台湾高速鉄道700T型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾高速鉄道
700T型電車
台湾高速鉄道700T型
台湾高速鉄道700T型
編成 12両(9M3T
営業最高速度 300 km/h
設計最高速度 315 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
編成定員 計989名(66名)
()内は商務車
編成長 304.7 m
全幅 3,380 mm
全高 4,490 mm
車体長 26,750 mm(先頭車)
24,500 mm(中間車)
車体高 3,650 mm
軌間 1,435mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
編成出力 285kW×36 = 10,260kW
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 285kW
駆動装置 WNドライブ
制御装置 VVVFインバータ制御IGBT素子
台車 軸梁式ボルスタレス台車
制動方式 回生ブレーキ併用全電気指令式空気ブレーキ抑速ブレーキ
保安装置 D-ATC
製造メーカー 川崎重工業
日本車輌製造
日立製作所

台湾高速鉄道700T型電車(たいわんこうそくてつどう ななひゃくティーがたでんしゃ・台灣高鐵700T型電聯車)は、台湾高速鉄道公司の高速鉄道車両である。

概要[編集]

日本初の輸出新幹線車両として、JR東海JR西日本が共同開発した車両である。700系新幹線車両がベースとなっている。製造は川崎重工業日本車輌製造日立製作所が担当し、初期車全30編成が日本で製造され、輸出された。その後2012年に増備編成も受注する運びとなった(後述)。

2004年1月30日に完成した先頭車の披露式典が川崎重工業兵庫工場で行われた。

2006年5月4日には、700T型電車の輸出を中心に採り上げたテレビ番組「新幹線 海を渡る」がテレビ東京系列で放送された。また、翌2007年3月21日にも700T型電車の走行試験を中心に採り上げたテレビ番組「海を渡った新幹線」がテレビ東京系列で放送された。

特徴[編集]

先頭車の先頭形状

東海道山陽新幹線で運転されている700系をベースにしているが、以下の点で異なる。

  • 台湾高速鉄道の需要見込みに合わせ、700系の16両編成(E編成は8両)に対し、700T型は12両編成である。
  • 最高速度300km/hと急勾配に対応するため、主電動機の出力増強を行っている。
  • またこれらに併せ定速制御装置を実装している。
  • 700系の先頭形状に対し、台湾側から不満の声があった事と、トンネル断面積など線路の規格が欧州陣営の車両も考慮した余裕のあるものとなっているため、先頭形状の変更が行われている。この際に乗務員室側面の乗務員用扉は省略され、乗客用扉から乗務員室に入室する様になっている。セキュリティ面で不安があるとメーカー側は主張した[要出典]が、台湾鉄路管理局の車両にも乗務員室ドアが設置されていないものが存在する例に従い、700T型でも乗務員室ドアは設置されなかった。
  • 運転台のブレーキハンドルは、700系の縦軸・水平回転式に対し、500系と同じく横軸・前後回転式。
  • 汽笛の操作は、足下のペダルではなく、運転台のボタンによる。ボタンはマスコンハンドル付近に設置。
  • 客室扉の横にはドア開閉スイッチが設置されている。車掌が駅到着時に操作するためのもので、乗客は操作できない。スイッチは車内側にのみ設置されている。
  • 自動車内放送は中国語台湾語客家語英語の順で放送される。

列車編成[編集]

全編成共通で12両編成,1-9号車指定席,10-12号車自由席。全席禁煙。1号車・5号車・11号車に自動販売機を設置。

色=商務車(日本で言うグリーン車、英語表記ではビジネスクラス);白色=標準車;指=指定席(對號座);自=自由席(自由座);M=動力車;T=付随車)

 
← 左營
台北 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
座席 バリアフリー・アクセス
定員 63 96 88 96 83 66 61 96 88 96 88 68
搭載機器 Tc M2 MP M1 T M1s MP M2 M1 MP M2 Tc
ユニット ユニット1 ユニット2 ユニット3
形式(1次車) 1xx-01 1xx-02 1xx-03 1xx-04 1xx-05 1xx-06 1xx-07 1xx-08 1xx-09 1xx-10 1xx-11 1xx-12
形式(2次車) 3xx-01 3xx-02 3xx-03 3xx-04 3xx-05 3xx-06 3xx-07 3xx-08 3xx-09 3xx-10 3xx-11 3xx-12

1次車[編集]

30編成を各製造メーカーが分担した。 商船三井の貨物船「ポセイドン・トライアンフ」と「ガイア・トライアンフ」による海上輸送で2004年5月にTR01編成が海上輸送されたのを皮切りに、2005年10月に最後のTR30編成が搬入された。

TR01(前4両);TR02;TR05;TR07;TR09;TR11;TR13;TR14;TR16;TR18;TR21;TR22;TR25;TR28;TR30(8両)

TR01(中間4両);TR03;TR06;TR10;TR17;TR20;TR24;TR26;TR29;TR30(4両)

TR01(後4両);TR04;TR08;TR12;TR15;TR19;TR23;TR27

現在、TR27編成とTR29編成にはWi-fi設備が設置され、2012年8月より無線LANサービスを開始している。[1][2]

2次車[編集]

2012年5月、川崎重工業が基本契約の4編成とオプション契約の4編成を受注した。[3] 座席などの内装設備は台湾国内で製造される。基本契約分の4編成は2015年までに順次納入される。 2013年7月22日より2編成が営業運転を開始した。

  • TR31編成:2012年12月21日に神戸港から商船三井の貨物船「雄山(YUUZAN)」で海上輸送され、同23日に高雄港へ到着、26-28日の未明に燕巣総合車両工場へトレーラー輸送された[4]
営業運転投入に際して、米国のアニメチャンネル「カートゥーン・ネットワーク」とのコラボレーションで内外装とも全面ラッピングされ、前日に試乗会が催された。[5]
  • TR32編成:2013年1月21日に神戸港から商船三井の貨物船「ノースポール(NORTHPOLE)」で海上輸送され、同25日に高雄港へ到着、28-30日の未明にトレーラー輸送された。[6]

700T型と700系・客室の比較[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)全區大三網 高鐵上網
  2. ^ (繁体字中国語)威達雲端 五都全達陣
  3. ^ 台湾高速鉄道における鉄道車両の受注について
  4. ^ 高鐵生力軍 購700T列車-民視新聞,Youtube
  5. ^ 台湾新幹線にアニメペイント車両が登場 世界初 -中央社フォーカス台湾(2013.7.21)
  6. ^ 台灣高鐵 TR32組車 抵達高雄74號碼頭-Youtube