超特急

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超特急(ちょうとっきゅう)は、特別急行列車(特急)よりも更に速い列車。また、「超特急で仕事する」等、列車以外のものの速さを強調する時にも使われる。

列車種別・愛称としての「超特急」[編集]

日本[編集]

21世紀初頭の現在の日本の鉄道では、「超特急」という種別の列車は正式には存在しない。ただし、かつてはそう称された列車が存在した。

なお「特急」より上の格に当たる列車に対しては、現在では「快速特急」・「快特」と名づけているケースが私鉄数社で見受けられる。

戦前の「超特急」[編集]

通称としての「超特急」

戦前に日本で「超特急」と呼ばれていた列車として著名な列車として、1930年10月に東京 - 神戸間で運行を開始した特別急行列車」号が挙げられる。これはダイヤ設定にあたって編成を他の特急列車に比べ短縮したものとし、停車駅を運転上必要なものと大都市のみに絞り、かつ使用する蒸気機関車に補助給水車を連結するなどして、蒸気機関車牽引列車であっても最大限に速度設定が出来るように設定された。しかし、「燕」に対する「超特急」の呼称はあくまでも通称であって、「特別急行」が正式な列車種別だった。

正式名称としての「超特急」

戦後の「超特急」と「スーパー」列車[編集]

特急列車自体、戦時下の1944年(昭和19年)に廃されて1949年(昭和24年)に「へいわ」の復活まで運行されることが無かった。しかし「へいわ」→「つばめ」の成功や、1956年(昭和31年)に東海道本線が全線電化されたことに伴い、特急列車の速達化を計る上で「超特急列車構想」が生まれ、「ビジネス特急」と設計時通称された「こだま」用車両"20系電車"(称号改正により後に151系→181系となる)がその構想に基づいて誕生したといわれている。結果的に同線を運行する特急・急行列車の大部分は電車化されることになるが、東海道新幹線開業に伴い、特急列車は新幹線列車に移行する形で廃されることになる。

なお、JR発足前後より運行される特急列車の中で新型車両の導入や速達列車には「スーパー」と列車名に冠される列車が運行されることがあるが、多くの場合設定時には停車駅の精選などが行われる事例が見受けられる。これは、1980年代前半のJR発足直前までに急行列車を統合し、優等列車が特急列車のみとなった関係で、格上の列車にこの名称を用いざるを得なかったことが考えられるが、かつての「超特急」とは異なり、単なる車両の違いなどで使い分けられる場合もダイヤの設定上ままありえた。

また、整備新幹線の内、新幹線鉄道規格新線を通過する列車として「スーパー特急」という言い回しを用いるが、これはいわゆる「フル規格」と称される新幹線規格を使った列車が「超特急」と喧伝された関係で、それに近い言い回しを用いたものとされる。

  • 1968年6月に登場した京浜急行電鉄快速特急の名称候補として「超特急」があった。特急より上位の種別だったため、最後まで名称候補に残るも「超」は大げさとの意見もあり、現用の快速特急が選定された。

新幹線列車種別としての「超特急」[編集]

東海道新幹線計画が実現に向かうにつれ、新幹線のことを「夢の超特急」と表現することが多くなった[1]。これは構想当時の建設区間である東京大阪間の所要時間が当時の速達列車の6時間程度から3時間にまで速達化することからこの呼び名が用いられたと考えられる。

新幹線が開業した際には、「ひかり」号を最速列車として超特急、「こだま」号を在来線特急からの移行として特急と、それぞれに違う呼称を与え、新幹線料金も超特急料金と特急料金とで格差を設けていた。しかし、1972年(昭和47年)3月の改正でひかりの停車パターンが多様化したことにより超特急料金が撤廃され、それ以降超特急という呼称も次第に使われないようになっていった。

2008年、新幹線開業時より使われていた新幹線0系電車が全て引退するに伴い、JR西日本のHPでは『ありがとう夢の超特急[2]と告知され、マスコミでも大きく『超特急』という名前が取り上げられた。なお定期運転引退時にはかつての超特急「ひかり」ではなく、特急であった「こだま」で運用されていた。定期運転終了後の引退記念運転では超特急であった「ひかり」で運転されている。

1992年(平成4年)3月から運転を開始した「のぞみ」号は「ひかり」号・「こだま」号よりも高い特急料金を設定しているが、列車種別上の表記は「超特急」としていない。また、300系として実現した超高速運転構想について、「超々特急」の呼称で言及していることがある。

しかし、新幹線車内の英語アナウンスでは、例えば"This is the NOZOMI SuperExpress bound for Tokyo"(東京駅行「のぞみ」〈超〉特急)のように放送されており、在来線の特急を示すLimited Expressとは区別が残っている。この"Super express"は東海道山陽新幹線に限らず、東北上越長野九州新幹線の様に新幹線列車では共通に用いられている。

車両の愛称としての超特急[編集]

小田急ロマンスカーは、1957年登場の小田急3000形電車 (初代)にSE(Super Express)を採用して以降、30000形(EXE)を除くすべての特急用車両で(-SE)を付けた名称が愛称となっている(3100形 (NSE),7000形 (LSE),10000形 (HiSE),20000形 (RSE),50000形 (VSE),60000形 (MSE))。

鉄道以外の「超特急」[編集]

鉄道以外では、高速バス路線バスのうち「特急バス」等と称する場合、直行便(ノンストップ)タイプの便を「特急」以上の存在であるとして、こう称する事例がある。この場合、「超特急」と「特急」では料金格差がないことが多い。また、かつてはサンデン交通バスの下関-青海島間の路線に「超特急」が設定されて時刻表にも掲載されていた(日本交通公社の時刻表1984年10月号より)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “スピードを追求した半世紀”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年2月8日). オリジナル2013年2月9日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0209-1431-01/www3.nhk.or.jp/news/html/20130208/t10015377801000.html 2013年2月9日閲覧。 
  2. ^ http://www.jr-odekake.net/navi/shinkansen/0kei/special/index.html