四国旅客鉄道多度津工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多度津工場
工場出入口そばに展示されている動輪
工場出入口そばに展示されている動輪
鉄道事業者 四国旅客鉄道
整備済み車両略号 多度津工、TD
備考 2009年4月現在のデータ
工場出入口
構内風景

多度津工場(たどつこうじょう)は、香川県仲多度郡多度津町にある四国旅客鉄道(JR四国)の車両工場である。

多度津駅から西に向かって徒歩約15分ほどの距離に、JR四国所有の唯一の車両工場として、同社の保有する電車・気動車・機関車・客車・貨車の総合的な検査、改造等をはじめ、土佐くろしお鉄道所有の車両の受託検査等も行っている。また、現在の多度津駅から離れた場所に工場があるのは、初代の多度津駅に隣接する場所に建てられた為である。

当工場で整備済み車両の車体には「多度津工」「TD」の略号が記される。

保存車両[編集]

以下の車両が構内に保存されている。

このうち、C58 333は多度津工場で最後に全般検査を受けた蒸気機関車である。保存状態がよかったため民営化後に動態復元の候補となったが、費用などの理由により断念された。アスベストを使用しているため、2005年以降の工場公開では、運転台が非公開となっている。

以前は下記の車両も保存されていたが、四国鉄道文化館愛媛県西条市)に移設された。

(2007年10月移管)

(2014年7月移管)

近代化産業遺産・登録有形文化財[編集]

2009年2月、工場内の7つの建物が経済産業省より「JR予讃線土讃線の関連遺産」の一環として近代化産業遺産に認定され、また2012年には国の登録有形文化財にも登録された[1]。。最古のものは1888年(明治21年)建築である。また、現在は食堂として利用されている建物(会食所1号)は、元は西条海軍航空隊(さらに前身の逓信省愛媛地方航空機要員養成所)で格納庫として使用されていたもので、日本では数少ない現存する第二次大戦以前の格納庫でもある[1]

登録有形文化財
  • 職場一五号
  • 職場一七号
  • 職場三四号
  • 諸舎一号
  • 会食所一号
  • 倉庫四号
  • 倉庫七号

工場公開[編集]

公開時の様子

毎年、10月の鉄道の日前後の週末に一般公開が行われている。この際には多度津駅から工場に通じる引込線を使って臨時のシャトル列車が121系電車キハ58系気動車キハ47形気動車などを使って運行される。多度津工場までの間は多度津駅の構内と見なされるため、多度津駅発着の乗車券(多度津駅・工場間のみの場合は多度津駅の入場券)で乗車可能である(本来入場券は「旅客車内に立ち入ること」もできないが、柔軟に解釈されている)。 又、「多度津駅発着の乗車券」となっているが、各種フリー切符(週末乗り放題切符等)での乗車も可能である。 多度津工場側にはプラットホームはないため、仮設の階段を使って乗り降りする。

2009年5月23日にも讃岐鉄道開業120周年記念イベントとして一般公開された。シャトル列車にはアンパンマントロッコが使用された。

歴史[編集]

当工場は、讃岐鉄道開業当時に初代の多度津駅(のちの浜多度津駅)構内に設置された工場が発祥である。したがって、工場敷地は初代の多度津駅跡を含んでおり、当時の駅舎に使用されていた鬼瓦と階段の手すりが工場内で保存されている(2009年に近代化産業遺産に指定)。また、工場と多度津駅の間を結ぶ引込線のうち、工場寄りの一部は讃岐鉄道当時の本線に当たる。

  • 1889年5月 : 讃岐鉄道丸亀駅 - 琴平駅間の開通時に多度津駅開業。多度津駅構内に讃岐鉄道車両修繕工場発足。
  • 1904年12月1日 : 讃岐鉄道の山陽鉄道との合併に伴い、多度津工場に名称変更。
  • 1906年12月1日 : 国有化。
  • 1913年12月20日:多度津駅移転。讃岐線多度津駅 - 観音寺駅間開通。旧多度津駅の位置に浜多度津駅(貨物駅)開業。貨物支線多度津駅 - 浜多度津駅間開業。
  • 1979年7月1日:浜多度津駅廃止。貨物支線多度津駅 - 浜多度津駅間廃止。
  • 1985年3月20日 : 国鉄の全国工場再編成により、広島幡生後藤とともに工場から車両所(多度津車両所)に名称変更[2]
  • 1987年4月1日 : 国鉄分割民営化により、四国旅客鉄道に移管。
  • 1988年 : 多度津工場に名称変更。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 登録有形文化財(建造物)の登録について - 文化庁報道発表(2012年4月20日、PDF文書)
  2. ^ 四鉄史、鉄道ピクトリアル 1993年4月増刊号

座標: 北緯34度16分27秒 東経133度44分57秒 / 北緯34.274152度 東経133.74905度 / 34.274152; 133.74905