若葉のころ (ビージーズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若葉のころ (First of May)
ビージーズシングル
収録アルバム Odessa
B面 イギリスの旗/アメリカ合衆国の旗:"Lamplight" (lead vocals Robin Gibb) (Original issue)
日本の旗メロディ・フェア(1969年)
愛はきらめきの中に (1996年再発盤)
リリース イギリスの旗:1969年1月
アメリカ合衆国の旗:1969年3月[1]
規格 45回転シングル盤
録音 1968年11月
イギリスの旗ロンドンIBCスタジオ
ジャンル オールディーズ
時間 2:49
レーベル イギリスの旗Polydor 56304
アメリカ合衆国の旗/カナダの旗Atco 45-6657
作詞・作曲 バリー・ギブ/ロビン・ギブ/モーリス・ギブ
プロデュース ロバート・スティッグウッド, ビージーズ
ゴールド等認定

ゴールド日本の旗日本レコード協会

ビージーズ シングル 年表
"I Started a Joke"
(1968)
"First of May"
(1969)
"Tomorrow Tomorrow"
(1969)
テンプレートを表示

若葉のころ」(わかばのころ、First of May)は、ビージーズバリー・ギブのリード・ボーカルでレコーディングし、1969年のダブル・アルバム『Odessa』に収録され、シングル盤としても発売された楽曲。シングル盤のB面は、ロビン・ギブがリードを歌う「ランプライト (Lamplight)」だった。「若葉のころ」をA面に選んだのは、当時ビージーズのマネージャーだったロバート・スティッグウッド (Robert Stigwood) であった。ロビン・ギブがグループを離れたこともあり、このアルバムからシングル・カットされたのはこの曲だけとなった[2]

レコーディングとリリースの経緯[編集]

この曲は、ロビン・ギブビージーズを離れる原因のひとつとなった。ロビンは自分の曲「ランプライト」をアルバムからの最初のシングル盤にしたいと望んでいたが、バリーは「若葉のころ」の方がよいと考えていた。結局、バリーの判断が採用され、ロビンはバンドをやめた。

この今日は、まず1968年8月16日ニューヨークでデモ・テープが録音された[3]。同年遅く、ロンドンIBCスタジオ英語版で、ビル・シェパード (Bill Shepherd) の編曲によるオーケストラが加えられ、この曲は大きく作り替えられた。バリー・ギブは、『Tales from the Brothers Gibb』において、この曲の原題(First of May:「5月1日」の意)は、愛犬バーナビー (Barnaby) の誕生日から思いついたと述べている[4]

最初のリリース以来、「若葉のころ」は何回かチャートを上昇することがあった。1971年にこの曲は、幼い少年少女の恋心を描いたイギリス映画『小さな恋のメロディ』のサウンドトラックに使われた[5]1983年には、トヨタ・カムリ(2代目)のCMソングとして使用された。1996年には、日本テレビドラマ若葉のころ』のテーマ曲として使用された[6]。この曲は日本ではCDで再発売され、そこそこの成功を何度も収め、総売上は10万枚以上に上っている[7]

カバー・バージョン[編集]

この曲のカバー・バージョンには、マット・モンロー (Matt Monro)、ホセ・フェリシアーノ1969年RCAからリリースされた『Feliciano/10 To 23』に収録[8])、シラ・ブラック (Cilla Black)(1971年のアルバム『Images』)、トニー・ハドリー (Tony Hadley)(1998年のシングル盤)によるものがある。2005年ロビン・ギブは、イギリスのボーカル・グループG4との共演で「若葉のころ」を再録音し、このバージョンはG4のアルバム『G4 & Friends』に収録された。この曲は、イギリスソプラノ歌手サラ・ブライトマンも公演でしばしば取り上げており、One Night in Eden[9]La LunaSymphony といったツアーで歌われた[10]アイルランドバラッド・グループ、ウルフ・トーンズ (The Wolfe Tones) も、アルバム『Let the People Sing』でこの曲を取り上げている。

チャート[編集]

チャート (1969年) 最高位
オランダ Dutch Top 40 シングル・チャート 2
ドイツ Media Control シングル・チャート[11] 3
アイルランド・シングル・チャート[12] 4
全英シングルチャート[13] 6
オーストラリア ケント・ミュージック・レポート 15
アメリカ合衆国 キャッシュボックス[14] 18
アメリカ合衆国 ビルボードホット100 37
日本 オリコン・シングル・チャート[15] 80
チャート (1996年) 最高位
日本 オリコン・シングル・チャート[16] 25

出典・脚注[編集]

  1. ^ Spicks & Specks: Bee Gees Singles Discography
  2. ^ Bilyeu, Melinda; Hector Cook, Andrew Môn Hughes, with Joseph Brennan and Mark Crohan (2000). Bee Gees: Tales of the Brothers Gibb (New Revised Version ed.). London, New York: Omnibus Press. pp. 208-209. 
  3. ^ Brennan, Joe. “Gibb Songs 1968”. Joseph Brennan. 2012年5月25日閲覧。
  4. ^ Bilyeu, Melinda; Hector Cook, Andrew Môn Hughes, with Joseph Brennan and Mark Crohan (2000). Bee Gees: Tales of the Brothers Gibb (New Revised Version ed.). London, New York: Omnibus Press. p. 212. 
  5. ^ The BeeGees First of May”. popularsong.org. 2012年5月25日閲覧。
  6. ^ 今日は一日“90年代テレビドラマ主題歌”三昧”. 日本放送協会. 2012年5月25日閲覧。
  7. ^ s-ビー・ジーズ(2007年10月16日時点のアーカイブ
  8. ^ Discogs: Jose Feliciano – 10 To 23
  9. ^ Fleming, John (1999年7月11日). “Brightman delights the ears”. St Petersburg Times: p. 2B 
  10. ^ Hernández, Ricardo (2008年11月10日). “Sarah Brightman captivates Mexican audiences” (Spanish). El Occidental. http://www.oem.com.mx/eloccidental/notas/n926373.htm 
  11. ^ Musicline.de Chartsverfolgung: First Of May
  12. ^ The Irish Charts - 曲名欄に「FIRST OF MAY」と入力して検索すれば表示される
  13. ^ ChartArchive: First Of May
  14. ^ CASH BOX Top 100 Singles, Week ending APRIL 19, 1969
  15. ^ 『オリコンチャート・ブック アーティスト編 昭和43年 - 昭和62年』(オリジナルコンフィデンス/1988年/ISBN 978-4871310215)p.261
  16. ^ ORICON STYLE