佐川満男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さがわ みつお
佐川 満男
生誕 1939年11月9日(74歳)
日本の旗 日本兵庫県
出身校 神戸市立須磨高等学校卒業
職業 歌手俳優タレント
配偶者 伊東ゆかり(離婚)
子供 宙美(娘)
テンプレートを表示

佐川 満男(さがわ みつお、1939年11月9日 - )は、日本歌手俳優タレント兵庫県神戸市垂水区出身・在住。ライターズカンパニー田畑冨久子事務所所属。

来歴・人物[編集]

神戸市立須磨高等学校卒業。

1960年、「二人の並木道」でビクターレコードから佐川ミツオとして歌手デビューした。リバイバルブームに乗った「無情の夢」、「ゴンドラの唄」がヒットし、低迷期を経て1968年、「今は幸せかい」が大ヒット、『NHK紅白歌合戦』にも4回出場した。1976年に引退し、クラブ経営者となるが、1977年12月に歌手として復帰した。その後再び芸能界を離れるも、1986年に復帰した。現在は関西を中心に活動をしており、関東での仕事は滅多なことがない限りしていない。

俳優としても、映画、テレビドラマなどに出演している。趣味は絵画、料理、登山。

歌手の伊東ゆかりとは1971年に結婚し、1976年に離婚した。2人の間に生まれた一人娘は歌手の宙美。甥に佐川一政がいる[1][2]

「今は幸せかい」をリリースした当時はカツラを付けていたが、1985年10月5日放送の関西テレビノックは無用!』出演時に(「コリゴリさん」として)カツラを外した事を明かした。(後年、同局で山本浩之アナ(同年入社)がカツラである事を明かしていた。)

歌手としての代表曲[編集]

  • 二人の並木道(デビュー曲 作曲:ニール・セダカ)
  • ゴンドラの唄(作詞:吉井勇、作曲:中山晋平)
  • 今は幸せかい
  • かんにんしてや
  • 背広姿の渡り鳥
  • フランス人のように(作詞:橋本淳、作曲:筒美京平

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティー番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1961年 第12回「背広姿の渡り鳥」
  • 1962年 第13回「太陽に向って」
  • 1969年 第20回「今は幸せかい」
  • 1970年 第21回「いつでもどうぞ」

出典[編集]

  1. ^ 「バラバラ殺人犯の知られざる素顔 叔父の佐川満男も『あのおとなしい男が…』と絶句」『週刊明星』1981年7月9日号、集英社
  2. ^ 本橋信宏『素敵な教祖たち サブカルチャー列伝 業界カリスマ17人の真実』コスモの本、1996年、p.156。インタビューでの佐川一政の発言による。