なすの (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なすの
E2系電車「なすの」(2011年2月6日 大宮駅)
E2系電車「なすの」
(2011年2月6日 大宮駅
運行事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 特急列車
運行区間 東京駅 - 小山駅那須塩原駅郡山駅
経由線区 東北新幹線
使用車両
(所属区所)
E2系電車新幹線総合車両センター
E3系電車山形車両センター秋田車両センター
E5系電車(新幹線総合車両センター)
E6系電車(秋田車両センター)
運行開始日 1995年平成7年)12月1日
備考 2013年9月現在のデータ

なすのとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が東北新幹線東京駅 - 那須塩原駅郡山駅で運行している特別急行列車である。種別を示す色)。

概要[編集]

1995年平成7年)12月1日に東北新幹線東京駅 - 那須塩原駅間で運転されていた「あおば」を分離し、近距離新幹線列車として運転を開始した。天皇皇族が都内から那須御用邸へ移動する際に乗車することが多い。

目的地である「那須野が原」にちなんでいる。2階建車両E4系)のみの編成で運行される場合は「Maxなすの」と呼ばれていた。

在来線では、上野駅 - 黒磯駅間を東北本線経由で運行する準急列車として登場し、その後急行列車新特急エル特急)の名称としても使用されていた。

運行概況[編集]

開業当時「あおば」という名称で運行開始された各駅停車タイプの東北新幹線列車のうち、首都圏の近距離新幹線列車(東京駅 - 那須塩原駅間を各駅停車で運行される系統)が分離され「なすの」が設定された。主な利用客は東京駅 - 小山駅・宇都宮駅間の通勤通学客およびビジネス客である。その後、東北新幹線の運行体系見直しなどにより、日中の一部列車の運行区間が郡山駅まで延長され、現行の運行形態となっている。

定期列車の運行本数は、下り16本/上り17本(うち2往復は土曜日・休日運休)で、運行区間は東京駅 - 那須塩原駅間(下り10本/上り9本)、東京駅 - 郡山駅間(下り6本/上り7本)、東京駅 - 小山駅間(上り1本)である。

通常は郡山駅以北では運行されていないが、2011年4月に福島駅まで臨時運行されたことがある。

車内販売は郡山駅始発・終着列車でのみ営業する。ただし、早朝の上り1本(なすの258号)は除く。

停車駅[編集]

号数 運行本数\駅 東京駅 上野駅 大宮駅 小山駅 宇都宮駅 那須塩原駅 新白河駅 郡山駅 備考
251 - 284号 上り1本        
下り10本/上り9本     下り2本/上り2本は土曜・休日運休
下り6本/上り7本
  • ●:全列車停車 ○:一部列車のみ停車 -:通過

使用車両・編成[編集]

なすの
← 東京
小山・那須塩原・郡山 →
PJRPJRNC
E2系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
G
PJRPJRNC
E5系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
G GC
PJRPJRNC
E2系+E3系 17両編成
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
G G
E2系 E3系
  • 10号車と11号車の間は通り抜けできない。
PJRPJRNC
E5系+E3系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
G GC G
E5系 E3系
  • 10号車と11号車の間は通り抜けできない。
PJRPJRNC
E5系+E6系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
G GC G
E5系 E6系
  • 10号車と11号車の間は通り抜けできない。
  • 全車禁煙
  • 座席種別・編成は変更される場合がある。
凡例
G=グリーン車指定席
指=普通車指定席
自=普通車自由席
GC=グランクラス座席指定席

E2系E3系E5系E6系が使用され、このうちE2系とE3系L編成を併結した17両編成、E5系とE3系R編成を併結した16両編成、E5系とE6系を併結した17両編成で運行されている。市販されている時刻表では、E6系が併結される「なすの」に「E6系」の表記がある。

東北新幹線大宮以北で営業運転を行う営業用新幹線車両すべてが充当されている。通常「はやぶさ」+「こまち」および「やまびこ」+「つばさ」で運用されている他車の間合い運用を中心とした運用が行われる。

E5系で運転される列車はグランクラスの営業も実施されるが、専任アテンダントによる車内サービスはなく、「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」(一部列車を除く)より割安なグランクラス料金が設定される[1]

かつてはE1系400系200系E4系も使用されていた。

平日の東京駅17時台以降に発車する下り列車と9時台以前に東京駅に到着する上り列車は普通車が全車自由席となる。土曜日・休日は小山駅始発の252号を除く全列車に普通車の指定席が設定されている。


沿革[編集]

在来線[編集]

新幹線[編集]

  • 1995年(平成7年)12月1日:ダイヤ改正で、東北新幹線東京駅 - 那須塩原駅間で運転されていた「あおば」・「Maxあおば」を分離し、近距離新幹線「なすの」・「Maxなすの」となる。また、在来線特急の名称を「おはようとちぎ」・「ホームタウンとちぎ」(2002年11月までは列車名に「新特急」を冠する)に変更。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月22日:E2系0番台およびE3系0番台が営業運転開始。E3系0番台は200系およびE2系0番台と併結。
    • 10月1日:東北・上越新幹線の名称を行き先別に整理し、「あおば」・「Maxあおば」を廃止。
    • 12月20日:E4系が営業運転開始。
  • 1998年(平成10年)
    • 月日不詳:一部の「なすの」の運転区間を郡山駅まで延長。
    • 12月8日:この日までに、E3系0番台を5両から6両に増結。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月29日:E4系と400系の併結運転による「なすの」の運転を開始。
    • 12月4日:E1系の定期運用終了。「Maxなすの」はE4系のみの運用となる。E3系1000番台の営業運転開始(E4系と併結)。200系とE3系0番台の併結運転終了。
  • 2001年(平成13年)9月20日:200系と400系およびE3系1000番台の併結運転終了。
  • 2002年(平成17年)12月1日:E2系1000番台の営業運転開始。これに伴い、E2系0番台を8両編成から10両編成に増結。
  • 2005年(平成17年)12月10日:一部の「Maxなすの」の運転区間を郡山駅まで延長。
  • 2007年(平成19年)3月18日:全車両禁煙になる。
  • 2008年(平成20年)12月20日:E3系2000番台の営業運転開始(E4系と併結)。
  • 2010年(平成22年)4月18日:400系の定期運用終了。
  • 2011年(平成23年)11月19日:200系の定期運用終了。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月17日:E5系「なすの」の営業運転開始。同時に、グランクラスの営業を開始(座席のみ)。E4系16両編成による「Maxなすの」の定期運用終了。E2系1000番台とE3系1000番台・2000番台の併結運転開始。
    • 9月29日:E4系の定期運用終了。「Maxなすの」を廃止し、列車名を「なすの」に統一。E4系とE3系1000番台・2000番台の併結運用終了。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月16日:E6系「なすの」の営業運転開始(E5系と併結)。
    • 9月28日:E2系とE3系0番台の併結運用終了。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年3月 ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2011年12月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]