故郷 (唱歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥取県鳥取市久松公園入口にある歌碑
長野県中野市の高野辰之記念館にある歌碑

故郷 (ふるさと)とは、文部省唱歌の一つ。

概説[編集]

1914年大正3年)の尋常小学唱歌の第六学年用で発表された。当時は尋常小学唱歌の性格上、作詞作曲者が明かされていなかったが、作詞者は高野辰之、作曲者は岡野貞一であるとされ、高野の出身地である長野県中野市と、岡野の出身地鳥取県鳥取市に歌碑がある。ただし、岡野作曲説は学問的には疑わしい(岡野貞一参照)。

長らく作詞作曲者不明だったが、昭和40年代に高野、岡野と同定され、平成4年からは音楽の教科書に両者の名前が明記されている[1]

子供の頃の野山の風景を遠い地から懐かしむという内容で、生まれ故郷から離れて学問や勤労に励む人の心情を歌っている。歌詞に述べられている「かの山」は高野の生家のあった長野県下水内郡豊田村(現中野市永江)の「大持山」、「かの川」は「斑川」であるとする説もある[要出典]

同じ作詞作曲者の手による『朧月夜』、『春の小川』等と共に、文部省唱歌を代表する曲として今日も歌われている。北朝鮮による日本人拉致問題の支援者団体(救う会など)が開催する集会では、この歌を日本人拉致被害者の早期帰国を願って参加者全員で歌唱することが通例となっている。

歌詞[編集]

  1. 兎追ひし彼の山
    小鮒釣りし彼の川
    夢は今も巡りて
    忘れ難き故郷
  2. 如何にいます父母
    恙無しや友がき
    雨に風につけても
    思ひ出づる故郷
  3. 志を果たして
    いつの日にか歸らん
    山は靑き故郷
    水は淸き故郷

平仮名書き[編集]

  1. うさぎおひし かのやま
    こぶなつりし かのかわ
    ゆめはいまも めぐりて
    わすれがたき ふるさと
  2. いかにいます ちちはは
    つつがなしや ともがき
    あめにかぜに つけても
    おもひいづる ふるさと
  3. こころざしを はたして
    いつのひにか かへらん
    やまはあをき ふるさと
    みづはきよき ふるさと

意味[編集]

  1. (捕まえて食用にするために)野兎を追ったあの山や、(同じく食用にするために)小鮒を釣ったあの川よ。今なお心巡る思い出深き故郷よ。
  2. 父や母はどうしておいでだろうか、友人たちは変わりなく平穏に暮らしているだろうか。風雨(艱難辛苦の比喩とも)の度に思い出す故郷よ。
  3. 自分のを叶えて目標を成就させたら、いつの日にか故郷へ帰ろう。山青く水清らかな故郷へ。

備考[編集]

関連作品[編集]

  • ^ 産経新聞、2014年10月9日、一面
  • ^ 産経新聞、2014年10月9日、一面