マサチューセッツ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マサチューセッツ
ビージーズシングル
収録アルバム ホリゾンタル
B面 「ベイカー・オブ・UFO」
リリース 1967年9月
録音 1967年8月9日、17日
イギリスの旗 イギリスロンドン
ジャンル オールディーズ
時間 2分22秒
作詞・作曲 バリー・ギブロビン・ギブモーリス・ギブ
プロデュース ロバート・スティッグウッド、ビージーズ
ビージーズ シングル 年表
「ホリデイ」
(1967年)
マサチューセッツ
(1967年)
「ワールド」
(1967年)
テンプレートを表示

マサチューセッツ」(Massachusetts) は、オーストラリアの音楽グループであるビージーズが1967年に発表した楽曲である[1]。この曲のメイン・ボーカルはロビン・ギブが務めているため、後にロビンのコンサートでの主要曲となった。また、この曲は1968年のビージーズのアルバム『ホリゾンタル』(Horizontal) に収録された。マサチューセッツは、ビージーズにとってオーストラリアとイギリスで初めてとなるナンバー1ヒットとなり、世界中で500万枚を超える空前のヒットとなった[2]

歴史[編集]

ビージーズのバリーロビンモーリス・ギブがこの曲を書いたのは、オーストラリアの音楽グループであるザ・シーカーズに提供するためだったが、結局録音されずにザ・シーカーズは1968年に解散してしまった。

ビージーズがこの曲を書いたときは、まだマサチューセッツには行ったことがなかった[1]。彼らはマサチューセッツという語感が単に好きだった。

モーリス・ギブは、この曲に悲しい詞をつけた。この曲が録音された直後、ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインは、この曲は美しいため夏にヒットするとモーリスへ話した。なお、エプスタインはこの曲が発表された1967年に亡くなっている。

この曲はイギリスのラジオの歴史を飾っている。それは、BBC Radio 1 で2曲目に流された楽曲である(1曲目はザ・ムーブの「雨の中の想い出」)[3]

このシングルは、日本の公式ヒット・チャートであるオリコンで、日本人以外の歌手で初めてナンバー1ヒットとなった。「マサチューセッツ」は世界の各国で1位を獲得したが、マサチューセッツ州があるアメリカ合衆国では11位に留まった[4]

チャート[編集]

チャート 最高位
オーストラリア 1
オーストリア 1
ベルギー 1
カナダ 1
チリ 1
中華人民共和国 2
フランス 4
西ドイツ 1
イタリア 5
日本 1[5]
オランダ 1
ニュージーランド 1
ノルウェー 1
南アフリカ共和国 1
スウェーデン 1
イギリス 1[6]
アメリカ合衆国 11[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Show 49 - The British are Coming! The British are Coming!: With an emphasis on Donovan, the Bee Gees and the Who. [Part 6] : UNT Digital Library
  2. ^ Billboard Vol. 85, No. 34. Nielsen Company. (1973-08-25). p. 18. http://books.google.com.pe/books?id=KAkEAAAAMBAJ&q=%22five+million+copies+of%22#v=snippet&q=%22five%20million%20copies%20of%22&f=false 2012年3月21日閲覧。. 
  3. ^ source: BBC Radio 1 press office
  4. ^ a b Bee Gees - AllMusic”. Awards. 2012年6月30日閲覧。
  5. ^ あの時代のヒット曲 Vol.13!1968/4/1付オリコンチャート”. Oricon (2006年2月27日). 2012年5月26日閲覧。
  6. ^ ChartArchive - The Bee Gees - Massachusetts”. 2012年5月26日閲覧。
先代:
ラスト・ワルツ」 by エンゲルベルト・フンパーディンク
全英シングルチャート ナンバー1シングル
1967年10月11日(4週間)
次代:
「Baby Now That I've Found You」 by ザ・ファウンデーションズ