メロディ・フェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メロディ・フェア
ビージーズシングル
収録アルバム オデッサ
小さな恋のメロディ(サウンドトラック)
リリース 日本の旗 日本1971年6月10日
録音 1968年
ジャンル ポップスロック
時間 3分49秒
作詞・作曲 バリー・ギブロビン・ギブモーリス・ギブ
プロデュース ロバート・スティグウッド
チャート最高順位

3位(日本

ビージーズ シングル 年表
傷心の日々
1970年
メロディ・フェア
1971年
ロンリー・デイ
1971年
テンプレートを表示

メロディ・フェア」(Melody Fair)は、イギリス出身の3人グループ、ビージーズが発表した曲。ビージーズのメンバーであるバリー・ギブロビン・ギブモーリス・ギブが制作した。

解説[編集]

この曲は、ビージーズが1969年に発表した彼らの4作目のアルバム『オデッサ』に収録されていたが、シングルカットはされなかった(同アルバムからはシングルカットされたのは「若葉のころ」のみだった)。

しかし、1971年のイギリス映画『小さな恋のメロディ』の主題歌として起用されると、映画ともども日本では話題となる。1971年5月、日本でのみシングルカットされると、オリコンチャートで3位を記録する大ヒットとなった。なお、同シングルのカップリング曲は「若葉のころ」だった。

この曲の日本での人気は非常に長く続き、発表から20年以上経過した1990年代後半においてもスズキ・アルトCMで使用され、再度シングルが発売された。また、同曲を収録している楽譜も多く発売されている。

カヴァー[編集]

  • ルル (スコットランドの歌手) - 1970年のアルバム『Melody Fair』に収録[1]
  • 南沙織 - 1971年のアルバム『潮風のメロディ』に収録。邦題「小さな恋のメロディ」[2]
  • BEGIN (日本のバンド) - 1998年のシングル「未来の君へ」のカップリングとして収録。
  • クレモンティーヌ (日本を中心に活動しているフランス人歌手) - 2006年のアルバム『ルミエール』に収録[3]

脚注[編集]

  1. ^ Melody Fair - Lulu : AllMusic”. allmusic. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ Art of loving - discography - 潮風のメロディ”. 2012年4月21日閲覧。
  3. ^ EMI Music Japan. “クレモンティーヌ (Clementine)”. 2010年6月28日閲覧。