グランクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランクラスが設定される
東北新幹線E5系電車
グランクラスが設定される
長野新幹線E7系電車

グランクラス (Gran Class) とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の旅客列車において、普通車グリーン車に比して乗客1人当たりの占有面積が広く、かつての3等級制時代の一等車旅客機におけるファーストクラス級に相当するサービスを提供する特別車両の名称である。

概要[編集]

グランクラスのロゴマーク(E5系)
グランクラスのロゴマーク(E7系)

東北新幹線の新型車両E5系の導入に合わせて、従来のグリーン車よりも上位となるファーストクラス「スーパーグリーン車(仮称)」の導入が2008年4月に発表された後[1]2010年5月11日に正式名称がグランクラスGran Class) に決定したことが発表された[2]。「特別な旅のひとときをあなたに -Exclusive Dream- 」をコンセプトに内装がデザインされ、日本デザイン振興会の2011年度グッドデザイン賞を受賞している。

利用には、運賃乗車券)・特急料金(新幹線特急券)に加え、グリーン車料金に5,000円(座席のみ営業の場合は3,000円)を加算した「グランクラス料金」と呼ばれる特別料金券が必要となる。制度上は、グリーン車の一種という扱いである。

2011年3月5日東京駅 - 新青森駅間で運行されるE5系「はやぶさ」にて営業開始。その後、「はやて」・「やまびこ」・「なすの」の各列車においても、E5系を用いる列車で順次営業が開始された。

東北新幹線E5系に続き、2015年3月14日金沢駅までの延伸開業が予定されている北陸新幹線用として、JR東日本と西日本旅客鉄道(JR西日本)が2社共同で導入するE7系・W7系にも設定されることが発表されている[3]2014年3月15日より長野新幹線(北陸新幹線)「あさま」へのE7系投入と同時に営業を開始した。

さらに、2016年春に新函館北斗駅までの部分開業が予定されている北海道新幹線用として、E5系をベースとした北海道旅客鉄道(JR北海道)に導入するH5系にも設定されることが発表されている[4]

名称[編集]

「グランクラス」とは、フランス語で「大きな」という意味を表す「Gran」と英語の「Class」を組み合わせた造語である[2]。ただし、実際にはgranの表記はスペイン語であり、フランス語の「大きな」はgrand(発音はグラン)である。なお、”グランクラス(Gran Class)”という名称は、カナ表記及び英字表記のいずれもJR東日本の登録商標となっている[* 1]。その一方で、日本国外の鉄道においても「グランクラス」と称する席種の車両を連結した列車が存在する(後述)。

グランクラス車両には、頭文字の「G」をかたどったロゴマークが客用扉横に設置されている[2]

車内設備・サービス[編集]

E5系のグランクラス車内
E7系のグランクラス車内

定員は18名(3名×6列)で、編成端部(E5系は10号車、E7系は12号車)に設定されている。

2014年7月5日現在のダイヤでは、はやて93号(盛岡発初発列車)・98号(盛岡行き最終列車)、やまびこ290号(郡山行き最終列車)、あさま599号(軽井沢初発列車)は非営業となり、閉鎖されている。

車内設備[編集]

本革表地のシートは、人間工学に基づき、E5系はJR東日本と日立製作所川崎重工業RECAROが共同で開発したものを、E7系はトヨタグループトヨタ紡織が開発したものを採用している。シートピッチは1300mm(グリーン車は1160mm)、シート幅は520mm(グリーン車は475mm)となっており、いずれも日本国内の一般旅客向け座席としては最大級の寸法である。LED式の読書灯のほか、最大45度まで倒せる電動リクライニング機構・電動レッグレスト、可動式の枕、モバイル機器用のコンセントなどが備えられている。また、2名掛け座席には隣席との間を仕切る半透明の小型バイザーが設置されている。荷物棚は蓋付きのハットラック式、床敷物はウールカーペットである。なお、シートの向きを乗客が変えることはできない。

車内サービス[編集]

毛布スリッパアイマスクといったアメニティグッズ新聞雑誌が用意されているほか、グランクラス専任のアテンダントが乗務し、東北新幹線沿線の食材を用いた軽食や飲料(ソフトドリンクおよびアルコール類)が無料で提供される。ただし、専任アテンダントによる車内サービスが提供される列車は「はやぶさ」・「はやて」・「やまびこ」のみに限られ、「なすの」全列車と「やまびこ223号」(仙台行き最終列車)・「やまびこ202・204・206号」(仙台発初発列車から3つ目までの列車)、仙台 - 新青森間運転の「はやて95・96号」(いずれも2014年3月改正時点のダイヤ)、および長野新幹線「あさま」全列車では行われない。座席のみとなる列車は、時刻表にその旨が記載されている。

軽食は和食と洋食を選ぶことができ、和食に関しては下り列車と上り列車とで異なるメニューを用意し、季節に合わせた年4回のメニュー変更が行われる[5][* 2]。また、軽食と併せて茶菓も提供される。

連結車両[編集]

現在の連結車両[編集]

導入予定車両[編集]

  • W7系
    かがやきはくたか
    つるぎでは非営業、長野駅 - 金沢駅間運転の「はくたか」は座席のみの営業となる[6]
  • H5系
    はやぶさ・はやて
    愛称の公募はせず、「はやぶさ」「はやて」の愛称が踏襲される予定。

歴史[編集]

その他[編集]

  • スペインバルセロナを起点とし、フランススイスなどの国々まで運行されている国際夜行列車エリプソス」において、「グランクラス」という名称の個室寝台が設定されている[12]
  • 日本の国会議員に支給されるJR新幹線グリーン車無料パスは、このグランクラスには適用されず、乗車の際にはグランクラス料金とグリーン車料金の差額ではなく、特急料金分を含んだグランクラス料金の全額(乗車券部分のみ無料対象)が必要となる[13]
  • JR東日本発行の株主優待券に「グランクラス」の項目はなく、グランクラス利用の場合は特急料金とともに割引対象外となっている(割引が適用されるのは運賃のみ)。
  • 非営業の場合を除き、駅放送ではE5系・H5系(予定)は「グランクラスは10号車」、E7系・W7系(予定)は「グランクラスは12号車」との案内がなされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 登録番号「第5351413号」(主に関連グッズ類方面)並びに同「第5410911号」(主に旅客輸送案内方面)にて商標登録済み《いずれも『特許電子図書館』(独立行政法人工業所有権情報・研修館)Webサイト内に設置されている「商標出願・登録情報」データベースより》。ただし、JR東日本が開設しているE5系電車を紹介しているサイト『Hayabusa debut!』には、「グランクラス」を紹介しているページを含めて、商標登録されている旨の断り書きが見当たらない。
  2. ^ 当初は洋食に関しては年2回ほどのメニュー入れ替えを予定していたが(http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2010/11/post_74.html 編集長敬白:ベールを脱いだE5系「グランクラス」](ネコ・パブリッシング)より)リピーターが多いとの傾向が見られたため、変更回数を増やした

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新型「はやて」(E5系)に国内初のファーストクラス「スーパーグリーン車(仮称)」を導入! (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2008年4月8日
  2. ^ a b c 新型高速新幹線車両(E5系)「スーパーグリーン車(仮称)」の正式名称・インテリアデザイン決定について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2010年5月11日
  3. ^ “北陸新幹線用の新型車両について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・西日本旅客鉄道, (2012年9月4日), http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120903.pdf 2012年9月4日閲覧。 
  4. ^ 北海道新幹線用車両について (PDF) - 北海道旅客鉄道、2014年4月16日
  5. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2012年7月号、交通新聞社、2012年、p.38
  6. ^ 北陸新幹線の運賃・特急料金等について
  7. ^ 〜JR東日本は復興に向けた様々な取り組みを実施します〜 (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2011年5月10日). 2011年7月26日閲覧。
  8. ^ 東北新幹線「はやぶさ」に投入しているE5系車両を「はやて」「やまびこ」に導入! (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2011年9月12日
  9. ^ 2012年3月 ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2011年12月16日
  10. ^ 2013年3月ダイヤ改正について
  11. ^ 2014年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道 2013年12月20日
  12. ^ エリプソス”. ヨーロッパ鉄道旅行ガイド. 2011年3月1日閲覧。
  13. ^ “新幹線「はやぶさ」グランクラス 国会議員無料パス適用外”. 河北新報. (2011年2月28日). http://www.kahoku.co.jp/news/2011/02/20110228t73017.htm 2011年3月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]