国鉄183系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国鉄183系・189系電車
183系 千マリ24編成2000年9月28日 総武本線・物井 - 佐倉間
183系 千マリ24編成
2000年9月28日 総武本線・物井 - 佐倉間
編成 6M3T(183系 9両編成)
営業最高速度 120 km/h
編成長 185,500mm(183系 9両編成)
全長 先頭車:21,000mm
中間車:20,500 mm
全幅 2,946 mm
全高 クハ183形0番台:3,945mm
クハ183形1000番台・クハ189形:3,991mm
中間車:3,475 mm
車体材質 普通鋼
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
主電動機 MT54形直流直巻電動機
主電動機出力 120kW
歯車比 1:3.50(22:77)
駆動装置 中空軸平行カルダン駆動方式
制御装置 CS15系制御器
抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁
台車 DT32・TR69系インダイレクトマウント方式空気バネ台車
制動方式 発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ・勾配抑速ブレーキ
保安装置 ATC-5(クハ183形0番台・1500番台)・ATS-S
製造メーカー 日本車輌製造川崎重工業
東急車輛製造・※近畿車輛
※183系のみ製造
備考 ※183系0番台の受賞
Wikipedia blueribbon W.PNG
第16回(1973年
ブルーリボン賞受賞車両

国鉄183系電車(こくてつ183けいでんしゃ)は、1972年日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流特急形電車である。

第16回(1973年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。

本稿では、本系列をベースにEF63形電気機関車との協調運転装置を搭載する189系電車(189けいでんしゃ)、西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有する485系電車を改造した183系電車についても解説を行う。

目次

183系0番台[編集]

概要[編集]

1972年7月15日総武本線(快速線)東京 - 錦糸町間開業、房総東線蘇我 - 安房鴨川間電化完成により、総武本線・房総東線(現・外房線)・房総西線(現・内房線)で運転されていた急行列車の一部が特急列車に格上げされるとともに東京地下駅に乗り入れるため、当時の運輸省通達「電車の火災事故対策について(鉄運第81号)」で定められたA-A基準に基づいて設計され、房総地区での波動輸送への対応も考慮して製造されたグループである。

1972年にMM'ユニット(モハ183形・モハ182形)33組66両、クハ183形22両、サロ183形11両の99両が新規開設となった幕張電車区(現・幕張車両センター)に集中配置された[1]。1973年 - 1975年に継続して増備され、最終的には9両編成(6M3T)19本と事故廃車[2]代替1両にあたるMM'ユニット57組114両、クハ183形39両、サロ183形19両の総計172両が、日本車輌製造東急車輛製造近畿車輛・川崎重工業(現・川崎重工業車両カンパニー)で製造された。

構造[編集]

同時期に製造されていた485系を基本としたが、以下に解説する部分で本系列独自の構造を持つ。

車体[編集]

屋根高さは485系と同じ3,475mmであるが、次の点で異なる。

  • 波動輸送対応で冬期の山岳線区での運用を考慮し耐寒耐雪構造を採用し、狭小断面トンネルが存在する中央本線高尾以西への入線対応から運転席上の前灯が省略された。
  • 運転が予定される線区に客車向けの低いプラットホームがないことから、181系電車と同様にドアステップは設けず床面高さを1,235mmから1,200mmに、床面からの窓框高さを855mmから800mmへと下げた。
  • 制御車のクハ183形は、クハネ581形・クハネ583形・クハ481形200番台・クハ381形0番台と同様な貫通扉を設置した。
  • 当初は内房・外房特急の総武快速線内併結運転を計画されたため、地下区間での緊急時脱出の観点からの設置である。近郊形・急行形と同様のデザイン採用案もあったが、581・583系の実績ならびに特急形という点を考慮した結果である[3][4][5]
  • 1車両あたり普通車は客用扉を片側2か所とした。これは末端区間で普通列車としての運用を考慮したため。

車内設備[編集]

定員は、モハ2形式が68名。クハ183形が58名。サロ183形が48名。従来の特急形車両の基本を踏襲しながらも以下に示す機構が新規採用されている。

  • 普通車の座席は従来の回転クロスシートから、R51系簡易リクライニングシートに変更となった。
  • 冷房装置は、従来のAU12形からモハ183形は集中式のAU71A形1基、その他の車両は分散式のAU13E形5基を搭載した。
  • トイレ普通車グリーン車とも和式のみ[6]であり、循環式汚物処理装置を在来線車両では初めて全車に完全装備した[7]
  • 側面行先表示器は485系と同様に自動巻取式方向幕が搭載されているが、当初投入された房総地区は季節によって輸送旅客数が大幅に異なるため[8]、閑散期には波動輸送へ充当することも考慮され、70コマ対応のものが搭載された。
  • 使用する列車が短距離列車主体であったため、食堂車は当初から計画されていない。代わりに、グリーン車のサロ183形に車販準備室と車販コーナーが設けられた。

台車・機器[編集]

信越本線での運用も考慮され新造時から横軽対策が施工されるなど、東日本の直流電化区間全般での使用も視野に入れた汎用性の高い設計が採用された。

  • 台車ダイヤフラム空気バネとウイングばね式軸箱支持のDT32E形を電動車に、TR69E形を付随車に採用した。基礎ブレーキはDT32E形が片押し式の踏面式で、TR69E形は1軸当たり2枚装備するディスク方式である。
  • MM'ユニットは、奇数形式のモハ183形に中央本線や上越線などの勾配線区での運用に対してノッチ戻し制御ならびに勾配抑速ブレーキを装備したCS15系制御装置を搭載し、偶数形式のモハ182形を含め8台のMT54系主電動機(120kW)を制御する方式で歯車比は3.5と従来からの国鉄特急電車の標準的システムを踏襲する。パンタグラフはモハ183形に2基搭載したが、国鉄末期以降は離線の可能性が減った事から架線の損耗を抑えるため第2パンタグラフの使用を中止し、1993年以降に撤去された。
  • クハ183形は、210KVAの電動発電機(MG)と容量2,000/minの電動空気圧縮機(CP)を床下に搭載した。東京 - 錦糸町間の保安設備が車内信号方式を採用したため、ATC-5形を前位側客室扉後方に設置された機器室に搭載した。

形式[編集]

製造の状況は、次のとおりである。

製造年次 製造所 形式
モハ182形
モハ183形
クハ183形 サロ183形
1972年 東急 1 - 9 1 - 6 1 - 3
日車 10 - 18 7 - 12 4 - 6
川重 19 - 27 13 - 18 7 - 9
近車 28 - 33 19 - 22 10, 11
1973年 日車 34, 35 23, 24 12
川重 36 - 40 25 - 28 13, 14
東急 41 - 43 29, 30 15
1974年 川重 44 - 49 31 - 34 16, 17
1975年 日車 50 - 53 35, 36 18
近車 54 - 57 37 - 39 19

製造年次により以下に示す設計変更が行われている。

1973年製造車
  • 同年10月のダイヤ改正で「あずさ」増発用に製造されたグループ。
  • 普通車3形式の座席は座面高さが25mm高くなるなどの改良を行ったR51ANに変更された。
  • クハ183形では、運転室の空調改善として階段部分に仕切りが設けられた。
1974年製造車
  • 同年の房総地区夏ダイヤ対応と1975年3月のダイヤ改正での急行の特急格上げ用に製造されたグループ。
  • 応荷重装置とブレーキ増圧弁が追加された。
  • クハ183形は、ワイパーがクハ481形300番台と同タイプの2連形に変更された。
1975年製造車
  • 付随車2形式の台車が、凍結対策としてダイヤフラム形ゴムシリンダのTR69Hに変更された。
  • クハ183-39は、クハ183-17の事故廃車にともなう補充用。
クハ183形
LED式ヘッドサイン・両渡り改造車

またクハ183形の一部車両は、以下の改造が施工されている。

  • 1985年に北総特急が基本編成6両とし多客期には3両を増結する編成に変更したことから既存の片渡り構造では対応しきれない問題が発生したため、KE70形ジャンパ連結器を増設し両渡り構造に改造した。
  • 1996年から1997年前面愛称表示器を幕式からLED式への改造[9]

国鉄分割民営化時には、0番台全車が東日本旅客鉄道に承継された。1993年にモハ183+モハ182-1・2・11・12とサロ183-19が松本運転所(現・松本車両センター)に転属したことがある以外は幕張からの移動もなく、老朽化に伴って他系列への置き換えが進められた結果、0番台車は2006年をもって全車廃車となり、区分消滅している。

改造車[編集]

本グループへの改造編入車は存在しないが、本グループからの改造転出車が1例のみ存在する。

サロ110形300番台[編集]

サロ110-309

1987年から1988年にかけて、余剰となったグリーン車(0番台)を113系(東海道線)用に転用改造したもの。詳細は国鉄113系電車#サロ110形 特急形改造車を参照のこと。

サロ183 1 8 14 15 5 11 16 17
サロ110 304 305 306 307 308 309 310 311


183系1000番台[編集]

183系1000番台

製造の経緯[編集]

上越線エル特急とき」に使用されていた181系東海道本線東京口の特急「あまぎ」ならびに上野 - 万座・鹿沢口間の季節特急「白根」に使用されていた157系の老朽化に伴う置換えのため、1974年当時設計の進んでいた信越特急用の系列(後の189系)から横軽協調運転装置を省いて製造され、同年11月末に登場したグループである。「とき」充当車は新潟運転所上沼垂支所(現・新潟車両センター)に、「あまぎ」「白根」充当車は田町電車区(現・田町車両センター)に配属された。

登場までの詳しい経緯は、#183系1000番台登場の経緯を参照のこと。

0番台からの変更点[編集]

豪雪地帯である上越線に投入されることから耐寒耐雪構造がさらに強化されているのが特徴であり、台車も耐雪強化構造となったDT32I・TR69I形を採用したほか、形式毎では以下に示す設計変更が行われた。

クハ183形
  • 寒冷時における運転台へのすきま風防止のため先頭部の貫通路と貫通扉を廃止し、0番台では省略された運転台の後方監視窓を設置。ATCは未搭載であるが、運転台の拡張[10]とMG冷却風道用の雪切室を設けたために定員は逆に減少して56名である。
  • 客室窓周りの赤塗装は従来乗務員室扉前位でクロスさせて下部前灯部分にかかるデザインであったが、本区分番台では乗務員室扉はベージュ塗装として塗り分け位置を変更。
  • 前灯周位の塗り分けも翼をイメージした形状になり、同じく貫通扉を有しない485系300番台や同1000番台などと比較してやや『つり目』風とでも言うべきデザイン[11]に変更。
モハ182-1049グレードアップ施工車
モハ182-1049
グレードアップ施工車

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
MM'ユニット
  • パンタグラフ搭載車が、モハ183形からモハ182形に変更された。
サロ183形
  • クハ183形のMG・CPトラブル発生時でもサービス電源と圧縮空気の確保のため3MG・CP化[12]されMG・CPを搭載する1100番台[13]と未搭載の1000番台に区分された。


形式[編集]

本グループは、次の4形式181両が製造された。

製造年次 製造所 形式 新製配置
モハ182形
モハ183形
クハ183形 サロ183形
Ts Ts'
1974年 日車 1001 - 1006 1001 - 1004 1001, 1002 1101, 1102 新潟運転所
近車 1007 - 1012 1005 - 1008 1003 1103
1975年上期 東急 1013 - 1020 1009 - 1012 1004, 1005 1104, 1105
近車 1021 - 1028 1013 - 1016 1006, 1007 1106 - 1108
1975年下期 東急 1029 - 1033 1017 - 1020 1008 1109, 1110 田町電車区
近車 1034 - 1038 1021 - 1024 1009, 1010 1111, 1112
1978年 東急 1039 - 1042 1025, 1026   1113 新潟運転所
日車 1043 - 1048 1027, 1028   1114, 1115
川重 1049 - 1058 1029 - 1032   1116, 1117
1981年 日車   1501, 1502    
1982年 日車   1503 - 1506     幕張電車区

製造年次により以下の相違点がある。

1974年製造車
  • 「とき」緊急置換え用に製造されたグループ。
  • トイレの汚物処理装置が暫定工事で落成したために水タンクが本来の700ℓから1000ℓに増量されている。
  • モハ182-1002は、ディスクブレーキ試験のため1979年、一時的に台車はDT950形に、主電動機はMT58形を搭載した実績がある。
1975年上期製造車
  • 「とき」第2次置換え用に製造されたグループ。
  • モハ2形式は、主電動機冷却風取入口がワンタッチで夏冬切換できるものに改良された。
  • クハ183形は、運転台下横にあるMG・CPの冷却風取入グリルの形状が改良された。
1975年下期・1976年製造車
  • 「あまぎ」・「白根」置換え用に製造されたグループ。
  • 戸閉装置がTK103形に改良されたほか、クハ183形ではCPが冷却風取入グリルからの融雪水浸入防止を図ったMH113B-C2000MAに変更された。
1978年製造車
  • 1978年10月のダイヤ改正で「とき」増発と第3次181系置換え用に製造されたグループ。
  • 普通車の簡易リクライニングシートが、ロック機構のあるR51BNに改善された。
  • モハ182形の冷房装置が、AU71B形に改良された。
  • サロ183形1000番台は、逼迫する国鉄財政事情から新造されず、サロ481形改造の1050番台が充当された。
  • 日本車輌が製造したクハ183-1027・1028は前面のステンレス製飾り帯の位置が低い異端車。
1981年製造車
  • クハ183-1501・1502の2両のみで、1982年11月のダイヤ改正では、上越新幹線開業により「とき」が廃止され、捻出された183系によって房総各線は急行を全廃して特急列車の増発が行われることになった。その際に必要となるATCを装備した制御車の転用改造を実施するための予備車として製造されたもので、新造時からATC-5形を装備している。非貫通形のクハ183形1000番台車をベースとして製造されたが、座席1脚分のスペースをATC機器室に充当したため、ベースとなったクハ183形1000番台よりも定員は2名少ない54名となった。2両とも新潟に新製配置後、1982年に幕張へ転属。2004年に廃車となっている。
1982年製造車
  • 「とき」廃止にともなう183系1000番台の転用の際に不足するATC付制御車を新造したもの。1981年製造車から変更点はない。2009年現在、1505のみが大宮総合車両センターOM102編成に組み込まれ現存する。


改造車[編集]

系列内改造[編集]

クハ183形1500番台[編集]
クハ183-1525前部扉と幅の狭い側窓間がATC機器室
クハ183-1525
前部扉と幅の狭い側窓間がATC機器室

「とき」廃止にともなう房総地区転用に備えて、1982年3月から8月にかけて新津車両管理所(現・新津車両製作所)でクハ183形1000番台に1500番台(1501~1506)と同様の機器室設置とATC搭載の改造を施工した。定員が2名減って54名となり、車両番号を原番号+500の区分とした。

クハ183-1527飾り帯の低い異端車 クハ183-1529(参考・標準前面)
クハ183-1527
飾り帯の低い異端車
クハ183-1529
(参考・標準前面)
  • 1525・1528の2両は、1986年に幕張電車区から松本運転所に転属し、いわゆる「あずさ色」になった。さらに1998年には長野総合車両所(現・長野総合車両センター)に再転属となり、旧「あさま色」に塗装を変更。またATCを京浜東北線根岸線対応のATC-6形に換装し特急「はまかいじ」にも投入された。機器室の隣の座席1脚を撤去して、定員はさらに2名少ない52名となった。その後、錦糸町 - 品川間のATS-P形化および「はまかいじ」運用の終了に伴い現在ATCは取外された[要出典]が、機器室は存置されており改番もされていない。現在もN101編成の両端先頭車として長野に在籍。
  • 1527・1528は改造前から前面のステンレス製飾り帯の位置が低い異端車だったが、改造後も飾り帯の位置は直されていない。
クハ183 1025 1026 1027 1028 1029 1030 1031 1032
クハ183 1525 1526 1527 1528 1529 1530 1531 1532

他系列からの改造車[編集]

国鉄末期、短編成化・列車本数増加により先頭車が不足するとともに、多くの付随車が余剰となった。また、逼迫する予算のために新造コストも抑制されていたため、485系・489系の余剰付随車を種車に改造された。1000番台を称しないものもあるが、いずれも1000番台の編成に組み込んで使用された。

なお、民営化後に登場した西日本旅客鉄道(JR西日本)の改造車(200・700・800番台)については、#JR西日本の183系で解説する。

サロ183形1050番台[編集]

1978年10月ダイヤ改正で「とき」は増発されたが、新造コストを削減するためにグリーン車は余剰のサロ481形基本番台を編入することになり、新津車両管理所で改造施工したのが当区分である。

主に制御系統のみが変更されたため、485系の特徴であるドアステップも含め外観に変化はない。

  • 485系からの編入改造車は、485系が183系より床面が高く、客室窓が高い位置に設置されていたことにより、国鉄特急形電車の特徴である窓周りの赤色の塗装(赤2号)が編成を組む183系新製車と合わないなど、アンバランスな形態をしていた[14]

後に短編成化や新型車両投入により余剰となり、1988年と1989年に485系に復帰し番台消滅した。

サロ481 90 98 112 133
サロ183 1051 1052 1053 1054
クハ182形[編集]
クハ182-101

中央東線の急行格上げに伴う特急列車増発の際、逼迫する当時の国鉄財政では不足する先頭車を新造することも厳しい情勢であった。そのため短編成化で余剰になった比較的経年の新しいサハ481形100番台に、長野工場でクハ183形1000番台に準じた運転台の取付改造を行った。偶数向(新宿方)制御車。

後位側ドアには種車のステップが残存する。また1985年改造の0番台は後位出入台側の車販準備室を残しているが、1986年改造の100番台では座席定員確保のため撤去という差異がある。また、側面行先表示器は183系と485系ではシステムが異なるため、種車のものは撤去し、0番台を除いて前位側出入台横に新設した。

E351系E257系の投入に伴い、0番台車は1999年までに全車廃車になり、100番台車は波動(臨時列車)用として101・102が大宮総合車両センターに在籍する。

サハ481 110 111 117 103 112 104 102
クハ182 1 2 101 102 103 104 105
クハ183形100番台[編集]

前述のクハ182形と同じ理由で、1985年と翌1986年にサハ489形およびサハ481形100番台を183系の奇数向(松本方)先頭車に改造して登場した番台区分で、改造施工は103のみが大宮工場、他が長野工場。

  • サハ481形・サハ489形改造先頭車は、トイレ・洗面所の配置が新造車とは逆になる。これはクハ188形も同様である。

サハ489形からの改造車の後位側は特徴的なドアステップが残存。サハ481形100番台からの改造車は、旅客定員の確保のため改造時に種車の車販準備室を撤去した。また、行先表示器を前位側ドア横窓上に新設している。高崎車両センターに2両在籍していたが、幕張車両センターからの転入車に置換えられて2005年に廃車となった。

サハ481・サハ489 489-7 489-9 481-107 481-105 481-114
クハ183 101 102 103 104 105
クハ183形150番台[編集]

前述のクハ183形100番台と同じく1986年にサハ489形から改造した番台区分であるが、運転台ブロックがクハ183形1000番台仕様ではなくクハ481形1000番台仕様であり、全長が21250mmと他車より250mm長いことと前頭部に回り込んだ赤帯のデザインがクハ481形相当である等の特徴がある。改造施工は幡生工場(現・下関総合車両所)。またCPも他の先頭車改造車が1000番台と同じく運転台ブロック内に搭載されているのに対しMGとともに床下搭載、MGも160kVAであるなどの相違点がある。

151・152の2両のみの存在で、中央東線に投入されグレードアップ改造も施工されたが、E257系への置換えにより2003年に2両とも廃車された。

サハ489 8 6
クハ183 151 152

他系列への改造車[編集]

189系1500番台[編集]

1000番台の各形式を189系に編入改造したもの。詳細は#1500番台を参照のこと。

サロ110形1300番台[編集]

余剰となったグリーン車(1000番台)を、1987年から1988年にかけて113系(横須賀線)用に転用改造したもの。詳細は国鉄113系電車#サロ110形 特急形改造車を参照のこと。

サロ183 1003 1006 1007 1009 1002
サロ110 1301 1302 1303 1304 1305
サロ481形への復元[編集]

サロ183形1050番台は、グリーン車の連結両数削減によって余剰となったが、1988年に新潟地区の485系用のグリーン車が不足したことから、485系から改造された当番台2両がサロ481形に復元され、原番に復した。

サロ183 1052 1053
サロ481 98(II) 112(II)
サハ481形300番台への改造[編集]

1989年、特急「ひたち」のモノクラス化にともなう中間付随車として、サロ183形1050番台のうち前節の改造にもれた2両が、座席を普通車用に交換して、サハ481形300番台に編入された。

サロ183 1051 1054
サハ481 305 304

189系[編集]

旧・国鉄色 あさま色 あずさ色
旧・国鉄色
あさま色
あずさ色

信越本線横川 - 軽井沢間の碓氷峠は最大66.7‰の急勾配区間であるため、電車は最大8両に制限、台枠・連結器の強化などをする通称横軽対策を施し、EF63形の推進・牽引による無動力運転を行っていた。しかし、協調運転用機器を搭載することにより12両まで通過可能となるため、エル特急「あさま」に使用されていた老朽化の著しい181系を置き換えるとともに、輸送力を増強するために183系1000番台登場からおよそ半年後の1975年6月に登場した系列である。

モハ188-41 車内 クハ189-506 運転台
モハ188-41 車内
クハ189-506 運転台

当初は、長野運転所[15] に集中配置された。「あさま」投入後には季節特急「そよかぜ」や中央東線の「あずさ」でも運用された。

協調運転装置の搭載による以外の違いは、運転室下部の電動発電機冷却風取入口のスリット部面積・協調運転用KE70形ジャンパ連結器・冷房故障時対策から各車両車端部から2番目の窓を開閉可能な上昇式に変更などである。なお、両系列の関係については#183系1000番台登場の経緯を参照のこと。

形式[編集]

製造年次 製造所 形式
モハ188形
モハ189形
クハ189形 サロ189形
Tc0 Tc5 Ts Ts'
1975年上期 日車 1 - 6 1 - 3 501 - 503 1・2 101・102
川重 7 - 21 4 - 8 504 - 508 3 - 7 103 - 107
1975年下期 川重 22 - 30 9 - 11 509 - 511 8 - 10 108 - 110
1978年 川重 31 - 44 12 512   111
日車 45 - 47 13 513   112
1979年 日車 49 - 52 14 514   113

本系列は下記の4形式155両が製造された。新製配置はすべて長野運転所。

  • クハ189形は、直江津方が0番台、EF63形と連結する上野方は500番台に区分されている。
  • サロ189形はEF63形との協調運転時に減少させる空気バネ台車への空気再供給を短時間で行う必要があったことから、MG・CP双方を装備する100番台の他、0番台[16]についてもCPを装備する。
  • 製造は、日本車輌製造・川崎重工業の2社のみである。
  • 1975年上期製造車が「あさま」置換え用、下期が「あずさ」置換え用、1978年・1979年製造車が増発用名義であるが、1978年の川重製造分のクハ・サロが1編成分なのに対してMM'ユニットが14組28両と大量製造されている。これは地上設備の関係で1975年製造車が6M4Tの10両編成での運転をせざるを得なかったが、諸問題が解決したために計画当初の12両編成での運転を開始できることになり、一括製造を行ったためである。また、1978年製造車からは普通車の簡易リクライニングシートが、ロック機構のあるR51BNに改良されている。


改造車[編集]

189系にも183系と同じく他系列からの改造車が存在する。ほとんどが上越新幹線開業以降、分割民営化前後までに183系や485系から改造されたものであり、国鉄改革が叫ばれていた時期に登場したため、車両新製に代わって他系列車両の改造編入が行われている。改造はすべて長野工場が施工した。

他系列からの改造車[編集]

1500番台[編集]

1982年から1985年にかけて、上越新幹線開通で廃止になった「とき」に使用されていた183系1000番台に前述の協調運転に関わる装備を追設した番台区分である。183系1000番台は製造当初より横軽協調運転機能追設が考慮されていたため、引き通し線の追設と主制御器の交換のみで新製車との外観上の違いはほとんどないが、0番台の持つ側窓の開閉機構は備えられていない。

クハ189形、モハ189形・モハ188形、サロ189形の4形式すべてに存在し、車番は原番号+500を原則とするが、一部例外が存在する。

  • クハ189形直江津方先頭車およびサロ189-1107・1117は183系原番号と同じ。
  • サロ189形1500番台は、1505がサロ183-1005が種車のためCPを設置、1516がサロ183-1116が種車のためMGを撤去して0番台と同一仕様としている。

クハ189-1516のみがグレードアップ改造され、最終的に幕張車両センターのC2編成に組み込まれていたが、2009年に廃車されたことでこのグループは区分消滅した。

モハ183+モハ182 1016 1021 1048 1058
モハ189+モハ188 1516 1521 1548 1558
クハ183 1015 1016
クハ189 1015 1516
サロ183 1107 1117 1005 1116
サロ189 1107 1117 1505 1516
サロ189形50番台[編集]

サロ183形1050番台と同じく1978年から翌年にかけて、485系のグリーン車サロ481形より改造した番台区分で、CPの設置と横軽対策の施工以外は改造前と大きな変更はない。1989年に全車がサハ481形300番台に格下げ改造のうえ勝田電車区(現・勝田車両センター)へ転出した。その後、E653系の投入に伴い2000年までに全車が廃車されている。

サロ481 110 111 113
サロ189 51 52 53
モハ189形・モハ188形500番台[編集]

1982年と1983年に施工された485系電動車ユニットの189系化改造による区分である。主な改造内容は交流関連機器の撤去であるが、車体は0番台に準じた構体へ新規載せ換えとしたため、他の485系編入改造車とは異なり外観上では0番台車とほとんど区別がつかない。

種車の備品を多数流用したことから、当初は座席が0番台のR51系簡易リクライニングシートではなく、T17形回転クロスシートを装備した[17]。また501ユニットはグレードアップ車に改造された。

1997年10月1日長野新幹線開業に伴う運用減により3ユニットが廃車され、最後まで残った501ユニットも2002年にE257系へ置き換えられて廃車となり、区分消滅している。

改造前 モハ485 199 203 204 205
モハ484 301 305 306 306
改造後 モハ189+モハ188 501 502 503 504
クハ188形[編集]

クハ182形と同じく、1986年にサハ481形100番台にクハ189形に準じた運転台を取付けて先頭車化改造した形式である。クハ189形とは異なり、直江津方が100番台、上野方が600番台に区分される。クハ182形100番台と同じく、先頭車改造と同時に種車にあった車内準備室を撤去したため、定員もクハ189形と同じ56名である。2006年現在、長野総合車両センターにN103編成の両端先頭車として102・602の2両が在籍する。

サハ481 113 116 101 115
クハ188 101 102 601 602

他系列への改造[編集]

サハ481形300番台[編集]

1989年、特急「ひたち」のモノクラス化にともなう中間付随車として、余剰となっていたサロ189形50番台の座席を普通車用に交換したものである。

サロ189 51 52 53
サハ481 306 307 308

グレードアップ改造[編集]

「あずさ」用グレードアップ車(登場当時)
「あずさ」用グレードアップ車(登場当時)
客室窓の比較クハ189-504(改造車)モハ183-1044(標準車)
客室窓の比較
クハ189-504(改造車)
モハ183-1044(標準車)
モハ189-31普通車案内表示器設置
モハ189-31普通車
案内表示器設置
グレードアップ普通車の座席シートピッチ拡大・高床・大窓化を施工
グレードアップ普通車の座席
シートピッチ拡大・高床・大窓化を施工

JR移行直後より、特急「あずさ」「あさま」は並行する中央自動車道関越自動車道上信越自動車道高速バスと激しい競争になり、JR東日本では対抗策として一部車両の差別化を計り、指定席車両のグレードアップ(デラックス化)改造を行った。

1987年から「あずさ」用9両編成8本、1990年から「あさま」用11両編成7本に施工された。基本的には両列車とも同じ内容であったが、「あさま」用編成は「あずさ」編成での反省を生かし、一部が変更されている。

  • 外部塗装の変更
  • 座席部分の床を170mm嵩上げしてセミハイデッキ化
  • 窓を100mm上方へ拡大、内窓キセをFRP製に変更
  • 座席の交換
    • 普通車は背面テーブル付リクライニングシートへ取り替えてシートピッチを拡大(910mm→960mmまたは970mmに)。定員は各車両4名減
    • グリーン車はシートピッチを変更せず、従来より座面の横幅の広い座席に取り替え。C席が独立した1+2配置の3列式とし、定員は36名に変更
  • 荷棚は100系新幹線と同型の読書灯付に改造
  • 仕切ドアを自動ドアに改造し上部に案内表示器を設置
  • グリーン車に当初は百円硬貨専用、のちにテレホンカード式の公衆電話を新設
  • グリーン車のトイレ・洗面所をリニューアル
  • 車内チャイムを「鉄道唱歌」から「信濃の国」「雪山讃歌」「武田節」「ちょっとだけストレンジャー」(加山雄三の持ち歌であるJR東日本CMタイアップ曲)の4曲に変更

これらはすべて指定席車両が対象で、自由席車は外部塗装を変更して座席表地のモケットとカーテンを指定席車と同色のものに取り替えた程度にとどまっている。しかし、閑散期には指定席車を減車し、指定席車(4号車)を自由席として使用することもあったため、該当車両は指定席車両と同様の改造を行った上、座席取付部にレールを設置し、シートピッチを変更可能にしている。

松本運転所所属のグレードアップ編成は次のとおりである(1989年)。自由席車は斜体で記した。「2-」はクハ182形。

 
← 松本・長野
号車 9 8 7 6 5 4 3 2 1
形式 クハ183 モハ183 モハ182 サロ183 モハ183 モハ182 モハ183 モハ182 クハ183
編成
番号
M1 1011 1042 1042 1115 1049 1049 1015 1015 1018
M2 1023 1052 1052 1113 1057 1057 1053 1053 1014
M3 1001 1012 1012 1108 1019 1019 1008 1008 2-101
M4 1009 1026 1026 1102 1032 1032 1025 1025 1020
M5 102 1028 1028 1114 1045 1045 1009 1009 1012
M6 151 1055 1055 1103 1039 1039 1051 1051 2-104
M7 152 1002 1002 1109 1037 1037 1038 1038 1024
M8 103 1054 1054 1110 1031 1031 1056 1056 2-102

後発であった「あさま」編成は外部塗装の違い以外に以下の点が変更された。

  • 座席のハイデッキ部分をやや低くし、頭上の圧迫感を低減
  • 「あずさ」編成の照明に付けられたルーバーを廃止し、フラットタイプに変更
  • 冷房ダクトも含めて平天井に近い形態に変更
  • グリーン車の仕切ドアを通路に合わせて移設
  • グリーン車に男子トイレを追加
  • グリーン車公衆電話に電話室を新設して静粛性を確保
    • 男子トイレと電話室新設のために客室面積を縮小したため、グリーン車の定員は「あずさ」編成より一列減の33名となる
  • 車内チャイムのうち「武田節」を「故郷」に変更
  • サロ189-1については増結グリーン車専用(禁煙車)となり、電話室には電話を設置せず、業務用室として使用

閑散期には指定席車が自由席として使用されることもあったため、該当車両は指定席車両と同様の改造を行ったが、「あずさ」編成と異なりシートピッチ可変機構は省略された。

1992年時点の189系グレードアップ車の編成は次のとおりである。松本運転所の183系とは指定席車と自由席車の連結位置が逆になっている。下記の他にサロ189-1が増結車として改造されている。

 
← 長野
号車 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
形式 クハ189 モハ189 モハ188 モハ189 モハ188 サロ189 モハ189 モハ188 モハ189 モハ188 クハ189
編成
番号
N201 1 8 8 7 7 112 10 10 11 11 1516
N202 4 14 14 12 12 101 1 1 42 42 501
N203 13 18 18 47 47 111 501 501 16 16 512
N204 8 1521 1521 23 23 105 50 50 51 51 504
N205 12 41 41 46 46 102 48 48 13 13 502
N206 10 22 22 49 49 108 35 35 31 31 508
N207 11 5 5 4 4 109 9 9 3 3 509

両列車共に運用は限定され、時刻表にも「デラックス車両で運転」と案内されていたが、長野新幹線開業で「あさま」編成が「あずさ」に転用されて以降、次第に一般車と運用が区別されなくなり、「あずさ」のE257系置換まで続いた。

その後は中間車のみ房総特急に転用され、先頭車は一般車と組んで団体臨時用になったが、その際、ドア上部の車内表示器が撤去[18]されている。

「あさま」用の一般編成も普通指定席車の座席のみグレードアップ車と同型に交換されたが、「あずさ」用一般車は最後まで交換されなかった。また、一般編成の車内チャイムも「あさま」編成の1本を除いてグレードアップ車仕様に取り替えられたが、「あずさ」編成1本が「あさま」仕様(「故郷」)を使用していた[19]。また、幕張車両センターC編成に組まれていたグリーン車の電話には「あずさ」時代の電話使用不可区間や湘南新宿ライナーの鶴見 - 藤沢間などの表示シールも残っていた。

ジョイフルトレインへの改造[編集]

JR化後、JR東日本では、余剰車両を活用して、ジョイフルトレインへの改造がされることとなった。

「シルフィード」への改造[編集]

1990年新潟支社が新津車両所で改造したジョイフルトレイン(欧風車両)である。名義上サロ189形の改造であるが、車体は新製された上に機器類は485系1000番台の予備品を使用したことから、種車からは台枠と一部部品が流用されたに過ぎず、実質的には新造車に等しい。

改造・番号変更の経緯
改造前 サロ189
-2
サロ189
-3
サロ189
-4
改造後 クモロ485
-1
モロ484
-1
クロ484
-1


「リゾートエクスプレスゆう」への改造[編集]

リゾートエクスプレスゆう

1991年水戸支社が大井工場(現・東京総合車両センター)および大船工場鎌倉総合車両センターを経て2006年閉鎖)で改造したジョイフルトレイン(欧風車両)である。上述の「シルフィード」同様の改造方法が取られたため、改造車名義ではあるものの実質的には新造車に等しい。

改造・番号変更の経緯
改造前 サロ183
-1008
サロ189
-8
サロ189
-6
サロ481
-1002
サロ189
-7
サロ189
-5
改造後 クロ484
-2
モロ484
-3
モロ485
-1
サロ485
-1
モロ484
-1
クモロ485
-2


「彩野」への改造[編集]

2003年「あずさ・かいじ」のE257系化のため余剰となった189系電車6両を国際的な観光都市である日光や、京葉線沿線など臨海副都心へのアクセス用の専用ジョイフルトレイン、また団体輸送用として大宮工場で改造したもので、公募により「彩野」と命名された。「彩野」の由来は、埼玉県を表す「彩(彩の国さいたま)」と栃木県旧国名下野国」からとのこと。

改造箇所は、日光をイメージした専用塗装。車内の化粧板、座席モケットの張替えなどのリニューアルが主でグレードアップをするような改造は行われていない。

改造後は小山電車区(現・小山車両センター)に配属され、編成番号は「Z45」となった。快速「やすらぎの日光号」などをメインに使用されたが、2006年3月18日付で大宮総合車両センター車両検査科東大宮センターに転属。同日のダイヤ改正で運転を開始した東武鉄道との直通運転を行う特急「日光」「きぬがわ」用小山車両センター所属485系直通車両の予備車も兼ねることになり、大宮総合車両センターで東武鉄道ATS・列車無線などを装備した。また、塗装を東武特急と同色に変更したために「彩野 AYANO」の文字(マーク)が消されたが、JR東日本では引き続き公式に「『彩野』編成」とした。

編成表
← 黒磯・東武日光・鬼怒川温泉
新宿 →
クハ189
-2
モハ189
-45
モハ188
-45
モハ189
-43
モハ188
-43
クハ189
-511


運用[編集]

国鉄時代[編集]

1972年の幕張電車区への配置以降、首都圏周辺の車両基地に次々と配置され近距離特急列車に投入された。

幕張電車区[編集]

1972年7月の「さざなみ」「わかしお」から運用が開始され、1975年3月からは「しおさい」「あやめ」にも投入。1982年11月15日国鉄ダイヤ改正では「すいごう」にも投入され当時の千葉鉄道管理局管内の特急列車をすべて担当をしていた。

また1973年10月からは、新宿 - 松本白馬間の「あずさ」にも投入されたほか、上野 - 中軽井沢間の季節特急「そよかぜ」や上野 - 石打間のスキー臨時特急「新雪」などにも充当された。

上記にも示したように幕張車は、千葉鉄道管理局管内の特急列車と「あずさ」が定期運用で首都圏周辺の臨時列車・波動輸送での運用が主とされており、基本的には次の6M3T編成で投入されていた。

← (松本)・東京
安房鴨川・館山・(新宿) →
クハ
183
サロ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183

1982年11月の上越新幹線開業直前にはダイヤ改正以降新潟運転所から他所への改造転用車が必要となることから「とき」の代走運用に貸し出された。開業後「とき」充当車が余剰になり、新潟運転所から1000番台が転入。また、この改正で登場した「すいごう」は4M2Tのモノクラス編成が投入された。

1985年3月14日国鉄ダイヤ改正からは、「すいごう」以外の乗客数やグリーン車需要が少ない列車でも、グリーン車無しの6両編成での運転が行われるようになり、正面が貫通式の0番台によるTcMM'MM'Tc編成も登場した。なお、この編成は貫通路を活用し、多客期にはTcMM'またはMM'Tcの3両を増結した9両編成で運転された。

1986年11月の改正で「あずさ」の定期運用から幕張車は撤退し、一部車両が松本運転所に転属している。

新潟運転所上沼垂支所[編集]

1974年12月28日から1000番台が配置され、8M4Tの12両編成でそれまですべて181系で運転されていた「とき」13往復中3往復を置き換えた。新潟本系列は次第に数を増やし、翌1975年10月には過半数の7往復を占めるまでになった。さらに増発を重ね、14往復中10往復を担当。上越新幹線開業直前には、181系充当「とき」4往復のうち1往復が183系に振替となり11往復が183系で運転されたが、9月からは新幹線の開通を待たずに検査期限が切れた181系が多発したために幕張所属車を含めて全列車が183系で運用されたこともあった。

1982年11月15日の上越新幹線開業で「とき」は全廃されたため新潟所属車は、全車長野運転所と幕張電車区に転属している。

長野運転所[編集]

1975年7月から「あさま」充当の181系を置き換えた189系は、同年12月1日には「あずさ」も置き換え共通運用化された。また季節特急の「そよかぜ」にも投入された。

当初は地上設備の関係で10両編成での運用であったが、1978年10月2日のダイヤ改正でMM'ユニットが追加され、全列車12両化された。

1982年11月の上越新幹線開業では、余剰になった新潟所属の183系1000番台が転入し、「あずさ」運用に投入。さらに485系からの改造車も183系・189系に加わりそれぞれの増発に対応している。

1985年3月14日国鉄ダイヤ改正では田町電車区の車両も転入してきたが、一部列車でMM'ユニット1組、Ts1両減車の9両編成での運用が開始された。1986年11月1日国鉄ダイヤ改正では、「あずさ」運用が松本運転所に移管されることになり、183系1000番台車は全車転属した。

田町電車区[編集]

「踊り子」運用
「踊り子」運用
クロ157-1組込のお召し運用
クロ157-1組込のお召し運用

1976年3月に老朽化した157系の置き換え用に183系1000番台が配置され、6M4T10両編成が「あまぎ」に、4M3T7両編成が季節特急「白根」に投入された。

また1980年には貴賓車クロ157-1の牽引ユニットであるクモハ157・モハ156-1・2も廃車されたために本系列が牽引を担当するようになった。

1981年には従来の「あまぎ」と急行「伊豆」を特急「踊り子」に発展的解消。185系電車と共に投入された。

1982年11月の改正では「白根」運用を新前橋電車区(現・高崎車両センター)の185系200番台に移管し、以後は「踊り子」運用に専従となったが、1985年3月の改正で185系に運用を集約。田町所属車は全車長野運転所に転属し「あずさ」増発に充当された。

松本運転所[編集]

1986年11月1日に「あずさ」運用を長野運転所から移管され、183系1000番台車が転入した。JR化後の1988年3月からは、6両編成が「かいじ」にも投入されたが、「あずさ」と共通の9両編成に増強された。

JR東日本への承継後[編集]

民営化後も長野・松本・幕張に配置され、引き続き各列車に充当されていた。しかし、1990年代に入ると車両の老朽化や新型の255系E351系などの登場により廃車、また特急運用からの離脱が目立つようになった。

1997年長野新幹線開業により長野総合車両所配置の189系が、一部車両を除き廃車・転属。

「あずさ」「かいじ」で運用されていた松本運転所配置車はE257系の登場により2002年12月までにすべて置換えられ、余剰となった本系列は運用終了後に廃車もしくは転出となり、主に臨時列車団体列車修学旅行列車に投入された。

一方、幕張車両センター配置車は主に千葉支社管内を中心とする特急網でのみ定期列車に投入されていた。そのため松本所属車のうちグレードアップ車の多くはこちらに転入している。しかし、2004年10月16日ダイヤ改正では「さざなみ」・「わかしお」がE257系500番台に、臨時列車扱いながら毎日運転されていた大宮[20] - 成田空港の「ウイングエクスプレス[21]」は「成田エクスプレス」に発展的解消され253系に、翌2005年12月10日のダイヤ改正で「しおさい」・「あやめ」もE257系500番台と255系にすべて置き換えられ、JR東日本では本系列による定期特急列車運用が消滅した。

また新製当時の技術上から車体の断熱材に石綿(アスベスト)を使用していたなどの問題もあり、アスベスト使用車については2007年3月までに廃車が実施された[22]

2011年現在、定期列車としては長野配置車が信越本線長野 - 直江津間の普通・快速「妙高」で運用されるのみで、臨時列車として使用する場合でも特急列車としてではなく、「ムーンライトながら」・「ムーンライト信州」・「ホリデー快速富士山」のように快速列車として使用されるケースが多くなっている。

長野総合車両センター[編集]

N101編成クハ183-1528 N102編成クハ189-9 N103編成クハ188-102
N101編成
クハ183-1528
N102編成
クハ189-9
N103編成
クハ188-102
簡易リクライニングシート車車内 グレードアップシート車車内
簡易リクライニングシート車
車内
グレードアップシート車
車内

6両編成x3本(N101 - 103編成)18両が在籍。現在、唯一の定期運用を持つとともに快速「ムーンライト信州」や「ファンタジー舞浜」などの臨時列車のほか、臨時「あずさ」で特急運用を担当することもある。全車旧「あさま」色塗装とされていたが、2012年10月に特急「あさま」リバイバル運転のためN101編成は旧国鉄色に復元された[23]

N101編成のクハ2両とN102・103編成の直江津方クハを除いてグレ-ドアップ車用シートに交換されているほか、各編成は以下の特徴を持つ。

N101編成
  • クハ183-1525・1528は新潟→幕張→松本→長野と転属した車両。「あずさ」から撤退後に長野で臨時特急「はまかいじ」を受け持つことになり、ATC搭載可能のため転入。
N102編成
  • 全車生え抜きの長野所属で他区所への転属経歴がない。また本編成のみATS-Psを搭載する。
N103編成
  • 両端のクハがサハ481形改造のクハ188形。
N104編成
  • 元は2013年7月30日に大宮車両センターから転属したOM103編成である。

大宮総合車両センター[編集]

OM103編成(2編成併結「初詣」運用)
OM103編成
(2編成併結「初詣」運用)
「彩野」(OM201)編成
「彩野」(OM201)編成

2006年3月18日の組織変更で高崎車両センター配置の6両編成3本と小山車両センター配置の「彩野」編成1本、計24両が転入により配置。なお配置車ではないが幕張車両センター配置の旧「あずさ」色6両編成2本(マリ31・32編成)も同センターに常駐している。

2011年にOM201編成が廃車となったほか、2013年3月16日のダイヤ改正で田町車両センター配置車が転入したため、2013年4月現在では6両編成x4本・8両編成x1本・10両編成x2本の計52両の配置となった。

OM101 - 103編成
  • 高崎から転入の3編成で、主に波動輸送用[24]。「マリンブルーくじらなみ号」などにも投入されるほか、初詣輸送や集約臨などでは2編成併結の12両編成を組むケースもある。高崎時代に中間車を定期特急運用が消滅した幕張から捻出されたグレードアップ車に交換したために3編成とも先頭車のみが標準車となった。また、OM101・102編成の高崎・宇都宮寄り先頭車(クハ182-101・クハ183-1012)は前面上部の特急シンボルマークが撤去されている。
OM201編成
  • 「彩野」編成。2006年3月18日のダイヤ改正から運転を開始した特急「日光」「きぬがわ」用485系編成の予備車とするため東武ATSや列車無線を装備して同一塗装に変更した[25]うえで小山車両センターより転入。253系1000番台の営業運転開始に伴い2011年6月27日に長野総合車両センターへ回送された[26]
    • 在籍中は通常団体列車やホリデー快速での運用が中心となっていた。これは「彩野」編成が東武100系「スペーシア」や485系と比較すると座席の質など旅客サービス水準に大きな格差があるためで「日光」「きぬがわ」の代走運用は可能な限り東武100系を使用することがJR東日本・東武間での協定で決められていた。3編成存在する東武直通対応車が投入できない時や臨時列車[27]に投入された。
田町車両センターからの転入車[編集]
H101編成
H101編成
H102編成
H102編成
H61編成
H61編成

田町車両センターには国鉄時代に配置があったものの一度全車転出し、2002年に再配置された[28]

2005年には房総特急撤退により幕張から元・マリ21 - 23編成の1000番台後期製電動車ユニットが転入し1000番台初期車と置換えを実施している。基本的には団体列車や臨時列車など波動輸送中心の運用であり、6・8・10両の3種類の編成で旅客数に応じた柔軟な運用体制が敷かれていた。

2013年3月16日付で全車が大宮総合車両センターに転入した。

H101・102編成
  • 10両編成。多客期の臨時列車「ムーンライトながら91・92号」にも投入されていたが、2009年3月のダイヤ改正でJR東海373系電車を使用する定期列車が廃止されたため、2009年夏以降は号数のない「ムーンライトながら」として運転された。MT比8M2Tと電動車比率の高い編成である。
  • グレードアップ車以外も同様のシートに交換されているが、H101編成の2・3号車(モハ189・188-34)と2013年以降は8・9号車(モハ183・182-1044)が簡易リクライニングシート。
  • H102編成のみ全車189系で編成を組成。2013年8月29日に長野総合車両センターへ回送、モハ189・188-19・21の4両を編成から外して6両編成化され、9月2日に豊田車両センターに回送された[29]
H81編成
  • 8両編成。2013年9月24日に長野総合車両センターへ回送された[30]
H61編成
  • 6両編成。大宮発着時の「ホリデー快速河口湖」に投入された。

全編成ともに東海道線基準で東京方先頭車のみグレードアップ車が組み込まれるほか、客室窓枠の赤色塗装部分がH101・102編成では実際の窓枠サイズに合わせていることからグレードアップ車と標準車に段差があるのに対し、H61・81編成では標準車もグレードアップ車に合わせるという差異がある。

豊田車両センター[編集]

M50編成

189系6両で旧「あずさ」色M50編成と旧国鉄色のM51, M52編成の計18両が在籍する。波動輸送のほかに新宿発着時の「ホリデー快速富士山」に投入される。

  • M50編成は、東京方3両がグレードアップ車用シートで長野方3両が簡易リクライニングシートを装備する。
  • M52編成は、元大宮総合車両センター所属のH102編成からモハ189・188-19・21の4両を抜いた編成である。2013年9月に転入[31]
  • 長野車と同じ編成を組成するが、中央本線基準で編成が逆向きである。


幕張車両センター[編集]

マリ31編成
マリ31編成
マリ32編成
マリ32編成
C2編成(現在は廃車)
C2編成
(現在は廃車)

波動輸送用に対応し大宮総合車両センター東大宮センターに常駐する6両編成2本(マリ31・32編成)の12両が在籍した。

2005年12月のダイヤ改正で定期特急列車の運用が消滅したが、この改正直後に新潟県の大雪で上越線が不通となり、越後湯沢駅に閉じ込められた高崎車両センター所属編成や関東地区での団体列車の応援運用が不可能となった新潟車両センター所属485系の代走にマリ22編成が正月臨時列車などに投入された。

その後2007年頃までに中央本線東京 - 高尾間の「中央ライナー」用C編成4本とマリ31・32編成の計48両を除きすべて廃車もしくは他区へ転出となった。

C編成はJR東日本所属車で唯一グリーン車を連結していた編成で以下の理由によるものである。

  • 「中央ライナー」運用時にはE257系と編成を合わせるためグリーン車が必要であった。
  • 臨時「あずさ」の運用が見込まれていた。
  • 255系・E257系500番台トラブル発生時の代走運用を考慮した。

そのため本来は廃車予定だったグレードアップグリーン車の中でも状態の良い車両で組成されており普通車は9号車を除いてグレードアップ車のみとなり「中央ライナー」などでのサービス向上を実現していた。

2008年3月15日のダイヤ改正で「中央ライナー」運用はE257系・E351系に置換えられ消滅。4本中3本が運用を失い廃車となった。

  • C4編成のクハ183-1009・1020・モハ189・188-31は鉄道博物館に搬入されて休憩所として使用されている。

最後の1本となったC2編成は代走運用投入が主だった「ホームライナー千葉1号・5号」が定期運用となったが、1年後の2009年3月14日改正で255系・E257系500番台に置換えられ、[32]同年4月16日に廃車。これによりJR東日本所属のグリーン車は消滅した。

2010年3月13日ダイヤ改正からはこれまで新潟車両センター所属485系で運用されていた「ムーンライトえちご」が本系列に移管され当編成が原則的に投入されることになった[33]が、2012年3月17日ダイヤ改正で再び新潟車両センター所属485系に移管された。

2013年12月15日にマリ32編成が、同月23日にマリ31編成が津田沼駅 - 千葉駅 - 東小金井駅 - 聖高原駅 - 長野駅間(総武本線中央本線篠ノ井線経由)にて「ありがとう183系」号としてそれぞれ廃車回送を兼ねたさよなら運転を行った[34][35]

その他・エピソードなど[編集]

183系1000番台登場の経緯[編集]

183系0番台の登場した1972年以降、上信越線では特急「とき」や「あさま」に充当されていた181系の老朽化が問題化し、また輸送力増強のために、車両増備が計画された。新車投入にあたっては、183系0番台を追加新製するか、それとも信越線の輸送力増強にも対応すべく横軽協調機能を備えた新形式車とするかについて、国鉄内部で検討がなされていた。しかしそんな折、1973年12月から1974年2月にかけて上越地方を豪雪が襲い、181系「とき」の雪害故障に伴う運休が長期化する事態が発生した。このトラブルは新聞に掲載されるほどの社会問題となったため、急遽1974年冬までに雪に強い新車を投入することになり、183系0番台を基本としつつ711系電車の使用実績を反映させた耐寒耐雪強化構造を持つ183系1000番台を開発することになった。

設計・製造に充てられた期間は僅か9か月間であったが、先頭車の寸法や前面の非貫通化・集電装置のM車からM'車への移設をはじめとする電動車ユニット間の機器配置の変更・横軽協調運転装置取付準備工事など、0番台と比較して大幅な設計変更がなされており、当時既に設計中であった189系の影響を大きく受けている。このため、1975年6月に登場した189系は変更点はごく僅かとなっている[36]

国鉄187系特急用直流電車開発計画[編集]

189系の登場後、自力で碓氷峠を通過できる派生系列として187系が計画されていた。これは、国鉄版ズームカーともいうべきもので、全電動車方式(その他グリーン車1両のみ付随車とする案もあった)で補助機関車の解結作業を省略することでスピードアップを図ろうというものであったが[37]、1編成のみでは運用効率が悪いこと、北陸新幹線の建設が決定したこと、在来の189系でのスピードアップで十分な時間短縮効果が得られたことにより、この計画は中止された。

当初は、アルミニウム合金製車体を持つ新製車とする計画であった。電動車には界磁添加励磁制御を採用し、4両ユニット(Mc-M'-M''-Mc)を組むよう計画されたが、折しも国鉄改革が声高に叫ばれていた時期であり、余剰の183系グリーン車を改造することに変更された。先頭車両は185系電車に似せ、さらにフラノエクスプレスの中間車に似せたハイデッカー車両を1両連結するという計画だったが、最終的に計画自体が中止されたため、改造種車として用意された車両は、113系近郊形電車のサロ110形300番台の改造種車として転用された。

「やくも」転用計画[編集]

1982年伯備線山陰本線伯耆大山 - 知井宮(現・西出雲)間電化による「やくも」電車化には、当初の381系電車新造投入計画から逼迫する国鉄財政と費用対効果の面で上越新幹線開業によって余剰となる183系1000番台の転用が検討された。しかし、下記の問題が発生した。

  • 381系の導入事情を知った出雲市が新車を導入するため一致団結し様々な誘致運動を行った。
    • そのひとつが出雲運転区(現・後藤総合車両所出雲支所)の早期建設・落成である。
  • 伯備線は曲線区間が多いために本系列では電化によるスピードアップのメリットが希薄。
  • 上越新幹線の開業が当初計画されていた1982年6月から11月に延期[38]されたために同年7月の「やくも」電車化に転用ができなくなった。

以上の点から転用計画は白紙撤回され当初の予定どおり381系が導入された。

使用列車[編集]

運転終了―廃止・他系列車両への置換列車を含む

特急列車[編集]

国鉄→JR東日本[編集]

臨時列車[編集]

普通・快速列車[編集]

JR東日本[編集]

定期列車[編集]
臨時列車[編集]

※すべてJR東日本

事故廃車[編集]

クハ183-17

保存車[編集]

クハ189-506碓氷峠鉄道文化むらで保存
クハ189-506
碓氷峠鉄道文化むらで保存
クハ183-1009鉄道博物館で休憩所として使用
クハ183-1009
鉄道博物館で休憩所として使用
クハ189-5・506、モハ189-5
  • 群馬県安中市碓氷峠鉄道文化むら鉄道展示室の入口に、クハ189-506が保存されている。搬入当時はあさま色だったが、2002年8月頃に旧国鉄色に復元されている。また、屋外展示スペースの軽井沢方に、あさま色のクハ189-5・モハ189-5の2両が保管されている。
クハ183-1009・1020、モハ189・188-31
  • 埼玉県さいたま市大宮区鉄道博物館ヒストリーゾーン南側屋外で、休憩・飲食用車両として2008年8月1日より展示されている。また、鉄道博物館内には、前頭部や外周全体ではないものの、0番台の車体の一部が半分に切断されたうえで車両の断面の展示用として収蔵されている。
クハ183-1002・21
  • 長野県上田市で、あずさ色のクハ183-1002が「民宿あずさ号」として営業している。車内はお座敷に改装されているが、現役時代のイスも所々に残っている。なお、経営者は旧マリ23編成に組み込まれていた旧国鉄色のクハ183-21前頭部も保存している。


JR西日本の183系[編集]

183系700・800番台
183系700・800番台

国鉄分割民営化後に、JR西日本が485系・489系から改造したグループで、国鉄からJR東日本に引き継がれたグループと同じCS15主制御器・MT54主電動機・3.50の歯車比を持つために性能が同等な183系を称するものの全く系譜を異にするものである。

内容的には種車の485系・489系から交流用の機器を撤去または使用停止したものである。制御回路は種車と共通しており、直流電化区間であれば無改造の485系・489系との混結も可能であるが、JR東日本所属の本系列とは、引通構造が異なるため混結・併結することはできないほか、第2パンタグラフの撤去は施工されていないものの使用停止措置が採られる。

車体もJR東日本保有のオリジナル車や485系改造編入車とは異なり、全く手が加えられておらず全車片側1ドア構造で運転席上の前灯を有するなど485系同様の外観を有する[39]ために区別する必要から、塗装が変更されている。

交流機器を完全に撤去した700・800番台グループと車両に搭載したまま使用停止措置のみとした200番台グループが存在する。200番台グループは2011年3月12日ダイヤ改正で、700・800番台グループは2013年3月16日ダイヤ改正で運用を離脱し、JR西日本所有の本系列は定期運用を終了した。

700・800番台[編集]

1986年11月1日に行われた国鉄最後のダイヤ改正福知山線宝塚 - 福知山)、山陰本線(福知山 - 城崎)電化に伴い、同区間を運行する新設エル特急「北近畿」(2011年3月12日に「こうのとり」に愛称変更)に「くろしお」などで使われていた485系電車が転用されることになり福知山運転所(現・福知山電車区)に配置された。

その後、1991年にJR西日本が七尾線直流電化するのにあたり、交流電化の北陸本線と直通運転するため、普通列車用の交流直流両用電車が必要となった。一方、福知山所に配置されていた485系電車は直流電化区間のみの運用であり、交流機器は不要であった。そこで、同区の113系800番台および網干日根野両電車区の113系0番台を415系800番台に改造するため、1990年から1991年にかけて485系電車から交流機器を捻出し、直流専用の183系に編入した区分番台が本グループである。その後、列車の増発により1996年・2004年(モハ182-713)・2009年に追加改造が行われた。

改造はモハ484形に搭載している床下の主変圧器・主整流器・屋根上の空気遮断器・交直切換器等の交流機器類の撤去およびその他一部機器の直流専用化、制御車の交直切換スイッチ撤去・運転室表示灯の一部変更などで、施工は吹田鷹取松任の各工場である。

形式はモハ183形・モハ182形・クハ183形のほかクロ183形・クロハ183形が存在する一方で、JR東日本車とは異なりサロ183形は存在しない。なお種車によって番台区分されているが、モハ183・182形850番台は1997年に全車廃車となり区分消滅している。

モハ183形
800番台(モハ485形AU13E形冷房装置搭載車)
モハ485 255 250 253 249 210 143 187 183 122 131 114 209 108 140 137 123 186 252 141 251 212
モハ183 801 802 803 804 805 806 807 808 809 810 811 812 813 814 815 816 817 818 819 820 821
モハ183-806
850番台(モハ485形AU12形冷房装置搭載車)
モハ485 3 5 7 19
モハ183 851 852 853 854
1800番台(モハ485形1000番台)
モハ485 1005 1006 1001 1002 1028 1027
モハ183 1801 1802 1803 1804 1805 1806


モハ182-706
モハ182形
700番台(モハ484形200番台)
モハ484 312 246 289 285 226 235 218 311 212 243 240 227 319
モハ182 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712 713
800番台(モハ484形600番台)
モハ484 614 609 612 608
モハ182 801 802 803 804
850番台(モハ484形0番台)
モハ484 3 5 7 19
モハ182 851 852 853 854
1800番台(モハ484形1000番台)
モハ484 1005 1006 1001 1002 1028
モハ182 1801 1802 1803 1804 1805


クロ183-2701 クロ183-2751
クロ183-2701
クロ183-2751
クロ183形
改造種車がクハ481形300番台が2700番台に、クハ489形700番台が2750番台に区分。2707 - 2709は京都総合運転所(現・吹田総合車両所京都支所)に所属していた元「雷鳥」用のクロ481-2300番台(元クハ481形300番台)を種車にした2009年の追加改造車で、塗装も485系の原色のままである。2011年に全車両が廃車された[40]
クハ481
[クロ481]
(クハ489)
301 304 321 338 316 308 [2301] [2302] [2303] (703)
クロ183 2701 2702 2703 2704 2705 2706 2707 2708 2709 2751


クロハ183-701 クロハ183-804
クロハ183-701
クロハ183-804
クロハ183形
700番台は種車がクロハ481形300番台、800番台はクロハ481形200番台による区分。
クロハ481 302 214 211 209 210 215 212
クロハ183 701 801 802 803 804 805 806


クハ183-704 クハ183-851
クハ183-704
クハ183-851
クハ183形
種車により、以下の番号区分が行われている。
  • 600番台(クハ489形600番台)
  • 700番台(クハ481形300番台)
  • 750番台(クハ481形750番台)
  • 800番台(クハ481形800番台)
  • 850番台(クハ481形850番台)
クハ481
(クハ489)
(605) 331 336 339 304 335 318 302 343 314 305 322 324 751 752 802 851
クハ183 601 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712 751 752 801 851


200番台[編集]

183系200番台(後から2・3両目)700・800番台の併結編成
183系200番台(後から2・3両目)
700・800番台の併結編成

前述の700・800番台が交流機器を完全に撤去したのに対して、こちらは使用停止のみの措置をして改番したグループによる区分[2]。そのため、外観は塗装以外485系時代と変わるところはない。

2003年 - 2004年に福知山運転所で、2003年の「しらさぎ」への683系投入による余剰車、2001年の「スーパー雷鳥」683系化で休車となっていた付属編成車のクモハ485形200番台・モハ484形・クハ481形200番台に編入を施工した。

クモハ183形[41]とクハ183形は、485系時代から引続いて電気連結器・自動解結装置を装備しており、綾部駅などでの分割併合の際に活用されている。各形式ともドアステップも存置されているが、2009年に入ってからこれを埋める工事が行われている。

2009年の改造車は、クハ183形は電気連結器・自動解結装置を装備していないなどの相違点があるほか、新たにモハ484形600番台・1000番台が種車に加わったため、それぞれモハ182形300番台・1300番台の番台区分が起こされた。

2011年、クモハ183形、モハ182形、クハ183形は全車が廃車され、廃区分番台となった[40]

クモハ485
+
モハ484
201
+
322
202
+
318
203
+
344
204
+
336
206
+
325
207
+
316
クモハ183
+
モハ182
201 202 203 204 205 206
クハ481 201 222 227 235 254 263 228
クハ183 201 202 203 204 205 206 207
モハ484 288 244 314 611 610 1027
モハ182 207 208 209 301 302 1301

運用[編集]

B66編成

2012年4月現在、40両が稼動状態にあり、以下の編成が組成される。

編成番号
← 福知山
塗装
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
B61 - B66 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
国鉄色+窓下赤細帯
B41 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
 
備考
閑散期などにはB61 - B66編成の2・3号車を抜いて4両編成で運用される場合がある。
ATS-P保安装置を搭載。
2011年3月12日以降のB編成使用列車
「こうのとり」1・3・6・7・12・14・15・17・18・21・22・25・26号
「きのさき」2・3・6・10・11・16・17号
「はしだて」1・6・7・10号

上述列車以外の定期列車では、山陰本線普通列車ならびに北近畿タンゴ鉄道宮福線快速列車にも充当されていた。

推移[編集]

1990年から順次本系列化改造を施工し窓下赤細帯が追加された。1991年10月1日現在では4両編成7本+増結用MM'ユニット4組8両の36両[42]が「北近畿」「ほくせつライナー」(大阪 - 篠山口)で運用された。

1991年10月1日現在の編成表[43]
編成番号
← 福知山
1号車 2号車 3号車 4号車
G1 - G7 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
GU1 - GU4   モハ
182
モハ
183
 
*G編成2号車は、車掌室組み込みの800・1800番台が、
増結ユニットのモハ182形には850番台が使われた。
1996年3月16日改正

山陰本線(京都 - 福知山)の電化完成に伴い、山陰本線系統での電車特急運用が開始され、以下の変更を実施した。

  • 同区間で運行される特急列車用として485系電車からの追加改造車両を施工。
    • 本改造では1号車が全室グリーン車のクロ183形に変更となりT編成に区分。
  • G編成7本は、モハ485+モハ484のMM'ユニットを組み込んだ6両編成のG61 - G65編成と4両編成のままのG41・G42編成に分離。

G編成は福知山線系統を中心に運用され、6両編成が「北近畿」7往復に、4両編成が「北近畿」1.5往復と「文殊」1往復、「ほくせつライナー」上り1本に充当される。

T編成は山陰本線系統を中心に運用され、6両編成が「はしだて」2往復、4両編成が「はしだて」2往復と「きのさき」「たんば」の全列車、「文殊」上り1本、「ほくせつライナー」下り1本に投入された。4両編成に関しては、多客期に増結ユニットを組み込んで6両編成で運転された。1999年10月には「まいづる」が運転を開始し、3往復すべてがT編成の運用に追加された。

1996年4月1日現在の編成表[44]
編成番号
← 福知山
塗装
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
G61 - G65 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
484
モハ
485
クハ
183
国鉄色+窓下赤細帯
G41・G42 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
 
T61・T62 クロ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
ライトグレー地色+窓周茶&青帯
T41 - T45 クロ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
 
TU1 - TU5   モハ
182
モハ
183
 

これらとは別に余剰車としてモハ183+モハ182MM'ユニット4組8両(元GU1 - GU4編成)が所属していたが、1997年2月から3月にかけて廃車となった。

A47編成
A47編成
C34編成
C34編成
2003年10月1日ダイヤ改正

2001年から2003年にかけて北陸特急への683系電車投入によって485系に余剰車が生じていた。その一部に本系列編入改造を施工し、以下の変更が実施された。

  • G編成のモハ485+モハ484MM'ユニットをT・TU編成から捻出したモハ183+モハ182MM'ユニットに組替てB編成として組成。
    • T・TU編成から組み込まれた車両は後に準国鉄色(国鉄色+窓下赤細帯)に塗装変更がなされたが、側面下部の車両番号が白ペンキで明記されているため、車両番号が切り抜き文字の張り付けであるG編成からの生え抜き車両と区別できる。
  • T編成のクハ183形700番台は非貫通制御車であったことから、貫通制御車で電気連結器付きの200・600番台に交換。4両編成に短縮してA編成として組成。
    • 後のC編成との分割併合運用を見越した組み換え。
  • 追加で改造されたクモハ183+モハ182ユニットにT編成から捻出されたクハ183形を組み込んでC編成を組成。

増結ユニットを抜き、基本4両編成、C編成と連結して最大7両編成で運転されるようになったA編成だが、C編成改造に時間がかかることから、A編成の一部が増結ユニットを組み込んで6両編成となり「北近畿」を中心に運用された。

2004年3月13日ダイヤ改正

北陸特急での余剰車の編入改造が終了し、A編成は4両編成に統一された。ダイヤ改正以降、以下の列車で運用された。

A編成は「北近畿」4.5往復、「文殊」上り1本、「はしだて」2.5往復、「きのさき」1往復、「たんば」2.5往復に充当された。また、「はしだて」2号の福知山 - 京都間でもC編成と連結して運転された。

B編成は「北近畿」5.5往復、「文殊」下り1本、「はしだて」1.5往復、「きのさき」2往復、「たんば」下り1本に充当された。多客期には、増結ユニットを組み込んで6両編成で運転された。

C編成は「北近畿」2往復、「まいづる」5.5往復、「はしだて」上り1本に充当された。「北近畿」に関しては全区間でA編成と連結の上、従来の6両編成より輸送力増強がなされた。また、「はしだて」1号の京都 - 福知山間、「はしだて」6号の綾部 - 京都間でもA編成と連結して運転された。

2009年以降
BB69編成(2010年8月9日)

2009年にはB編成へのATS-P搭載工事による予備車確保として、京都総合運転所から捻出された485系電車6両編成3本計18両が編入された[45][46]

  • これら3編成はBB編成として区分。B編成と同じ6両編成を組成しながらも1号車が全室グリーン車のクロ183形であることや「北近畿ビッグXネットワーク」ステッカーの貼り付けを除いて塗装は485系時代からのままなどどの差異があった。

BB編成は2010年3月13日ダイヤ改正で定期運用から離脱。その後は波動用や「タンゴエクスプローラー」を含めた各列車の代走や増発列車などに投入された。

2010年4月1日現在の編成表[47]
編成番号
← 福知山
塗装
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
B61 - B66 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
  国鉄色+窓下赤細帯
B41 クロハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
 
BB67 - BB69 クロ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
  国鉄色
A41 - A47 クロ
183
モハ
182
モハ
183
クハ
183
  ライトグレー地色+窓周茶&青帯
C31 - C36   クモハ
183
モハ
182
クハ
183

2011年3月ダイヤ改正で287系電車を投入し、「こうのとり」(「北近畿」の名称変更)「はしだて」「まいづる」「きのさき」の一部を置換えた。このためA・C編成は運用から離脱した。B編成はATS-P搭載車であることから「こうのとり」「きのさき」「はしだて」の一部で運用が継続された[48]

2012年3月17日ダイヤ改正以降に日根野電車区(現・吹田総合車両所日根野支所)所属の381系電車40両(6両編成6本・4両編成1本)が福知山電車区へ転入。このためB編成は順次運用から離脱し、2013年3月16日ダイヤ改正でJR西日本所属の本系列は定期運用が終了となった[49][50][51]。同月30・31日に行われた団体専用列車「なつかしの北近畿」の運転をもってすべての運用を終了した。

なつかしの北近畿[編集]

定期運転終了後の2013年3月30・31日に、JR西日本と日本旅行が主催の団体専用列車として「なつかしの北近畿」が運転された。

先頭車両に掲示されたヘッドマークは、特急「北近畿」として運転開始当時の、「こうのとりがはばたく姿」を描いた絵柄ヘッドマークが掲示された。

参加者には、記念乗車証、記念弁当などが配布された。

運転日 列車名 運転区間(始発・終着時刻) 使用編成 備考
3月30日 なつかしの北近畿 大阪 9:33発 → 城崎温泉 13:23着 B65
3月31日 城崎温泉 13:35発 → 大阪 17:36着 B65
「なつかしの北近畿」 編成表[52][53][54]
← 城崎温泉
大阪 →
号車 1 2 3 4 5 6
形式 クロハ
183
モハ
183
モハ
182
モハ
183
モハ
182
クハ
183
編成番号
車両番号
B65 805 711 815 1802 1802 703
  • 全車指定席。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 早期落成車は、津田沼電車区に配置され訓練運転などに使用され、開業直前に幕張に転属という形をとった。
  2. ^ 1973年11月に内房線でクハ183-17が踏切事故により大破し、翌1974年2月に廃車となった。その代替車としてクハ183-39が製造された。
  3. ^ 「鉄道ファン」1994年3月号より
  4. ^ 『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会、1975年2月。『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会、1992年10月。
  5. ^ なお実際に営業運転で活用されたのは1985年から1995年頃までで、多客期に6両編成に3両を増結して9両編成で運用されたケースのみであり、クハ183形同士が向い合わせに貫通扉を介して連結されて営業運転に投入されたことはない。
  6. ^ 485系グリーン車では和式と洋式各1か所が設置されていた。
  7. ^ 同時期に製造された485系や14系客車などでは配置区所によっては処理設備が整備されていない場合もあり、処理装置を装備して落成した車両も暫定的に旧来通りの開放式として使用したものが存在した。
  8. ^ 特に海水浴シーズンは房総地区への需要が高く、夏ダイヤと呼ばれる特別ダイヤが組まれていた。
  9. ^ 主に、9両編成→後にグリーン車を外して8両編成に減車した編成が改造対象で、6両編成車のクハ183形は幕式のままとなっていた。旧来は前面愛称幕は手動・側面方向幕は電動となっていたが、LED化改造の際に前面愛称表示用の動作指令機を別に搭載した。
  10. ^ 貫通型から非貫通型への変更はクハ481形・489形が先行したが、クハ481形・489形は運転台拡張を連結面間延長で、クハ183形は客室長の短縮で対応した。
  11. ^ 運転台下の電動発電機用空気取り入れ口のスリット部分に,必要以上に塗り分け線が掛からない様にしたため。
  12. ^ 同様のシステムは、485・489系でも採用され後年サロ481・489形1000・1050番台が登場。
  13. ^ 計画当初はサロ182形の仮称がつけられていた。
  14. ^ 後に塗色変更や一部の車両はグレードアップ改造により客室窓の拡大が図られたため、上記のアンバランス感はあまり目立たなくなった。
  15. ^ JR化直前の1987年3月1日付で北長野運転所に改称。1991年7月1日付で長野工場と統合し長野総合車両所に改称。さらに2004年6月1日の組織変更で長野総合車両センターに名称変更。
  16. ^ 後年、短編成化のため余剰になったサロ189形0番台は全10両中7両(2 - 8)がジョイフルトレインの改造種車に転用された。
  17. ^ 後にリニューアル改造で座席は交換。
  18. ^ 鉄板で塞いでいるが、「妙高」用に転用されたクハ189-501のみ廃車時まで使用されていなかったものの撤去されずに残っていたほか、幕張のC4編成のグリーン車サロ189-109も鉄板で塞がれることなく廃車時まで残存していた。
  19. ^ チャイムはグリーン車の乗務員室にのみ搭載されているため、末期の臨時「あずさ」ではグリーン車から車内放送をしないのでほとんど使用されることはなく、「中央ライナー」や「ムーンライト信州」では放送時にチャイムを使用しないため流れない。
  20. ^ 2002年のFIFAワールドッカップ開催時は新潟まで延長運転された。
  21. ^ 2001年に登場しているが、これ以前にも「あさま」・「あずさ」の成田空港までの延長運転際に「ウイングあさま(あずさ)」として運転された実績がある。
  22. ^ かつて長野地区に在籍していた車両にはアスベストを既に除去している車両も存在している。これは平成時代の初期に長野でアスベストが原因の労働災害が発生し、この対策としてリニューアル時に除去作業を並行したためである。
  23. ^ 特急「あさま」国鉄色の189系で運転 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース
  24. ^ 変則かつ緊急投入された運用形態の例として、2007年2月2日に本来は新潟車両センター所属の485系が充当される下り「ムーンライトえちご」にOM102編成を緊急投入したことがある。これは新潟所属の485系T18編成が回送中に車両故障が発生し、首都圏側停泊中に予備車がないことから波動輸送用で確保されていた同センター所属車が急遽代投入された。また甲子園臨に長野所属車が投入された関係で「妙高」に投入されたケースもある。
  25. ^ 本来の直通対応編成である485系との相違点として列車愛称表示器を前面に装備しており「日光」「きぬがわ」に運用する際には仮名漢字ローマ字の文字表記により列車愛称を表示する。
  26. ^ 189系「彩野」が長野総合車両センターへ”. 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2011年6月28日). 2011年6月29日閲覧。
  27. ^ 2007年4月28日 - 30日・5月3日 - 6日に「彩野」編成で横浜 - 東武日光間の「日光83号・84号」が運転された。[1]
  28. ^ H101編成のクハ183-1023は1975年の「あまぎ」・「白根」157系置換え時に田町区へ新製配置。その後長野→松本を経て2003年3月に田町に再配置された。国鉄時代に田町配置経歴を持つ本系列の中で唯一出戻った車両である。また同車は松本時代にグレードアップ改造も施工された。
  29. ^ 189系H102編成 6連化され回送 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース
  30. ^ 183・189系H81編成が長野総合車両センターへ 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース
  31. ^ 189系M52編成6連が方転される 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース[出典無効]
  32. ^ 鉄道ファン交友社、2009年6月号、p.14
  33. ^ 改造により客室減灯装置を搭載したため以前より天理臨等の夜行列車運用に優先的に使用されていた。ただし「えちご」運用時には減光は行っていない。マリ31・32編成が投入できない場合は他センター所属の6両編成が投入された。
  34. ^ 「ありがとう183系M32編成」号運転 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース
  35. ^ 「ありがとう183系M31編成」号運転 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース
  36. ^ 『電気車の科学』 電気車研究会、1975年1月。 『電気車の科学』 電気車研究会、1975年7月。 『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会、1975年2月。 『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会、1975年7月。 『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会、1992年10月。
  37. ^ 粘着運転転換後に輸送力増強策の案として協調運転方式・緩衝車方式(EF63形3両と電車12両との間に大容量の緩衝装置を装備した車両を挟んで昇降する)とともに比較検討されたが、同様の理由により協調運転方式が採用された経緯がある。
  38. ^ 1980年に発生した中山トンネル異常出水事故によるため。
  39. ^ ドアステップもそのまま存置されており、走行する路線・駅によっては出口がホームより低くなることがある。
  40. ^ a b 鉄道ファン2012年7月号「JR車両ファイル2012 車両のうごき2011-2012」p.80, 81
  41. ^ クモハ485形200番台がベースのため貫通形・切妻形・低運転台先頭車で全長も他の先頭車より長い。
  42. ^ 増結ユニットとして485系を組み込む場合があった。
  43. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2010年9月号、交通新聞社、2009年、p.13
  44. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2010年9月号、交通新聞社、2009年、p.15
  45. ^ 鉄道ファン2009年10月17日付け
  46. ^ 鉄道ファン2009年12月15日付け
  47. ^ 『JR電車編成表』2010夏、交通新聞社、2010年、pp.182 - 183、ISBN 9784330143101
  48. ^ 「国鉄色」に人気 現役続けるJR旧型車両 - 神戸新聞 2010年11月30日
  49. ^ 『鉄道ジャーナル』2012年9月号、鉄道ジャーナル社、2012年、pp.45 - 47
  50. ^ 国鉄特急カラーの「183系」来春引退 - 読売新聞 2012年12月18日
  51. ^ 平成25年春ダイヤ改正について - 西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社 2012年12月21日
  52. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2013冬、交通新聞社、2012年、p.189、ISBN 9784330331126
  53. ^ “「なつかしの北近畿」号運転”. railf.jp. (2013年3月31日). http://railf.jp/news/2013/03/31/154000.html 2013年5月18日閲覧。 
  54. ^ “183系B65編成が吹田総合車両所へ”. railf.jp. (2013年4月6日). http://railf.jp/news/2013/04/06/144500.html 2013年5月18日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 福原俊一「幻の187系特急用直流電車」
  • JTBパブリッシング「幻の国鉄車両」(2007年) p187 - p189
  • 交友社「鉄道ファン」 2000年1月号 No.465 特集:特急電車の20世紀第2集