琴平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
琴平駅
駅舎(2010年9月撮影)
駅舎(2010年9月撮影)
ことひら - Kotohira
D14 善通寺 (5.3km)
(6.4km) 塩入 D16
香川県仲多度郡琴平町榎井字横瀬864番地
駅番号 D15
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 11.3km(多度津起点)
岡山から64.0km
高松から44.0km
電報略号 コト
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,099人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1889年明治22年)5月23日
乗換 琴電琴平駅
高松琴平電気鉄道琴平線
備考 みどりの窓口

琴平駅(ことひらえき)は、香川県仲多度郡琴平町榎井にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線駅番号D15。駅表示パネルのコメントは「こんぴらさんの駅」。

特急列車を含む全定期列車が停車する。土讃線の電化区間は多度津駅 - 当駅間のみで、琴平以南は非電化区間となる。また、琴平以南は沿線人口も少なく、阿波池田駅までの区間では徳島県との県境を成す山地帯を越えるため、土讃線のローカル列車(近距離輸送列車)は当駅を境に運行形態が分けられている。これについては土讃線#地域輸送を参照。

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面4線のホームを持つ地上駅。基本的には単式・島式2面3線(2番線が単式、3・4番線が島式)なのだが、のちに駅入換要員の無配置化により、駅舎側の単式ホームに切り込みを入れたところを1番線とし、列車が1本発着できるようにした。みどりの窓口設置駅。

前述の通り当駅は電化区間の終端で、架線は香川県道206号原田琴平線と交差する踏切の先で途切れている。

のりば[編集]

駅舎側から、

ホーム 路線 方向 行先 備考
1 土讃線 上り 多度津高松岡山方面 当駅折返しのみ
2・3・4 土讃線 上り 多度津・高松・岡山方面 特急は主に2番のりばから発車
下り 阿波池田高知方面

1番線が上り折返し線、2番線が上り本線、3番線が下り本線、4番線が上下副本線となっているが、1番線以外は両方向の入線・出発に対応しているため、特急をはじめ当駅を跨いで運行される列車は、両方向とも駅舎に面した2番線に発着することが多い。

洋風建築の歴史ある駅舎で、2012年、国の登録有形文化財に登録された。

文化財[編集]

登録有形文化財
  • 本屋
  • 陳列所一号
  • 旅客上屋一号
  • 旅客上屋二号
  • 乗換跨線橋

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2006 1,222
2007
2008 1,268
2009 1,142
2010 1,143
2011 1,099

駅周辺[編集]

駅前のタクシー会社の建物にはかつてFMこんぴらが入っていた。

バス[編集]

琴参バス

三豊市コミュニティバス

  • 山本線 三豊総合病院行

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
特急「南風」・「しまんと
善通寺駅 (D14) - 琴平駅 (D15) - 阿波池田駅 (D22)
快速「サンポート」(予讃線坂出駅まで各駅に停車)
善通寺駅 (D14) - 琴平駅 (D15)
普通
善通寺駅 (D14) - 琴平駅 (D15) - 塩入駅 (D16)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]