エポスカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社エポスカード
Epos Card Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 164-8701
東京都中野区中野4丁目3番2号
設立 2004年10月1日
業種 その他金融業
事業内容 クレジットカード業務
信用保証業務
代表者 代表取締役社長 篠瀬達也
資本金 1億円
主要株主 丸井グループ
外部リンク http://www.eposcard.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エポスカード (Epos Card Co., Ltd.) は、株式会社丸井グループ子会社で、クレジットカード会社である。

概要[編集]

丸井の一事業として自社運営してきたクレジットカード「赤いカード(旧:マルイカード)」と、その顧客窓口である「マルイカードセンター」等に関わる業務を2005年に譲受(分社化)する形で発足。2004年に丸井が取得したVISAのスペシャルライセンシーを移譲し、2006年3月より赤いカードの後継として「エポスカードVISA」および「エポスカードハウスカード)」の募集・発行を行っている。なお、「赤いカード」会員はカードセンターでの申し出によりエポスカードVISAへ切替えることが可能となっている。

沿革[編集]

クレジットカード[編集]

国際ブランドVISAのスペシャルライセンシーを取得し、2006年からVISAブランドのクレジットカードであるエポスカードVISAの発行を開始している。

プロパーカード[編集]

エポスカードVISA・OIOIエポスカードVISA
VISAブランド付帯の国際クレジットカード。グレードは一般カードで、年会費は永年無料。丸井の売場(専門店等を除く)でのポイントカードとしての機能があり、現金での支払いでもエポスポイントを貯めることができる。EMV仕様の接触型通信ICチップが搭載されている。通常、カードセンターで入会申込し、一定の審査基準を満たして可決されるとカウンター内にある作成機で会員名・番号などのエンボスが打刻され、即時発行される。
エポスカード
丸井店内での支払だけに利用できるハウスカード。ICチップ無しのプラスチックカード。エポスカードVISAの入会審査結果によって発行される形態となっており、予めハウスカードと指定して申し込むことはできない。上記エポスカードとして丸井の売場では現金払いでもポイントが貯まる。
国際ブランド付きと異なり、丸井以外はたとえエポスカード加盟店であっても使用不能であるため注意を要する。
エポスETCカード
ETCカード。ETC通行料金はクレジット決済としてエポスポイントに積算。エポスカードVISA(コラボレーションカード含む)会員のみ対象とし、ハウスカード会員には発行されない。
エポスゴールドカードVISA
年会費5000円のゴールドカード。エポスポイントの付与が年間決済額に応じて優遇されている。年間50万円以上決済すると翌年の年会費が無料となる。また、エポスカードVISAの一部会員に対してはインビテーションを送付しており、その経路で切替え発行した場合は年会費無料となっている。空港ラウンジサービスはエポスカードと個別に提携している幾つかの空港に限定されている。
エポスプラチナカードVISA
エポスゴールドカードVISA会員を対象とした入会招待制のプラチナカード。VISAが提供するVISA Platinumサービスが利用できる。年会費は20000円。

デザインカード[編集]

プロパーのエポスカードVISAおよびOIOIエポスカードVISA会員を対象に募集しており、500円のカード再製料を支払うことでカードフェイスを約100種類のデザインから選び、着せ替え感覚で変更することができる。

コラボレーションカード[編集]

エポスカードVISAの提携カードとして募集を行っているが、カードの募集開始時にエポスカードVISAなど別種のエポスカードに対しても提携先の特典(ポイント優遇など)を開放し共用化するという独自概念を持っている。実態的にはカードフェイス程度しか差異が無く、機能面ではエポスカードVISAと共通である。

ノジマエポスカード
モンテローザエポスカード
シダックスエポスカード
オンリーエポスカード
HP Directplus エポスカード
KEYUCA エポスカード
アパエポスVisaカード

旧アパVISAカード(三菱UFJニコスMUFGカード(旧UFJカード)))に有していたアパポイント機能及びJRカード機能は有していない。アパポイント機能については アパホテルにてアパカードを発行してもらう必要があり、旧アパVISAカードからの切り替えの場合は事前にポイント移行してもらう必要がある。

外部リンク[編集]