新幹線E3系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新幹線E3系電車
E3系(「こまち」用R編成)(2008年3月5日 雫石駅)
E3系(「こまち」用R編成)
(2008年3月5日 雫石駅
編成 R編成:5両 (4M1T) → 6両 (4M2T)
L編成:7両 (5M2T)
営業最高速度 275 km/h
240 km/h (200系・E4系併結時)
130 km/h(在来線区間)
設計最高速度 315 km/h
起動加速度 1.6 km/h/s
編成定員 R編成:計338名(23名)
L51 - L53編成:計402名(23名)
L61 - L72編成:計394名(23名)
()内はグリーン車
全長 20,500 (23,070) mm
全幅 2,950 mm
全高 4,080 mm
車体材質 アルミニウム合金
編成質量 258.6 t
軌間 1,435 mm(標準軌
電気方式 交流25,000V 50Hz
交流20,000V 50Hz
編成出力 300kW×16=4,800kW(R編成)
300kW×20=6,000kW(L編成)
主電動機出力 三相交流誘導電動機MT205 (300kW)
歯車比 3.04
駆動装置 WN駆動方式
制御装置 VVVFインバータ制御
台車 ゴム併用板ばね式ボルスタレス台車
DT207(R1編成電動車)
DT207A(R, L51 - L53編成電動車)
DT207B(L61 - L72編成電動車)
TR7005(R1編成付随車)
TR7005A(付随車)
制動方式 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ抑速ブレーキ
保安装置 ATC-2型DS-ATCATS-P※2
製造メーカー 川崎重工業東急車輛製造
備考 ※は在来線区間。

新幹線E3系電車(しんかんせんE3けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線直行特急ミニ新幹線)用新幹線車両

概要[編集]

E3系は大きく分けて、1997年平成9年)に開業した秋田新幹線用の基本番台(0番台、同年3月22日営業運転開始)と、1999年(平成11年)に山形新幹線新庄駅まで延伸開業した際の増備用の1000番台(同年12月4日営業運転開始)、そして山形新幹線用400系の置き換え用として2008年(平成20年)12月以降に投入された2000番台の3種類がある。

製造は川崎重工業東急車輛製造(現・総合車両製作所横浜事業所)が担当している。2014年現在、日立製作所が車体を製造をしていない唯一の営業用新幹線電車でもある。

車両・客室・車両ロゴデザインはいずれも榮久庵憲司主宰のGKインダストリアルデザインが担当した。

構造[編集]

車両概観[編集]

前面形状

分類上は新幹線車両ではあるが在来線も走行するため、車体長20,000mm・車体幅2,950mmと車体の狭い在来線の規格に合わせている。アルミニウム合金で製作される。

車体幅の小さい本系列では、新幹線の各プラットホームとの間に大きな隙間ができるため、ドアの部分には延長ステップが装備され、新幹線の各駅での停車中に限り自動的にステップがドアの下から回転して上がるようにセットされ(車体の両側のドアのステップが上がる)、ホームとの隙間を埋めている。

東京寄りの先頭車(11号車)には分割・併合装置が収められ、200系E2系E4系E5系・H5系と連結運転を行うことができる。

車両側面にはLED行先表示器が設置されており、列車種別・座席種別と行先を交互に表示する。

走行機器[編集]

電源交流50Hz・25,000V(新幹線)と交流50Hz・20,000V(在来線)の両方に対応している。力行・制動方式は可変電圧可変周波数制御(VVVF制御)で、使用する素子は、前期製造車両がGTOサイリスタ、後期車両がIGBTである。ブレーキ装置は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを採用する。

電動車2両おきに主変圧器を1台搭載し、各電動車両の主変換装置(CI5〔R1編成のみ〕/ CI5A)によって電動機 (MT205) を駆動する。主変換装置1台当たり4台の電動機を制御する。

運転保安装置は、新幹線区間の自動列車制御装置ATC-2型DS-ATC)と在来線区間の自動列車停止装置ATS-P型)が装備されている。

台車は、在来線区間の走行も考慮し、軸距を2,250mmとしたDT207(電動車)、TR7005(付随車)を搭載する。番台によってサフィックスが異なる。

集電装置[編集]

シングルアームパンタグラフ (PS206) を2基搭載する。パンタグラフ搭載車両とその隣の車両にまたがる形でパンタグラフカバーが装着される。

新幹線区間では2基とも使用するが、在来線区間を走行する際には1基のみ使用する。

内装[編集]

編成中の1両(11号車・311形)はグリーン車で、ほかの車両が普通車となっている。400系とは異なり、グリーン車の座席配列は2列+1列から2列+2列に変更されている。普通車の座席配列はグリーン車と同じく2列+2列であるが、シートピッチが異なる。

2両に1か所程度の割合で、真空式を採用したトイレが設置されている。

形式および車種[編集]

E311形 (M1sc)
グリーン席を備える制御電動車。R・L編成11号車として使用される。東京秋田向き運転台、車掌室、分割併合装置、便所洗面所、車椅子対応設備、多目的室、荷物置場(除く0番台)を備え、主変換装置空気圧縮機などを搭載する。
E322形 (M2c)
普通席を備える制御電動車。R編成16号車、L編成17号車として使用される。山形新庄大曲向き運転台、荷物置場を備え、主変圧器、主変換装置などを搭載する。
E325形 (M1)
普通席を備える中間電動車。便所、洗面所、公衆電話、荷物置場を備える。
0番台
R編成15号車として使用される。主変換装置、空気圧縮機、集電装置などを搭載する。
1000・2000番台
L編成16号車として使用される。主変換装置、空気圧縮機などを搭載する。
E326形 (M2)
普通席を備える中間電動車。主変圧器、主変換装置、集電装置などを搭載する。
0・1000・2000番台
R・L編成12号車として使用される。車椅子対応設備を備える。
1100・2100番台
L編成14号車として使用される。
E328形 (T2)
普通席を備える中間付随車
0番台
R編成14号車として使用される。荷物置場を備える。
1000・2000番台
L編成15号車として使用される。便所、洗面所、荷物置き場を備え、補助電源装置などを搭載する。
E329形 (T1)
普通席を備える中間付随車。R・L編成13号車として使用される。便所、洗面所、公衆電話を備え、空気圧縮機(除く0番台)、補助電源装置などを搭載する。

2011年4月29日、東北新幹線の復旧に合わせてE311形に東日本大震災復興推進キャンペーンのステッカーが、E322形に青森デスティネーションキャンペーンのステッカーがそれぞれ貼り付けられた。但しR編成とL編成で貼付位置が異なり、R編成は他車と同様に車体の運転席寄りに、L編成は「つばさ」ロゴと並ぶ様に車体の連結部寄りに貼付されている。

番台別概要(秋田新幹線用)[編集]

基本番台(0番台)[編集]

E2系と連結するE3系0番台
(2009年12月 小山駅
奥羽本線区間を走行するE3系0番台(2013年11月 羽後境駅
東日本大震災復興推進キャンペーンのステッカーを先頭に貼付したE3系0番台とE2系
2011年6月12日 東京駅

秋田新幹線「こまち」用として当初は5両編成で落成したが、1998年(平成10年)12月に増結付随車E328形が登場して現行の6両編成となった。

最高速度は在来線区間が130km/h、新幹線区間が275km/hになっている。引張力・加減速特性などはE2系と同じで、単独走行およびE2系との併結運転時においては特に調整などは行っていない[注 1]。在来線区間走行時は電圧および信号のATCからATS-Pへの切り替えを行っている。

2013年4月時点で6両編成26本(156両)が秋田車両センターに配置されている。

基本的には「こまち」用ではあるが、E2系との併結編成により盛岡発着の「はやて」や「やまびこ」・「なすの」でも使用される。当初は「なすの」運用を除けば「こまち」のみの運用であり車体側面のロゴは「こまち」の横に「JR Akita Shinkansen」(試験運行時は「SERIES E3」も)と表記されているが、運用が拡大したためこの表記を消した車両もある。「こまち」以外で運転される場合(単独「はやて」や「やまびこ」・「なすの」運転時)には時刻表に「こまちタイプ車両を連結」と追記される。

上越新幹線での営業運転実績はないが、試運転・検査や新潟新幹線車両センターでの展示公開などでの乗り入れは行われたことがある。

2011年11月19日より、E5系との併結しての営業運転が開始された[1]。前述するようにE5系との併結運転の場合、最高速度や加速度は本系列と同等に調整して運転される。

2013年9月28日実施のダイヤ改正にて、E3系0番台とE2系の併結運転が終了した。これにより、E3系0番台と併結運転を行うのはE5系のみとなっている[2]。2014年3月15日実施のダイヤ改正にてR編成は秋田新幹線区間での定期運用が終了し[3]、E5系との併結で「やまびこ」・「なすの」のみの運用となっている[注 2]


製造時期による相違[編集]

E3系量産先行車(R1編成)
2013年 大宮駅
R1編成
1995年(平成7年)製造の量産先行車。落成時はS8編成として登場(S系列はJR東日本では試験車など非営業車に付される編成記号)。
先頭車の前面形状が量産車と異なり、400系に近い形状となっている(連結器カバーへかけての細り方が大きく、丸みを帯びている)。
運転台窓上に前照灯後部標識灯、運転台窓下にも前照灯がある。
落成時は下枠交差式パンタグラフだった(量産化改造の際にシングルアーム式に交換)。
男性用トイレ便器が斜めに設置されている。
落成時のロゴマークは「Series E3」だった(後に量産車と同じロゴマークに交換)。
11号車(E311-1)の静電アンテナの大きさが量産車と異なる。
量産化改造の前に山形新幹線内で試運転を実施したことがある。
E6系の順次導入に伴い、2013年7月20日を以て運用を終了(引退)し[5]、廃車解体された。
E3系R4編成
2013年 大宮駅
R2 - R16編成
1997年の開業前に落成した量産車。当初は5両編成であったが、翌年にE328形を連結して6両編成とされた。そのため、E329形とE328形(13号車と14号車)の連結部にはパンタグラフのないパンタカバーが存在する(R1編成も同様・上記写真の2つ目が該当する)。
前照灯と後部標識灯は運転台窓下にまとめられた。
E3系R17編成
(2009年 仙台駅)
R17編成
1998年に落成した増備車。以後落成した編成は当初より6両編成で組成されている。また、パンタカバーの数も2つとなり、運転室前面のワイパーは2本装備となっている。
2008年夏休みシーズンには全日本空輸 (ANA) とのコラボレーション企画で、「ポケモン・ピカ乗りサマー」仕様として後述のR21編成とともにラッピングがなされた[6]
JReastE3 E311-5 inside.jpg JReastE3 inside.JPG JReastE3 E322-17 inside.JPG
:R17編成までのグリーン車座席
:R17編成までの12 - 14号車座席
:R17編成までの15 - 16号車座席


E3系R18編成
(2013年 大宮駅)
R18 - R26編成
2002年から2005年にかけて落成した増備車。連結面外幌の材質がポリウレタンから合成ゴムに変更され、同時にフットレストが装備され座席形状が座面スライド機能付きのもの(E257系と同じタイプ)に変更された。またVVVFインバータ制御装置の素子もGTOサイリスタからIGBTに変更された。
なお、R24 - R26編成については3席分ずつに設けられていた荷物棚の支柱が省略されていたり男性用トイレもR2 - R17編成の仕様に戻されるなどの細かい変更がある。
E3 Green car 20070101.JPG Jre e3 0type nomalcarroom.jpg JReastE3 E326-26 inside.jpg
:R18編成以降のグリーン車座席
:R18編成以降の12 - 14号車座席
:R26編成12号車車内。荷物棚の支柱が省略されて車内見付けがすっきりとしている。


E3系0番台(「こまち」用)編成表
 
← 東京/秋田[注 3]
大曲 →
号車 11 12 13 14 15 16
形式 E311形
(M1sc)
E326形
(M2)
E329形
(T1)
E328形
(T2)
E325形
(M1)
E322形
(M2c)
搭載機器 CI,CP MTr,CI SIV CI,CP MTr,CI
座席 グリーン車 普通車
定員 23 67 60 68 64 56
編成 R1 1 1 1 1 1 1
R2 2 2 2 2 2 2
R25 25 25 25 25 25 25
R26 26 26 26 26 26 26

0番台の撤退[編集]

2013年6月より、秋田新幹線「こまち」に充当されるE3系0番台の、E6系への置き換えが開始された[7]。これに伴い、2013年4月12日にR6編成が廃車となったのを皮切りに、同年9月末までに量産先行車のR1編成を含む9編成が[8]、それから2014年3月までに8編成が廃車された。また、2005年製のR24・25編成も一部の車両(後述のL54編成組み替え時に編成から外れた全5両)が廃車となり、製造から10年未満で廃車された[9]

2014年3月15日のダイヤ改正により、東北新幹線での最高速度を 320km/h に引き上げるとともに、秋田新幹線「こまち」で使用されている E3系(基本番台)は一部を除いてE6系に置き換えられた[10]

これにより、0番台は秋田新幹線から撤退し、東北新幹線における以下の列車でE5系の増結車扱いで定期運用が残っている[4][11]。いずれもE3系の普通車は全て自由席となっている。

  • やまびこ45号(東京09:40発→盛岡12:54着)
  • やまびこ50号(盛岡14:07発→東京17:24着)
  • やまびこ202号(仙台06:06発→東京08:16着)
  • やまびこ215号(東京17:36発→仙台20:09着)
  • なすの253号(東京08:28発→郡山10:01着)
  • なすの263号(東京17:12発→那須塩原18:22着)
  • なすの268号(那須塩原08:17発→東京09:28着)
  • なすの272号(郡山10:43発→東京12:16着)

上記の運用に就く0番台ではロゴマークが消されていることが確認されている[12]

また、0番台の後期製造分の一部が山形新幹線「つばさ」に転用される予定である[13]

秋田新幹線からの引退を記念して、2013年11月下旬頃より残存編成に記念ラッピングが施工された[14]。このうち、ラッピング施工第一編成であったR4編成は同年12月15日に引退セレモニーが行われた[15]

番台別概要(山形新幹線用)[編集]

1000番台[編集]

E3系1000番台L51編成
「つばさ」(2011年 大宮駅)

山形新幹線「つばさ」用である。最高速度は在来線区間では130km/h、新幹線区間では275km/h。

営業運転を開始した当初は400系との共通運用[注 5]が組まれ、その撤退後も併結相手がE4系(いずれも最高速度240km/h)に限定されていたが、2012年3月17日のダイヤ改正からE2系との併結運転が行われるようになり、最高速度275km/hでの営業運転を開始した[16]

7両編成3本(21両)が山形車両センターに配置されている。ロゴには当初から「TSUBASA」の文字が表記されている。過去には「四季感動のやまがた」のロゴマークも表記されていた。なお、400系についても1000番台投入後に順次同一塗装に変更された。DS-ATC搭載済み。

L51・52編成
1999年の山形新幹線新庄開業時に落成した編成。電装品およびワイパーは基本番台のR17編成に準ずるが、内装などは専用のものとなっている。
L51編成は後述のL54編成と入れ替わる形で運用を離脱し、2014年8月20日に新幹線総合車両センターへ廃車回送され[17]、9月5日付で廃車された[18]
L53編成
2005年に落成した増備車。VVVFインバータ制御装置の素子がIGBTに変更されているほか、ドアチャイムも設置されている。
L54編成
2014年に0番台R24・R25編成を改造のうえ編入された増備車[19]。装備内容はL53編成に準ずるが、14号車のドアが未改造となっている。塗装については登場時より新塗装(2014年4月以降のもの)となっている。番号の新旧対照と各車ごとの改造内容は次の通り[20]
  • E311-25 → E311-1004
    車椅子スペースを配置変更し、荷物スペースを新設。
  • E326-25 → E326-1004
  • E329-25 → E329-1004
    特高ケーブルふさぎ板を変更。補助電源装置を1台撤去。
  • E326-24 → E326-1104
    車椅子スペースを廃止。パンタグラフが従来と逆向きになる。
  • E329-24 → E328-1004
    小便所・電話室を撤去し、洗面所を移設。これにより生じたスペースに座席1列を追加。補助電源装置を1台撤去。
  • E325-25 → E325-1004
    パンタグラフを撤去。
  • E322-25 → E322-1004

全車ともカーテンを山形仕様に変更し、ゴミ圧縮装置付リサイクルダストボックスを撤去して一般的なゴミ箱に交換している。

E3系1000番台(「つばさ」用)編成表
 
← 東京
山形・新庄 →
号車 11 12 13 14 15 16 17
形式 E311形
(M1sc)
E326形
(M2)
E329形
(T1)
E326形
(M2)
E328形
(T2)
E325形
(M1)
E322形
(M2c)
搭載機器 CI,CP MTr,CI CP,SIV MTr,CI SIV CI,CP MTr,CI
座席 グリーン車 普通車
定員 23 67 60 68 64 64 56
編成 L51 1001 1001 1001 1101 1001 1001 1001
L52 1002 1002 1002 1102 1002 1002 1002
L53 1003 1003 1003 1103 1003 1003 1003
L54 1004 1004 1004 1104 1004 1004 1004

2000番台[編集]

E3系2000番台L67編成
(2009年5月 高畠駅 - 赤湯駅間)

2007年7月のJR東日本定例会見[21]において、山形新幹線400系の置き換え用として発表された車両である[22]

2008年(平成20年)12月から2010年(平成22年)4月にかけて7両編成12本(84両)が新規製造され、現在営業運転を行っている。

車両の所有は1000番台と同様JR東日本となる[23]

営業運転は2008年12月20日の「つばさ112号」山形東京行き、折り返し「つばさ119号」東京発新庄行きより始まり、L61編成が充当された。2010年4月には400系の置き換えを完了した。

2012年3月17日よりE2系との併結運転が開始された。

1000番台との相違点[編集]

1000番台(右)2000番台(左)のヘッドライトの形状の違いがわかる
1000番台(右)2000番台(左)のヘッドライトの形状の違いがわかる
2000番台に装備されたドア開閉表示灯(ドアランプ)。
2000番台に装備されたドア開閉表示灯(ドアランプ)。
2010年3月28日

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

1000番台との主要な相違点を以下に挙げる。

E3系2000番台(「つばさ」用)編成表
 
← 東京
山形・新庄 →
号車 11 12 13 14 15 16 17
形式 E311形
(M1sc)
E326形
(M2)
E329形
(T1)
E326形
(M2)
E328形
(T2)
E325形
(M1)
E322形
(M2c)
搭載機器 CI,CP MTr,CI CP,SIV MTr,CI SIV CI,CP,SIV MTr,CI
座席 グリーン車 普通車
定員 23 67 60 68 64 60 52
編成 L61 2001 2001 2001 2101 2001 2001 2001
L62 2002 2002 2002 2102 2002 2002 2002
L71 2011 2011 2011 2111 2011 2011 2011
L72 2012 2012 2012 2112 2012 2012 2012

700番台「とれいゆ」[編集]

E3系700番台R18編成
「とれいゆ つばさ 1号」
(2014年7月19日 舟形駅 - 新庄駅間)

秋田新幹線用の0番台のうち、R18編成が川崎重工業車両カンパニー(兵庫工場)に海上輸送され、観光列車「とれいゆ」に改造されることになった[26]。「とれいゆ」という名称は「トレイン(列車)」と「ソレイユ(フランス語で太陽の意味)」、さらに温泉の「湯」を組み合わせた造語で、「食(太陽の恵みによる様々な食材)」、「温泉」、「歴史・文化」、「自然」を温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しむ、というテーマが凝縮された列車であることから命名された。

福島駅 - 新庄駅間の山形新幹線区間で臨時特急列車「とれいゆ つばさ」として2014年7月19日に営業運転を開始し、土休日を中心に年間120日程度の運行が予定されている。定員は143名(120名)で、全席指定席として運行される。6両編成で、1号車(23席)が普通車指定席、2 - 5号車(120席)が「お座敷指定席(語らいの間)」、5号車が「湯上りラウンジ(モノや人との出会いの間)」、6号車が「足湯(くつろぎの間)」となっている。

エクステリアは山形県中央部にある「月山」をモチーフとした緑色を中心に、山形県を流れる「最上川」をモチーフとした青色を先頭部に、蔵王をモチーフとした白色を全体的に配している。デザインは奥山清行が担当した。

なお、「とれいゆ」に改造されたR18編成は700番台に改番され[27]、2014年6月25日から試運転が開始された。番号の新旧対照は次の通り。

  • E311-18→E321-701
  • E326-18→E326-701
  • E329-18→E329-701
  • E328-18→E328-701
  • E325-18→E325-701
  • E322-18→E322-701

元グリーン車のE311形が普通車に格下げされたため、新形式のE321形が誕生した。

なお、16号車の足湯は本列車を使用するびゅう旅行商品の利用者のみに販売される利用券が必要である。

運用[編集]

2014年3月15日現在[編集]

2014年3月15日現在、1000番台・2000番台の運用は以下の通り。

改造[編集]

最高速度引き上げ
前述の通り、1000番台は当初400系との共通運用とされ、200系(2001年9月撤退)やE4系と併結し、最高速度240km/hで運転されてきた。後に登場した2000番台は当初から最高速度275km/hで製造されたが、やはり400系やE3系1000番台との共通運用が組まれ、併結相手もE4系に限定されていたため、最高速度は240km/hに抑制されていた[注 7]。2012年3月のダイヤ改正で最高速度の275km/hへの引き上げとE2系との併結が開始されるのに伴い、1000番台の走行機器を改良する工事が行われた。2012年9月のダイヤ改正でE4系との連結は終了し[28]、E3系は全編成が最高速度275km/hでの営業運転が可能となった[注 8]
E3系2000番台L64編成 新塗装
(2014年5月 大宮駅)
塗装変更
2014年4月下旬頃より、山形新幹線「つばさ」で使用されている編成の塗色の変更を開始した[26]山形県知事吉村美栄子の強い要望で実現したもので、2016年度末までに全15編成と「こまち」からの転用編成の塗色が変更される予定である[29]
新たな塗色デザインは、山形県出身の工業デザイナーである奥山清行が担当し、「山形の彩り豊かな自然の恵み」と「新幹線の持つ躍動感」を表現している。基本となる塗装は蔵王の雪を表現した白色で、先頭部分の深い紫色は山形の県鳥である「おしどり」を、帯の黄色から赤色へのグラデーションは県花である「紅花」をそれぞれモチーフとしている。
新たなシンボルマークは「山形の美しい四季」を表現しており、東京寄りの片面には春を表す「」と「ふきのとう」を、もう片面に夏を表す「紅花」と「サクランボ」、山形寄りの片面には秋を表す「稲穂」と「りんご」を、もう片面に冬を表す「蔵王の樹氷」が描かれている。
塗装変更の第一編成は2000番台L64編成であり、2014年4月26日の「つばさ142号」(山形始発東京行き)より営業運転を開始した[30]

車両の所有会社[編集]

基本番台
R1 - R16編成(E328形は除く)
第三セクターの「秋田新幹線車両保有株式会社」が所有し同社が2009年度までJR東日本にリースする形をとっていたが、リース期間の満了に伴い秋田新幹線車両保有株式会社は2010年3月限りで解散し[31]、所有車両は同月22日付けでJR東日本に有償譲渡された[32]
R17 - R26編成とE328形全車
新製時からJR東日本の所有である。
1000番台・2000番台
全車がJR東日本の所有となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、E5系との併結運転時ではE5系側が引張力・加減速特性等をE3系と同じ性能に調整している。
  2. ^ JTB時刻表2014年2月号に「E5系+E3系 16両」の表記付き列車あり[4]
  3. ^ 秋田新幹線大曲駅で方向転換をするため、大曲駅 - 秋田駅間は逆向きで走行する。
  4. ^ a b 6両編成化の際に組み込まれたE328形は東急車輛製造が製造した。
  5. ^ 2000番台にも共通するが、グリーン車座席の配列が異なる。400系は2+1配置でE3系にあるC席がない一方、E3系にはない7列目が存在する。このため、使用する編成が確定するまで当該席の販売にブロックをかけることで対処していた。
  6. ^ ただし、登場初期には貼付けされていた。その後400系の運用離脱をメドに1000番台と共に剥がされた。
  7. ^ このため、2000番台はE2系との併結運転が開始されるまで最高速度275km/hでの営業運転は実施されず、引張力・加減速特性や最高速度を200系・400系・E4系と同等のものに調整していた。
  8. ^ 0番台とは異なり、E2系0番台(J2 - J15編成)とは併結運転ができない。

出典[編集]

  1. ^ “東北新幹線「はやぶさ」に投入しているE5系車両を「はやて」「やまびこ」に導入!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2011年9月12日), http://www.jreast.co.jp/press/2011/20110912.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  2. ^ “2013年9月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年7月5日), http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130709.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  3. ^ “秋田新幹線E3系「こまち」さよならセレモニーの開催!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2014年1月16日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20140116-1.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  4. ^ a b 『JTB時刻表 2014年2月号』 JTBパブリッシング2014年1月25日
  5. ^ “秋田新幹線E3系「R1」編成引退に伴うセレモニー実施について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2013年6月18日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20130618.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  6. ^ “ピカ乗りサマー2008の実施について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・全日本空輸, (2008年6月19日), http://www.jreast.co.jp/press/2008/20080610.pdf 2014年11月5日閲覧。 
  7. ^ “「こまち」編成変更のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2013年3月18日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20130318.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  8. ^ 『JR電車編成表 2014冬』 ジェー・アール・アール、交通新聞社2013年12月1日、360頁。ISBN 978-4-330-42413-2
  9. ^ 『JR電車編成表 2014夏』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2014年5月28日、356頁。ISBN 978-4-330-46614-9
  10. ^ “秋田―東京間を10〜15分短縮:JR東日本の新幹線 13年3月メドに「E6系」導入”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20090617-OYT8T00978.htm?from=os2 2009年6月18日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 『JR時刻表 2014年2月号』 交通新聞社2014年1月25日
  12. ^ “E3系R編成から「こまち」ロゴ消える”. railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2014年3月24日). http://railf.jp/news/2014/03/24/110000.html 2014年7月7日閲覧。 
  13. ^ “こまち車両、「つばさ」に転用 新幹線を有効活用”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年12月20日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312190374.html 2013年12月20日閲覧。 
  14. ^ “秋田新幹線E3系「こまち」感謝をこめてラストラン” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2013年11月22日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20131125-1.pdf 2013年11月25日閲覧。 
  15. ^ “ありがとうこまち ラストランセレモニーの実施について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2013年12月5日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20131205-2.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  16. ^ “2012年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2011年12月16日), http://www.jreast.co.jp/press/2011/20111211.pdf 2014年11月1日閲覧。 
  17. ^ “E3系1000番台L51編成が新幹線総合車両センターへ”. railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2014年8月23日). http://railf.jp/news/2014/08/23/220000.html 2014年11月5日閲覧。 
  18. ^ 「JR電車編成表2015冬」ISBN 9784330516141 p.357。
  19. ^ “E3系に山形新幹線転用車登場。”. 鉄道ホビダス 編集長敬白 (ネコ・パブリッシング). (2014年8月13日). http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2014/08/post_485.html 2014年11月5日閲覧。 
  20. ^ 鉄道ファン 2014年10月号(通巻642号)』 交友社、2014年8月21日、86頁。ISBN 491-0-064-59104-7。
  21. ^ “山形新幹線「つばさ」用車両の新造について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2007年7月3日), http://www.jreast.co.jp/press/2007_1/20070705.pdf 2007年7月5日閲覧。 
  22. ^ “山形新幹線「つばさ」用車両(E3系2000代)の報道公開のご案内について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2008年10月2日), http://www.jr-sendai.com/doc/20081007185222.pdf 2008年10月7日閲覧。 
  23. ^ 鉄道ジャーナル 2007年9月号(No.491)』 鉄道ジャーナル社、2007年7月21日
  24. ^ a b c d e f g 『鉄道ファン 2009年2月号(通巻574号)』 交友社、2008年12月20日、63 - 67頁。
  25. ^ “「プラズマクラスター技術」搭載商品の世界累計販売2,000万台を達成”. ニュースリリース (シャープ). (2009年1月16日). http://www.sharp.co.jp/corporate/news/090116-a.html 2014年7月7日閲覧。 
  26. ^ a b “山形新幹線に新たな魅力が誕生します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年3月4日), http://www.jreast.co.jp/press/2013/20140303.pdf 2014年7月7日閲覧。 
  27. ^ “E3系700番台「とれいゆ」が試運転”. railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2014年6月27日). http://railf.jp/news/2014/06/27/100000.html 2014年7月7日閲覧。 
  28. ^ “2012年9月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2012年7月6日), http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120708.pdf 2014年11月1日閲覧。 
  29. ^ “山形新幹線 「つばさ」塗装リニューアル”. 河北新報 (河北新報社). (2013年8月29日). http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130829t55020.htm 2013年8月29日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ “E3系2000番台L64編成が新塗装に”. railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2014年4月27日). http://railf.jp/news/2014/04/27/170500.html 2014年7月7日閲覧。 
  31. ^ “県に出資金115億円返還へ 秋田新幹線車両保有会社”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社). (2010年1月22日). http://www.sakigake.jp/p/akita/economics.jsp?kc=20100122d 2010年1月22日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ 『鉄道ファン 2010年7月号(通巻591号)特別付録 JR各社の車両配置表・JR車両のデータバンク2010』 交友社、2010年5月21日、36頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]