観音寺駅 (香川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
観音寺駅
駅舎(2007年5月)
駅舎(2007年5月)
かんおんじ - Kan-onji
Y18 本山 (4.1km)
(5.5km) 豊浜 Y20
所在地 香川県観音寺市栄町一丁目4-30
駅番号 Y19
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 56.5km(高松起点)
電報略号 オン←ヲン
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
乗車人員
-統計年度-
1,511人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1913年大正2年)12月20日
備考 みどりの窓口

観音寺駅(かんおんじえき)は、香川県観音寺市栄町一丁目にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。

駅番号Y19で、駅名標のコメントは「砂浜に銭形のある駅」。

駅構造[編集]

1面2線の島式ホームを、2面2線の相対式ホームが挟み込んだ3面4線。JR西日本城崎温泉駅に似た配線となっている。

駅舎は駅の北側にあり、入口から改札口にかけてのスペースは待合室となっている。みどりの窓口の他、みどりの券売機と近距離用の自動券売機が1機ずつ置かれている。また、待合室に隣接してキヨスクやワーププラザ(旅行代理店)、駅舎内にウィリーウィンキーもある。

改札口をくぐると隣接して1番線があり、他のホームへは松山方にある地下道で連絡している。このため、特急列車の多くは上下線とも1番線に停車する(上りの一部は2番線、下りの一部は3番線発着)。

大半の普通列車は当駅を境に運転系統が分断されているが、中央の島式ホーム(2・3番線)を使って対面での乗換接続が取られることが多い。

現1番線は元々回送用の線路で、さらに留置線も備えており、現2番線から4番線がそれぞれ1番線から3番線であった。その後、駅入換要員の無配置化により留置線を廃し、現1番線を客扱いを行うホームとした。現在は2番線と4番線を夜間滞泊に利用している。

なお、駅舎上にある3連アーチのモニュメントは市内にある三架橋をモチーフにしている。

のりば

駅舎側から、

ホーム 路線(方向) 行先 備考
1 予讃線(上り) 東京多度津丸亀高松岡山方面 (特急の大半を含む)
予讃線(下り) 川之江新居浜伊予西条松山宇和島方面 (特急の大半を含む)
2 予讃線(上り) 多度津・丸亀・高松・岡山方面 (特急の1本を含む)
予讃線(下り) 川之江・新居浜・伊予西条・松山方面
3 予讃線(上り) 多度津・丸亀・高松・岡山方面
予讃線(下り) 川之江・新居浜・伊予西条・松山方面 (特急の2本を含む)
4 予讃線(上り) 多度津・丸亀・高松・岡山方面
予讃線(下り) 川之江・新居浜・伊予西条・松山方面

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

かつては観音寺営業所があった琴参バスが「鳥坂線」「山本線」「粟井線」「五郷線」「豊浜線」「観音寺港線」を、駅前に営業所があるJR四国(現ジェイアール四国バス)が「西讃線」をそれぞれ運行していたが、現在はジェイアール四国バスの高速バス路線と市営のコミュニティバスのみとなっている。

コミュニティバス・高速バスとも駅舎を出て左手ののりばから発着する。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 1,778
2009 1,635
2010 1,569
2011 1,511

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
普通・快速「サンポート」(快速は当駅より伊予西条方面は普通列車として運転)
本山駅(Y18) - 観音寺駅(Y19) - 豊浜駅(Y20)

その他[編集]

市内を走るコミュニティバスは基本的に休日運休で、休日に郊外へ向かうための公共交通機関タクシーのみである。ただし、駅近くにある大正橋プラザ(観光案内所)でレンタサイクルのサービスを行っている(木曜日定休)[4]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつては近隣で観音寺サティとして営業していたが、2008年11月にゆめタウン三豊がオープンして以後は客足が減り、翌2009年9月末をもって閉店。
  2. ^ かつては近隣に本社機能を構えていたが、ビルはマルナカによって売却された(ただし、工場は現在も稼働している)。2011年10月1日付で登記上本店が東京都に移転したのに伴い、観音寺市に残った部門は市内の他事業所に移転・撤退。
  3. ^ 「サンライズ瀬戸」は、松山まで乗り入れる多客期の延長運転時のみ経由。その他の日は、通年停車する坂出まで出る必要がある。
  4. ^ 観音寺市観光協会|香川のレンタサイクル店一覧”. レンタルサイクルエコ. 2012年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]