴ・ユー - "If I Can't Have You"(イボンヌ・エリマン)- 2:57

B面[編集]

  1. 運命’76 - "A Fifth of Beethoven"(ウォルター・マーフィー) - 3:03
  2. モア・ザン・ア・ウーマン - "More Than a Woman"(タヴァレス) - 3:17
  3. マンハッタン・スカイライン - "Manhattan Skyline"(デヴィッド・シャイアー) - 4:44
  4. カリプソ・ブレイクダウン - "Calypso Breakdown"(ラルフ・マクドナルド) - 7:50

C面[編集]

  1. 禿山の一夜 - - "Night on Bald Mountain"(デヴィッド・シャイアー)- 5:12
  2. 開けゴマ - "Open Sesame"(クール・アンド・ザ・ギャング) - 4:01
  3. ジャイヴ・トーキン - "Jive Talkin'"(ビージーズ) - 3:43
  4. ユー・シュッド・ビー・ダンシング - "You Should Be Dancing" (ビージーズ) - 4:14
  5. ブギー・シューズ - "Boogie Shoes"(KC&ザ・サンシャイン・バンド) - 2:17

D面[編集]

  1. サルセイション - "Salsation"(デヴィッド・シャイアー) - 3:50
  2. ケイジー - "K-Jee"(MFSB) - 4:13
  3. ディスコ・インフェルノ - "Disco Inferno"(トランプス) - 10:51
  • 「ジャイヴ・トーキン」は映画本編で使用されていない。

クレジット[編集]

     なおBig Apple BandにはNile RodgersとBernard Edwards(いずれもChic)が参加している。

  • バリー・ギブ
  • カーマイン・ディーアミコ - ギター、エレクトリックギター
  • モーリス・ギブ
  • KC&ザ・サンシャイン・バンド - 演奏
  • アリフ・マーディン - プロデューサー
  • デヴィッド・シャイアー - 演奏、編曲
  • ジョン・トブラー - ライナーノーツ
  • ビル・オークス - コンピレーション、アルバムスーパーバイザー

チャート[編集]

チャート 順位
1978年 アメリカ合衆国 Billboard Black Albums 1
1978年 アメリカ合衆国 Bilboard Pop Albums 1
1978年 オーストラリア ケント・ミュージック・レポート・アルバム・チャート 1
1978年 日本 オリコン・アルバム・チャート 1
1978年 カナダ RPMアルバム・ナンバーワンチャート 1


シングル チャート 順位
1977年 愛はきらめきの中に Adult Contemporary 1
1977年 愛はきらめきの中に Pop Singles 1
1978年 恋のナイト・フィーバー Black Singles 8
1978年 恋のナイト・フィーバー Pop Singles 1
1978年 アイ・キャント・ハヴ・ユー Pop Singles 1
1978年 ステイン・アライヴ/恋のナイト・フィーバー/モア・ザン・ア・ウーマン Club Play Singles 3
1978年 ステイン・アライヴ Pop Singles 1
1978年 ステイン・アライヴ R&B Singles 4

Billboard Hot 100

シングル 順位
1975年 ジャイヴ・トーキン 1
1976年 運命’76 1
1976年 ユー・シュッド・ビー・ダンシング 1
1977年 愛はきらめきの中に 1
1978年 恋のナイト・フィーバー 1
1978年 アイ・キャント・ハヴ・ユー 1
1978年 ステイン・アライヴ 1

脚注[編集]

  1. ^ RollingStone Music

外部リンク[編集]

先代:
フリートウッド・マック
Billboard 200ナンバーワンアルバム(24週連続1位)
1978年1月21日 - 7月7日
次代:
ジェリー・ラファティーシティ・トゥ・シティ
先代:
リンダ・ロンシュタット夢はひとつだけ
ケント・ミュージック・レポートナンバーワン・アルバム(14週連続1位)
1978年3月20日 - 6月25日
次代:
ミートローフ地獄のロック・ライダー
先代:
フリートウッド・マック
カナディアンナンバーワン・アルバム(22週連続1位)
1978年2月4日 - 6月1日
次代:
ミートローフ地獄のロック・ライダー
先代:
ナット・キング・コール「20 Golden Greats」
全英アルバムチャートナンバーワン・アルバム(18週連続1位)
1978年5月6日 - 9月2日
次代:
ボニーMヴィーナスの冒険