栗田工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栗田工業株式会社
Kurita Water Industries Ltd.
Kurita-water-logo.jpg
Nakano central park east building 2012.jpg
本社の入居する中野セントラルパークイースト
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6370 1961年10月上場
大証1部(廃止) 6370 1961年10月 - 2013年7月12日
略称 クリタ、KURITA
本社所在地 郵便番号:164-0001
東京都中野区中野四丁目10番1号
中野セントラルパークイースト
設立 1949年7月13日
業種 機械
事業内容 総合水処理
代表者 中井稔之(代表取締役社長
資本金 連結:134億5,075万円
発行済株式総数 132,800,256株
売上高 連結:1,801億43百万円
単体:1,205億57百万円
総資産 連結:2,635億80百万円
単体:2,301億45百万円
従業員数 4,640名(連結)
1,543名(単体)
(平成25年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.kurita.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2013年3月期のもの
テンプレートを表示

栗田工業株式会社(くりたこうぎょう)は、東京都中野区中野に本社を置く、水処理装置・水処理薬品の製造・開発を行なう企業である。水処理専業としては国内最大手。東京証券取引所一部上場。

社名の「栗田」は創業者・栗田春生の苗字からとられているが、一代限りであり、現在創業者一族との関係はない。また「栗田工業」という名の企業は他にも全国に幾つか存在するが、それらとは全く別の企業である。

かつては「の未来、人間の未来」などのスローガンがあったが、2014年からは「Think Water」をスローガンとしている。

沿革[編集]

事業内容[編集]

主な取扱製品[編集]

事業所[編集]

尚、海外事業は主にグループ企業が展開している。

関連会社[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • KURITA (SINGAPORE) PTE.LTD. - シンガポール
  • KURITEC SINGAPORE PTE.LTD. - シンガポール
  • KURITA WATER(MALAYSIA)SDN.BHD. - マレーシア
  • KURITA-GK CHEMICAL CO.,LTD. - タイ
  • P.T.KURITA INDONESIA - インドネシア
  • KURITA(TAIWAN)CO.,LTD. - 台湾
  • KURITA WATER INDUSTRIES(DALIAN)CO.,LTD. - 中国
  • KURITA WATER INDUSTRIES(SUZHOU)LTD. - 中国
  • KURITEC (SHANGHAI) CO.,LTD. - 中国
  • HANSU LTD. - 韓国
  • HANSU TECHNICAL SERVICE LTD. - 韓国
  • KURITA EUROPE GmbH - ドイツ
  • KURITA AMERICA INC. - アメリカ
  • KURITA DO BRASIL LTDA. - ブラジル

短編映画(広報)[編集]

本社を大阪市内に構えていた1966年、栗田工業はに纏わる短編映画を2本企画している。

  • 水のデザイン
栗田工業の噴水技術を各地で稼働する噴水を通じて紹介しているほか、研究中(制作当時)の噴水技術の紹介も為されている[2]
  • 水の開拓者
家庭や産業現場で日々使われる水を巡って開発されてきている水処理技術について紹介[3]。映画の前半では自然界に於ける水の循環についての説明も為されている。

2本とも東京シネマ(現・東京シネマ新社)が制作しており、現在は2本とも科学映像館(NPO法人・科学映像館を支える会)のWebサイト上に於いて無料公開されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「クリタ開発センター」を開設しました(2005年9月29日付プレスリリース)
  2. ^ 栗田工業では現在、噴水に関連した特許を幾つか保有している《例えば「音楽同調噴水装置」(特開平8-243452)、「噴水装置」(特開平8-103709;塵芥類等流入防止機構ほか)》
  3. ^ 映画製作の4年前(1962年)に設立された栗田工業総合研究所(現・クリタ開発センター)の建物外観と内部も紹介されている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]