国鉄121系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国鉄121系電車
国鉄121系(1987年頃 / 高松)
国鉄121系
(1987年頃 / 高松)
編成 2両編成19本(38両)
営業最高速度 100 km/h
設計最高速度 100 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度 3.5 km/h/s(常用最大)
5.0 km/h/s(非常)
車両定員 118
最大寸法
(長・幅・高)
20,000 × 2,832 × 3,935 (mm)
車体材質 ステンレス
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
編成出力 110kW × 4基 = 440kW
主電動機 直流直巻電動機 MT55A形
歯車比 15:91 (6.07)
駆動装置 中空軸平行カルダン撓み継手方式
制御装置 抵抗制御(永久直列)・弱め界磁
CS51A形
制動方式 電気指令式
発電ブレーキ・応荷重付)
保安装置 ATS-SS
製造メーカー 川崎重工業日立製作所近畿車輛東急車輛製造

国鉄121系電車(こくてつ121けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流近郊形電車

製造の経緯[編集]

国鉄分割民営化直前の1987年昭和62年)3月23日ダイヤ改正により、香川県内の予讃本線高松 - 坂出間、多度津 - 観音寺間および土讃本線多度津 - 琴平間が四国の国鉄路線として初めて電化されるのに備えて、2両編成19本の38両が製造された。民営化にあたっては全車両が四国旅客鉄道(JR四国)に承継された。

経営基盤が脆弱とされた四国旅客鉄道(JR四国)に対する将来の布石といった意味合いで国鉄が残した車両の一つである。

編成・形式[編集]

高松方からクモハ121形 (Mc) - クハ120形 (Tc') の2両固定編成で、電動車付随車の構成(MT比)は1M1Tであり、2両編成19本(38両)が在籍する。全車両が国鉄時代に製造され、JR発足後の追加製造は行われていない。四国島内の検修施設の関係で、編成全体が逆向きとされている。

クモハ121形
高松寄りの制御電動車。パンタグラフと走行機器を搭載する。空気圧縮機 (CP) などの重要機器がすべて搭載されており、当形式単独でも走行することが可能であった[1]
クハ120形
多度津寄りの制御車台車101系のものが再利用されている。

構造[編集]

車体[編集]

205系207系900番台に類似したステンレス製車体で、前面中央には貫通扉を備えている。側面は211系と同様の、戸袋窓のある片側3扉配置。扉は半自動(停車時に手動で開閉する)の設定が可能で、開閉用の取手が取付けられているほか、ホーム有効長の短いでの客扱に備えて選択開閉ができるようになっている。窓は205系などとは開閉方向が上下逆の1段上昇式を採用し(205系量産車は1段下降式)、良好な視界を保ちつつ製造コスト削減を図っている。

車体幅は205系と同じ2,800mmとし、近郊形電車ではあるものの、105系119系などと同様な裾絞りのない車体となった。前面スタイルは前年に登場した207系900番台に準じるものの、幌枠が設置されていることや、貫通扉が211系に準じたステンレス無塗装のものであるため、印象は異なる。

窓を1段上昇式としたため、側面幕板部に行先表示器を設置できず、方向板(いわゆるサボ)を使用していた。また前面の行先表示器[2]も手動式である。

ステンレス製の車体のため、基本的に無塗装である。また、新製時にはややピンクに近い赤色である赤14号の帯[3]を配していたが、四国旅客鉄道に承継されて間もなく同社のコーポレートカラーである水色(青色26号)に変更された。

台車・機器[編集]

101系電車から流用した
DT21T形台車
(2007年12月27日 / 高松)
2008年1月16日
予讃線 詫間-海岸寺

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

台車および主幹制御器などの各種機器については、当時の国鉄の財政状況が極限的状況に陥っていたことから、新製費用を抑えるために可能な限り廃車車両の発生品を流用している。制御電動車(クモハ121形)の台車は103系で採用されているDT33形をベースにブレーキシリンダやばねなどを改良したDT33A形台車を使用しているが、一部はDT33形の発生品である。制御車(クハ120形)の台車は101系から流用したDT21T形である。主電動機はMT55A形、主制御器はCS51A形、空気圧縮機はC-1000形であるなど、 基本的な構成は105系と同一である。

補助電源装置は485系サシ481形などの食堂車の廃車発生品である70kVAの電動発電機 (MG) を当初装備していたが、トラブルが多発したため、1998年平成10年)から2001年(平成13年)にかけて静止形インバータ (SIV) に交換された。車両番号の末尾18,19の編成は111系の廃車発生品 (S-SIV90/90kVA) をクハ120形の床下(クモハ121形のMGは撤去)に、その他の編成はクモハ121形のMGを撤去し、その位置にSIV (S-SIV70/70kVA) を設置した。

ブレーキ装置は、205系211系と同一の電気指令式が採用されたが、気動車などに操作方法を合わせるため、運転台は縦軸2ハンドル式である。先頭車前面の連結器には、解結作業の迅速化、効率化を図るため電気連結器と自動解結装置が装備された。また、後面の連結器が棒連結器などによらず、密着連結器なのは将来3両運転を想定していたからである。ちなみに電気連結器は7000系が線番号を合わせているため併結可能とされているが、起動加速度の違いにより実際に併結運用はない。

集電装置は発生品のPS16形パンタグラフが搭載されたが、1992年(平成4年)に予讃線の観音寺 - 新居浜間が電化され、狭小トンネルがある箕浦駅以西にも入線できるよう7000系と同じS-PS58形に交換された。

車内設備[編集]

121系車内
(2007年9月2日 / 観音寺)

他の近郊形電車にならって、座席は扉間に対面式固定クロスシート(ボックスシート)を配し、客用扉付近の戸袋部と車端部にロングシートを配したいわゆるセミクロスシートである。クロスシートの背もたれの通路側がやや斜めにカットされ、大形の手摺が取付けられている。新製当初から冷房装置 (AU79A/33,000kcal/h) も搭載された。天井部は平天井構造とされ、冷風の吹出しはラインフロー式である。

高松近郊の短距離区間での運用を想定していたため、灰皿は落成時点から省略されており、トイレも設置されていない。

落成当時、ドア横に半自動扱時の操作ボタンは無く、半自動扱の際は115系のようにドアを手で開けていたが、のちに操作ボタンが設置された。

運用[編集]

快速「サンポート」

JR発足までに全編成が高松運転所に配置され、当初は本州から転入した111系とともに使用され、その後同所には7000系・6000系113系も加わった。

2両編成を基本としていて、第1・2編成を除きワンマン運転には対応していない。そのため、高松近郊の予讃線(伊予西条駅以東)や土讃線で主に普通電車快速サンポート」に使用されている。また、トイレが無いことと、側窓が上昇式になっていることから、本四備讃線瀬戸大橋線)で営業運転することはできない。なお、予備車の配置がない113系の代走としても使用されるが、前述の理由により瀬戸大橋線とそれに関連する運用は代走は行わずに113系が限定使用される。

2013年現在、廃車は生じていない。

改造[編集]

2011年11月より多度津工場にて第1編成(クモハ121-1+クハ120-1)のワンマン化改造が行われ、同月14日に出場した[4]

また、後日第2編成(クモハ121-2+クハ120-2)も同様の改造が成された。

ワンマン設備の設置と同時に以下の設備が追加・更新された。

121系ワンマン化改造編成
ドア上部のセンサーと開閉予告灯
  • 車体帯色を赤に変更(登場当時の赤14号色に復元)
  • スカート(排障器)の設置
  • 転落防止幌の追加
  • 前面行先表示器の更新(黒ベースの幕式で1500形に近いものとなった)/ 側面行先表示器・出入口表示機の新設(LED式)
  • ホーム検知装置の追加
  • ドアセンサーの追加(第1編成のみ)
  • 車外スピーカーの更新
  • 車内座席配置の変更(同四国内を走る7000系や1000形に近い千鳥配置)
  • 車椅子スペースの追加
  • ドアチャイム(1500形と同様のもの)の追加・ドア開閉予告灯の設置・乗車促進自動放送の追加・客用扉中央部に黄色いテープの貼付
  • 運賃表・車内案内表示装置の追加

当編成は2011年12月19日より運用が開始された。また行先表示器に「快速サンポート」の表示が追加されたため、その運用に入る際は従来のヘッドマークを用いず、幕のみでの表示となる[5]

121系は2両固定編成だが、通常ワンマン運転の際はJR四国の方針により四国島内で運用の都合上見られる2両編成以上のワンマン列車と同様、2両目以降の車両は回送扱いとなるため、乗降扉は先頭車の前後以外全て締め切りとなり、先頭車後方の扉以外からは乗車出来ない。また戸袋窓の上部分に新設された出入口案内表示機に先頭車後側は「入口」、前側は「出口」、2両目以降では「締切」と表示される。

但し2012年3月17日のダイヤ改正より、例外として運行番号が「5xxxM」となる運用は、車掌の代わりに客室乗務員が乗務し、あくまでドア扱いなどは運転士が行うワンマン方式をとっている[6][7]。この場合、駅係員の有無に関わらず整理券を発行せず2両編成全扉を開放し、きっぷの回収などは客室乗務員が行う。代わりに、車内放送は自動放送によるものとなる。またこれらの補助装置として、乗車促進放送やホーム検知装置が追設されている。

その他[編集]

警戒色になった
クハ120-9+クモハ121-9

東急車輛製造で落成した編成は、試運転横須賀線を走行し、品川駅横須賀駅にも入線した。

JR四国色になった後、警戒色として前面が赤帯になった編成(クハ120-9+クモハ121-9)が一時期存在した。

運行開始当初は、電化区間が途切れていた(坂出 - 多度津間の電化は宇多津駅移転・高架化と同時に完成)関係で一部の編成が多度津駅常駐となっていた。

瀬戸内びんび列車[編集]

2004年平成16年)10月に、高松市のサンポート高松とその周辺地域で開催された「第24回全国豊かな海づくり大会」に合わせて、この大会のPRのためにクモハ121-11+クハ120-11の2両に魚のラッピングを施した「瀬戸内びんび列車」を香川県とJR四国の共同企画で同年9月から約1年間運行した。魚の図柄は高松藩第5代藩主松平頼恭の命より作られた「衆鱗図」(海水や淡水の魚などの生物723図が描かれている)を基にしていた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 現在は補助電源装置のSIV化で単独走行が出来ない車両が一部ある。
  2. ^ 元々は列車種別を表示するものだが、行先も入っており運用開始当初から前面に行先を表示する列車もあった。
  3. ^ 後にこの帯色は東日本旅客鉄道(JR東日本)が京葉線用に導入した205系にも採用された。
  4. ^ 121系第1編成が登場時の赤色帯に - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2011年11月15日
  5. ^ このような表示は113系でも行っており、四国では2車種目である。
  6. ^ 因みに2012年現在、この運用は121系改造編成限定となっている。
  7. ^ http://www.jr-shikoku.co.jp/04_company/jigyou/tyuki_2012-2016.pdf
  8. ^ 「衆鱗図」の魚たちをデザインしたラッピング電車「瀬戸内びんび列車」を運行 第24回全国豊かな海づくり大会 - 香川県ホームページ

関連項目[編集]